チョコレート を 食べ 過ぎる と。 チョコレートで下痢になるのか?口には甘いが、腸には苦く…

チョコレートの食べ過ぎは下痢になる?それとも便秘になる?

チョコレート を 食べ 過ぎる と

Contents• チョコレートで下痢になる理由は? チョコレートの脂肪分が下痢の原因に チョコレートの成分は8割強が 脂質と 糖質です。 チョコレートを食べ過ぎると、 脂肪分を多く摂り過ぎてしまうため、下痢になってしまうことがあるんですね。 これはチョコレートに限ったことではありませんが、チョコレートにはそれだけ多くの脂肪分を含みますので特に注意しておきたいところです。 アステルパームなどの人工甘味料が下痢の原因に 一部のチョコレートでは砂糖の代わりに 人工甘味料が使われます。 糖質ゼロのチョコレートなどに多いですね。 人工甘味料にはアステルパームなどがよく使われますが、基本的にこういった人工甘味料は安全性に問題のあるものが多いです。 そのリスク性についてはここでは省略しますが、 下痢にもなりやすいということだけはお伝えしておきます。 人工甘味料は人の腸で吸収されない為、結果的に糖分を摂らないというのが糖質ゼロの理論です。 腸で吸収されないとそのまま体外に排出されることになるので、水分などを含んだまま小腸から大腸へと流れて行くことになります。 多く摂取すれば下痢になりやすいという事ですね。 チョコレートアレルギーが原因のことも また、稀にチョコレートアレルギーが下痢の原因になることもあります。 カカオ豆を食べることによる食物アレルギーです。 チョコレートアレルギーは、大人になってからきなり発症することもあります。 今までずっとチョコレートを食べていても平気だった人が、突然、発症することもありますので、違和感を感じたら一度チョコレートアレルギーを疑ってみたほうがいいかもしれません。 チョコレートの食べ過ぎが発症のきっかけになることもあります。 チョコレートで便秘になる理由は? 砂糖の摂り過ぎ ご存じの通り、チョコレートには砂糖が多く含まれます。 砂糖の過剰摂取は、体に様々な弊害をもたらします。 糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の原因になりやすいこと等はよく知られていますが、意外と知られていないのが 便秘にもなりやすいということです。 腸内で悪玉菌を増加させ、腸の動きを停滞化させたり、便を固くしたりすることがあるんですね。 砂糖を多く含むチョコレートの食べ過ぎには注意しましょう。 カカオ豆に含まれる食物繊維 カカオ豆は食物繊維を豊富に含んでいます。 チョコレートの食べ過ぎで不溶性食物繊維の過剰摂取となり、便秘に繋がることも十分に考えられますので、これもまた食べ過ぎには注意したいところです。 今回のまとめ チョコレートの食べ過ぎは下痢や便秘になることも チョコレートを食べると、下痢・便秘になることがあります。 体質やアレルギーなどが原因のこともありますが、ほとんどの場合、食べ過ぎが原因になってきます。 チョコレートの食べ過ぎは、下痢・便秘以外にも様々な健康への悪影響がありますので、十分に注意を払うようにしましょう。 チョコレートは適量を食べることで健康食に チョコレートは量さえ守れば健康に良い食べ物です。 便秘にも下痢にも効果は期待出来ます。 健康を重視したチョコレート(高カカオチョコレート、ローチョコレートなど)も多く見かけるようになりましたが、市販の安い板チョコなどでも十分に健康に良い食べ物なのです。 体に悪いイメージのある砂糖でさえ、適量ならば何の問題もありませんからね。 あとがき 1日の適量は板チョコ半分が目安です。 だいたい25gくらいになりますが、これもまた1日数回に分けて食べるのが理想的と言われています。 この食べ方なら、チョコレートで下痢や便秘に悩まされることもないでしょう。 ただ、頭ではダメだと分かっていても、ついつい食べ過ぎてしまうのがチョコレートです。

次の

【ウソ・本当】チョコレートの食べ過ぎが原因?鼻血が出る本当の理由とは!?

チョコレート を 食べ 過ぎる と

もうすぐバレンタイン。 以前「鼻血の正しい止め方」についてご説明しましたが、今回はよく言われる「を食べ過ぎると鼻血が出る」という説について、医学的根拠を探ってみたいと思います。 チョコレートを食べ過ぎると、血糖値が上昇して血圧も上がり、鼻の毛細血管が切れて鼻血が出るという説がありますが、健康な人がチョコを食べ過ぎても血糖値は上がるものの、血圧まで上がることはまずあり得ず、高血糖が直接的に鼻血を誘発する根拠もありません。 チョコレートに含まれるカフェインには興奮作用がありますが、含まれる量からして、全身の血流を高めるほどの効果は期待できません。 またチョコのカフェインが原因で鼻血が出るとしたら、同様にカフェインが含まれるコーヒーや緑茶、紅茶などを少し飲み過ぎるだけでも鼻血が出るはずです。 チョコレートには、血圧や心拍数を上昇させる物質『チラミン』が含まれており、『チラミン』には、一時的に血管を収縮させた後に、再び拡張させる働きがあることから、これが鼻の血管に負担をかけて鼻血が出る可能性があるという、もっともらしい説があります。 しかし、『チラミン』と鼻血の関係を調べた研究は古今東西見当たらず、はっきりしたことは分かっていません。 結局、『チョコレートを食べると鼻血が出る』ことを医学的に説明することは困難でした。 ただ、チョコは高カロリーですから太りやすく、特に子どもでは虫歯の原因にもなりますので、『食べ過ぎたら鼻血が出る』と諌められていたのが実情のようです。 とはいえ何事もほどほどに。 毎年チョコをたくさん貰っているという羨(うらや)ましい男性諸氏、食べ過ぎにはくれぐれもご注意ください。 内科・外科をはじめ「ホーム・ドクター」家庭の総合医を実践している。 同志社大学客員教授、日本臍帯プラセンタ学会会長。 外部サイト.

次の

チョコレートを食べ過ぎるとどうなるの?本当は怖い!?チョコの秘密

チョコレート を 食べ 過ぎる と

Contents• チョコレートで下痢になる理由は? チョコレートの脂肪分が下痢の原因に チョコレートの成分は8割強が 脂質と 糖質です。 チョコレートを食べ過ぎると、 脂肪分を多く摂り過ぎてしまうため、下痢になってしまうことがあるんですね。 これはチョコレートに限ったことではありませんが、チョコレートにはそれだけ多くの脂肪分を含みますので特に注意しておきたいところです。 アステルパームなどの人工甘味料が下痢の原因に 一部のチョコレートでは砂糖の代わりに 人工甘味料が使われます。 糖質ゼロのチョコレートなどに多いですね。 人工甘味料にはアステルパームなどがよく使われますが、基本的にこういった人工甘味料は安全性に問題のあるものが多いです。 そのリスク性についてはここでは省略しますが、 下痢にもなりやすいということだけはお伝えしておきます。 人工甘味料は人の腸で吸収されない為、結果的に糖分を摂らないというのが糖質ゼロの理論です。 腸で吸収されないとそのまま体外に排出されることになるので、水分などを含んだまま小腸から大腸へと流れて行くことになります。 多く摂取すれば下痢になりやすいという事ですね。 チョコレートアレルギーが原因のことも また、稀にチョコレートアレルギーが下痢の原因になることもあります。 カカオ豆を食べることによる食物アレルギーです。 チョコレートアレルギーは、大人になってからきなり発症することもあります。 今までずっとチョコレートを食べていても平気だった人が、突然、発症することもありますので、違和感を感じたら一度チョコレートアレルギーを疑ってみたほうがいいかもしれません。 チョコレートの食べ過ぎが発症のきっかけになることもあります。 チョコレートで便秘になる理由は? 砂糖の摂り過ぎ ご存じの通り、チョコレートには砂糖が多く含まれます。 砂糖の過剰摂取は、体に様々な弊害をもたらします。 糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の原因になりやすいこと等はよく知られていますが、意外と知られていないのが 便秘にもなりやすいということです。 腸内で悪玉菌を増加させ、腸の動きを停滞化させたり、便を固くしたりすることがあるんですね。 砂糖を多く含むチョコレートの食べ過ぎには注意しましょう。 カカオ豆に含まれる食物繊維 カカオ豆は食物繊維を豊富に含んでいます。 チョコレートの食べ過ぎで不溶性食物繊維の過剰摂取となり、便秘に繋がることも十分に考えられますので、これもまた食べ過ぎには注意したいところです。 今回のまとめ チョコレートの食べ過ぎは下痢や便秘になることも チョコレートを食べると、下痢・便秘になることがあります。 体質やアレルギーなどが原因のこともありますが、ほとんどの場合、食べ過ぎが原因になってきます。 チョコレートの食べ過ぎは、下痢・便秘以外にも様々な健康への悪影響がありますので、十分に注意を払うようにしましょう。 チョコレートは適量を食べることで健康食に チョコレートは量さえ守れば健康に良い食べ物です。 便秘にも下痢にも効果は期待出来ます。 健康を重視したチョコレート(高カカオチョコレート、ローチョコレートなど)も多く見かけるようになりましたが、市販の安い板チョコなどでも十分に健康に良い食べ物なのです。 体に悪いイメージのある砂糖でさえ、適量ならば何の問題もありませんからね。 あとがき 1日の適量は板チョコ半分が目安です。 だいたい25gくらいになりますが、これもまた1日数回に分けて食べるのが理想的と言われています。 この食べ方なら、チョコレートで下痢や便秘に悩まされることもないでしょう。 ただ、頭ではダメだと分かっていても、ついつい食べ過ぎてしまうのがチョコレートです。

次の