ひるおび 今日。 ひるおび今日のニュース 関連動画

今日のひるおび藤井七段が最年少タイトル挑戦者になったのをやってました。み...

ひるおび 今日

それが起きてしまった原因は、現場のスタッフ数が新型コロナウイルス感染予防のために少なくなっている点、それをチェックするプロデューサーが疲弊している点にあります」 とスポーツ紙放送担当記者は指摘する。 その理由は後述するにして、ここ数日に限ってもテレビ番組内での誤報が相次いだ。 99人の壁』に放送倫理違反の疑いがあるとし、審議入りを決めた。 円グラフは半分が50%を示すわけですから、47%は半分より小さくなる。 それが円の3分の2ぐらいが『支持しない』で締められていたんです。 それがちょうど、来週に集中するんです。 当然、ここしばらくの不祥事について、記者は局側に見解を問います。 ところが局側は、あまりにも問題が多いので、局によっては避けたいところもある。 テレビ局はいま、リモート取材をやっているわけですから、リモートでもやれるだろうって記者会側は申し入れているところですが、どうも乗り気じゃなさそうですね」(前出・スポーツ紙放送担当記者) 新型コロナウイルスの影響で広告費収入がどこまで下がるのか、密が禁止される中、基礎疾患を抱えて免疫が弱いとされる障害者に出演してもらう『24時間テレビ』(日本テレビ系)が本当に実施できるのか、連続ドラマの撮影再開はいつになるのか、放送局がはっきりさせなければならないことは、個別の局にも、放送局全体としても多い。 通常の会見を迫る放送記者会、それに対してピリピリムードのテレビ局の広報担当。 両者のせめぎ合いは続く。 〈取材・文/薮入うらら〉.

次の

ひるおび今日ゲスト 関連動画

ひるおび 今日

今日のひるおび 藤井七段が最年少タイトル挑戦者になったのをやってました。 みて思ったが、なぜ?今まで、このようにしなかったのですか? ゲストに、師匠の杉本八段と田中九段が出演 してました。 田中九段が、昨日の対局の解説をしてました。 藤井七段の3六銀なんか、普通は指さない。 3六歩が普通 相手が何もしなければ、3七歩成で、と金をつくる。 永瀬二冠が、馬で桂馬をとったが、あそこは玉のはや逃げ。 逃げたら、8九飛車とは出来ない。 藤井七段が、飛車を打ち、そこからは、藤井七段有利に進んだ。 このように、対局の解説をしてました。 しかし、藤井七段が四段時代、藤井四段の29連勝の時は、ワイドショーでは、藤井四段の対局の解説でなく、将棋メシばかり。 なぜ?今日のひるおびのように、対局の解説をしなかったのですか? そういえば、今日のひるおびでは、将棋メシの話題は、いっさいありませんでした。 T九段の解説は、実際に将棋を観戦していた者からすると的外れ。 ああいう解説は要らない。 練習対局で圧倒的に勝っている藤井さんだからこその一手なんです。 あれで、永瀬二冠が騙された。 一時間以上の長考の末、悪手を指してしまった。 普通に、ペタッと金打ちで良かったのに、思い違いをさせられた。 挑戦者決定トーナメントの決勝戦で、受け一辺倒のつまらない一手、金のベタ打ちをして、アベマ将棋の視聴者を失望させても構わない、勝つ為には何でもやるのだという勇気が永瀬二冠に無かった。 そういう勇気の有無を、藤井さんが試したという「悪意」の一手。 で、金のベタ打ちを避けて、王の早逃げを華麗に決める積りだった。 が、そういう「大一番をカッコ良く決めよう」という心情を藤井さんは咎め続けた。 藤井さん、好青年(少年)に見えて、意外に、人が悪いんですね。 藤井さんには、対局相手の心情が分かるので、その都度、ひっかけ問題を相手棋士に付き付けます。 しかし、それは言っちゃあいけないこと。

次の

TBS「ひるおび!」司会&アナウンサー出演キャスト情報

ひるおび 今日

「ひるおび!」はTBS系で平日昼に3時間半の枠で放送されるワイドショー。 開始当初は、日替わりのMCにタレントを起用し、取り扱う内容も主婦向けの生活情報や芸能情報が中心となっていた。 時事ニュースを取り上げることがあっても、生活に密着した話題のみに絞られてることとなった。 数度の改変で、日替わりのタレントは降板し、弁護士の八代英輝がMCのひとりに昇格。 2014年からは当番組の後に放送されるCBCテレビ制作の「ゴゴスマ」と姉妹番組という扱いになったことで、夕方のニュース番組「Nスタ」とも合わせ、TBSは10:25~19:00の8時間半をニュース・ワイドショー枠として放送している。 この記事ではTBS「ひるおび」のレギュラー出演者、コメンテーター、アナウンサー、リポーターなどの情報を中心にまとめたものである。 ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ「ホンジャマカ」のツッコミ担当 1964年12月21日生まれ、日本 鹿児島県鹿児島市出身の55歳 身長170cm、血液型はO型 鹿児島県立甲南高校 卒 1987年に芸能界入り 当時、11人組の大型ユニットだった「ホンジャマカ」のメンバーとしてお笑いの世界で活動を開始した 後にメンバーが次々と脱退、最終的に残った石塚英彦と共にコンビとしての「ホンジャマカ」を結成し現在に至っている 現在はピンでの活動が主となっており、恵俊彰はTBS「ひるおび! 」や「緊急! 公開大捜索SP」「ワールド極限ミステリー」といった人気番組を多数担当している 「ひるおび!」にはメインMCとして番組放送開始当初の2009年3月30日から出演 前身番組「2時っチャオ! 」でも司会を担当しており、同時間帯には2006年10月から出演を継続しているなどTBS昼の顔となっている TBS男性アナウンサー 2004年入社 1981年6月1日生まれ、埼玉県浦和市出身の39歳 法政大学経済学部卒 学生時代にTBS「ウンナンのホントコ! 」内で放送された企画「未来日記」への出演経験を持つ TBS入社後は主にニュース・報道やバラエティ番組に関わることが多く、近年は情報番組とバラエティの比重が大きい ラジオ番組では、かつてTBSのコールサイン「JOKR」を「JOQR」(文化放送のコールサイン)と呼び間違いを2度も起こし、自身の冠番組「蓮見孝之 まとめて! 土曜日」の第1回放送では開始直ぐに感無量で号泣するなど特異なキャラクターの持ち主である 「ひるおび!」では金曜日の「ひるトク!」担当 2016年3月28日からは「ひるおび!」内「JNNニュース」のキャスターも務める ノット・コミュニケーションズ所属のタレント、ラジオパーソナリティ 1965年8月11日生まれ、群馬県桐生市出身の54歳 身長170cm、血液型はO型 日本大学芸術学部 卒 三谷幸喜を中心とした「劇団東京サンシャインボーイズ」の出身で大学在学中から所属 後に花組芝居へと入座し、女形を中心に多数の舞台を経験する 一方で、1990年頃からはテレビ番組で情報キャスターやリポーターとしての出演 TBSの昼の情報番組「ピンポン! 」「ひるおび! 」では新聞記事の紹介コーナーを長らく担当している また近年はラジオパーソナリティとしても高い人気を誇っており、TBSラジオでは「ジェーン・スー 生活は踊る」にレギュラー出演 「ひるおび!」と「ジェーン・スー 生活は踊る」は共に平日昼の放送で出演時間帯も近いため立て続けの番組出演を行っている さらに2017年4月からは月曜と火曜日の深夜ラジオ「Fine!! 」のMCにも就任しており、平日は「グッとラック! 」やTBS「ひるおび!」などワイドショーのコメンテーターを務めることもある 2018年10月頃から「ひるおび!」にコメンテーターとして出演している 「オフィス・ミクモ」所属のフリーアナウンサー 元TBSの女子アナ 1954年4月12日生まれ、神奈川県横浜市出身の66歳 上智大学外国語学部フランス語学科 卒 本名は「星孝江」で旧姓は「三雲」 父親が産経新聞の元・取締役論説委員長で小学生の頃はイギリスで生活していた帰国子女 1977年4月~1990年10月までTBSにアナウンサーとして在籍 ニュース・報道から音楽、バラエティまで様々な番組を担当していた 結婚を機にTBSを退社 その後はフリーアナウンサーとして他局にも出演しているが、基本的にニュース・報道を中心に活動 1991年4月~2004年9月まではTBS「ブロードキャスター」のメインキャスターを務めた 「ひるおび」へは2009年4月から出演している 荻原次晴(おぎわらつぎはる) 元スキーノルディック複合の選手、長野オリンピック日本代表 1969年12月20日生まれ、群馬県吾妻郡草津町出身の50歳 オリンピック2大会連続金メダルの荻原健司は双子の兄である 本人も1995年のノルディックスキー世界選手権・団体で日本チームの金メダルに貢献している 競技引退後はスポーツコメンテータ・タレントとして活躍 兄と比べると現役時代の成績が伸び悩んでいたこともあり、何かと兄と比べられる苦悩を味わっていたことが、後にテレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな」で告白された スキージャンプ競技に解説やゲストとして出演することも多く、特にSTVのワールドカップ中継では副音声に出演している 「ひるおび」には2014年3月31日からコメンテーターとして出演 宮下純一と隔週交代での登場となっている 沼尾ひろ子(ぬまおひろこ) ナレーター 元・テレビ岩手アナウンサー 1964年3月29日生まれ、栃木県宇都宮市出身の56歳 國學院大學文学部 卒 大学時代にアナウンサーを目指し、卒業後にテレビ岩手へ入社 1989年は文化放送で「吉田照美のやる気MANMAN」のリポーターを務め、1990年よりフリーアナウンサーとなった 主にナレーションを生業としておりTBSでは「ブロードキャスター」「報道特集NEXT」をはじめとするニュース・報道、日本テレビやテレビ東京ではバラエティ番組を多数担当した 2006年に若年性脳梗塞を発症、リハビリを経て仕事に復帰するという経験を持つ これ以降、医療コミュニケーションや脳梗塞患者の自立支援といった分野でも活動する 「ひるおび! 」では主に月曜日と火曜日にナレーションを担当している 水島裕(みずしまゆう) プロダクション・エース所属の男性声優 1956年1月18日生まれ、東京都出身の64歳 身長167cm、血液型はB型 本名は「野田憲司(のだけんじ)」 テレビアニメや洋画吹替などで多数の作品に出演 ヒーローからギャグまで様々なキャラクターを演じており、1980年代に放送された「魔法の天使クリィミーマミ」に始まる「ぴえろ魔法少女シリーズ」全てで主人公の相手役を務めた また洋画吹替では香港の映画スター「サモ・ハン・キンポー」の声を専属で担当している このほか、かつてはテレビ番組の司会やバラエティ出演なども行っておりマルチタレントとして活動していた TBS系列のニュース・情報番組でのナレーション歴も長く「ひるおび!」では番組開始当初から担当 「ひるおびハテナ」などのナレーションを務める 「あさチャン!」はTBS系列で放送される朝のニュース・報道・情報番組。 「みのもんたの朝ズバッ! (後に「朝ズバッ! 」)」の後任として2014年3月31日から放送開始。 メインキャスターには元・日本テレビで現・フリーアナウンサーの夏目三久を起用した。 番組名の「チャン」には「ちゃんと」「チャンス」「チャンネル」といった複数の意味が込められているという。 現在の出演者はアナウンサーを中心にコメンテーターには学者・弁護士・編集者を揃えているが、番組の開始当初は曜日レギュラーに芸能人を起用するなどニュース番組に馴染みの薄い視聴者層を意識したものとなっていた。 この記事では「あさチャン!」のキャスターやアナウンサー、リポーター、コメンテーターなど番組への出演者に関する情報を紹介する。 「Nスタ」は「イブニングワイド」の後を継ぐ形で2010年3月29日から放送開始されたTBS系列のニュース・報道番組。 当時はワイドショー的な前半パート「Nスタ ニュースワイド」と報道要素の強い後半パート「Nスタ ニューズアイ」という大きく2つの番組で構成されるコンプレックス化された内容だった2017年4月、番組の大幅リニューアルが行わた。 2部構成だった番組は統合され、番組名は「Nスタ」に統一。 メインキャスターは「堀尾正明・佐古忠彦」から井上貴博・ホラン千秋に変更され、その他も若手中心のフレッシュなメンバーに刷新されている。 これ以降も比較的短期間にキャスターが入れ替わっており、いずれも入社歴の浅い若手アナウンサーが起用される傾向にある。 一方、「Nスタ」は日曜日にも放送が行われており、2019年6月には長らくキャスターを務めた長峰由紀アナから赤荻歩アナへとメインが交代している。 ここでは現在「Nスタ」に出演するキャスターや番組の情報について紹介していく。 「はやドキ!」はTBS系列で平日の早朝に放送されているニュース・情報番組。 2015年3月27日まで放送された「はやチャン!」の後番組として放送を開始。 番組自体はニュース・報道と生活やスポーツエンタメを含めた情報を複合的に紹介するというオーソドックスな内容となっている。 「はやドキ!」の出演キャスターには女性が多数起用され、男性メインキャスターを中心としたハーレム状態の布陣が特徴的。 2019年4月からは旧体制から大幅な刷新が行われており、それまで単独でMCを務めていたTBS男性アナ・高野貴裕が降板。 変わってTBS山本匠晃アナ&皆川玲奈アナのWメインキャスター体制が敷かれたことで男性アナのハーレム体制は崩壊を迎えている。 ここでは「はやドキ!」に出演するアナウンサーやキャスターの一覧と番組の基本情報を掲載する。

次の