授乳中 モーラステープ。 授乳中、酔い止めやモーラステープは使っても良いか

モーラステープ20mg

授乳中 モーラステープ

スポンサーリンク 貴女は、授乳中に湿布薬を使用したことがありますか? 出産後、今までは気にならなかった肩こりや腰痛が出てくることも珍しくありません。 そんな時に便利なのが湿布薬です。 なかでも病院でよく処方される湿布薬にモーラステープがあります。 しかし、このモーラステープは授乳中に使用しても大丈夫なのでしょうか? そこで今回は、授乳中に湿布のモーラステープの使用について紹介します。 授乳中の湿布の影響 そもそも授乳中に、湿布をして良いのでしょうか? 母乳は、母親の血液から出来ています。 湿布薬は、飲み薬と比べて血液に入る薬の量が少ないので、 授乳中に使用しても問題ないと言うお医者さん多いようです。 しかし、必ずしも影響無いわけではありません。 湿布によっては使用しない方が良いものもあるのです。 家に残っている湿布を自己判断つける事はしないでください。 きちんと医師に、授乳中と伝えて処方された湿布使用するようにしましょう。 モーラステープは使用して良いの? 湿布と言ったら、良く処方されるのがモーラステープ。 薄いのに、貼るとスッとして効果抜群な印象があります。 実はこのモーラステープは 妊娠中の使用は羊水減少や、胎児の動脈管収縮などが報告されているので、 「必要最小限の使用にとどめるなど慎重に使用する」とされています。 とくに妊娠後期は使用禁止という厚生労働省の発表も出されています。 しかし、授乳中のモーラステープに関しては、色々な意見があります。 妊娠中での影響を考えると授乳中でも心配になります。 授乳中の影響は0%ではないので 医師に授乳中である事を伝え相談しましょう。 スポンサーリンク 授乳中での市販薬の湿布 では、どんな湿布なら使用して良いのでしょうか。 それぞれの説明書には、 第一類医薬品は、妊娠中や授乳中の使用は禁止。 第二類医薬品は、妊娠中や授乳中の使用はやめた方が良いでしょう。 第三類医薬品は、妊娠中や授乳中は使用できるものもあります。 と書かれているのです。 湿布も薬と同じように、このような記載があります。 そのため、第一類と第二類ものは、授乳中の使用は避けるようにしましょう。 薬局購入する場合は、薬剤師にきちんと相談して、 第三類医薬品になっているものを選んでもらいましょう。 ・・・いかがでしたか? このように、授乳中の湿布の使用には、注意が必要です。 授乳中のモーラステープの使用については、 私個人としては子供の事を考えて使用しないことを選択します。 とは言っても、湿布を使用してはいけない訳ではありません。 お母さんが肩こりや腰痛で辛いと、赤ちゃんにも伝わってしまいます。 授乳中はきちんと説明書を読んだり、 医師や薬剤師に相談する事が大切です。 使用して大丈夫な湿布を選択しましょう! スポンサーリンク.

次の

授乳中の湿布は母乳に影響する?授乳中の腱鞘炎・腰痛・肩こり対策

授乳中 モーラステープ

授乳婦とモーラステープについて 産後の腰痛のために、痛み止めの湿布剤やテープ剤が処方されることがあります。 国内での使用量が多いモーラステープについて、貼付後の乳汁中への移行性および乳児に対する安全性についてしらべてみました。 有益性が危険性を上回る場合に使用する よく目にする内容が記載されています。 しかし、モーラステープの成分であるケトプロフェンを服用または静脈注射した時のデータをLACTMEDで確認することができました。 完全授乳児の場合、上記の仮定では1日でケトプロフェンを8. 母親のケトプロフェン投与は1日で2. 31%)を乳児が経口摂取したことになります。 このデータにはケトプロフェンを0. 31%濃度で摂取した乳児の体調に関しての記載はありません。 次に、フランスの報告によると授乳婦がケトプロフェンを服用した場合、174例中8例の乳児で有害反応が確認されたという報告があります。 このためケトプロフェン製剤の内服や注射に関しては、母乳中への移行性は低いものの、副作用報告があるため、新生児や低出生体重児の場合は、他剤の方が好ましいという解釈がLACTMEDによりなされています。 以上のことからわかることは投与量は不明ですが母親が内服または注射をすると乳児4~5%という率で乳児に有害反応が現れる可能性があるということです。 ここまではケトプロフェン製剤の内服や注射剤の話です。 今回のテーマは「授乳婦とテープ剤」ですので、テープ剤を使用したときのケトプロフェン製剤の体への蓄積、乳汁中への移行について、上記データをもとに推測してみます。 内服または注射量から換算したモーラステープの母乳中への移行量 日本国内ではケトプロフェン製剤の内服薬はありませんが、下部消化管からの吸収経路の薬では坐剤がありますので坐剤を使用した場合を例に考察してみます。 ケトプロフェンの注射剤にはケトプロフェン筋中50mgという製剤が国内にあります。 最大使用量は適宜増減を含めて1日200mgまでです。 内服または坐剤のAUCと比較すると、モーラステープ20mgまたはモーラステープL40mgを1枚背中に貼ると24時間で、ケトプロフェン坐剤や点滴を最大使用したときの5~10%程度が体に入ることがわかります。 憶測の領域は超えませんが、最初に記載した海外での使用データと間接的に比較しますと、モーラステープL40mgを24時間貼付すると、ケトプロフェンを最大量静脈投与または坐剤から投与した場合の約10%程度が血液中に入る計算となるものと示唆されました。 モーラステープを1枚貼付した際に、母乳を介して乳児がケトプロフェンを摂取する具体的な量はわかりません。 上記のことを踏まえると、おそらく測定限界以下となるでしょう。 海外のデータでは母体静脈注射後の乳児の摂取量が対母親摂取比で0. 31%とされていましたので、テープ剤の場合は、その10分の1程度または、それ以下(0. 031%以下)となり計測限界を下回ることが示唆されます。 記載したデータはすべて想定と仮定をもとにしており、添付文書に記された数値を並べているだけです。 あくまでも憶測ですが、私の個人的なまとめを記します。 さらに上記しました血液中のモーラステープ成分が母乳に移行する量を踏まえますと 「授乳中なんですがモーラステープL40mgを1枚腰に貼ってもいい?」 と質問を受けた場合は 「母乳中には、ごく微量しか薬の成分が含まれませんので、乳児に血液関係の病気(血小板減少症など)がないのであれば、差し支えありません」 とお伝えします。 (モーラステープL40mg4枚のAUC量は内服薬に匹敵する血中濃度を示すため、小児への有害事象の可能性がゼロではないと考えるためです。

次の

授乳中、酔い止めやモーラステープは使っても良いか

授乳中 モーラステープ

スポンサーリンク 産後、授乳中のお母さんにとって 体の痛みというのは、 赤ちゃんのお世話をしている中で, 付き物だと言えるでしょう。 元々腰痛持ちの方の痛みが悪化したり、 お世話をしている間に 肩や手首に痛みが起きたりと、 様々なトラブルを伴いかねません。 24時間体制で赤ちゃんのお世話をしていくため、 痛みはなるべく早く改善・解消したいものです。 しかし、 体が痛いから湿布を貼りたいと思う一方で、 赤ちゃんに影響があるのではないかと 心配になる方も多いでしょう。 そこで今回は、 授乳中に痛みのトラブルを解消するため、 貼付剤であるロキソニンテープを 使用しても大丈夫なのかについてまとめました。 貼付剤の効果とは? ロキソニンテープ等の湿布は、 外用薬の中の「貼付剤」という分類になります。 貼付剤は薬剤が皮膚から吸収され、 その後、血液にその成分が吸収され 身体に広がっていきます。 しかし、 その成分の血中濃度が一番高くなるのは、 貼付剤を貼った部分に限られ、 血液に入る量もごく微量とされています。 母乳は血液から作られるため、 微量ながら母乳にも移行します。 薬の成分が赤ちゃんに、 何か影響を与えてしまうのではないか というのはこのためなのです。 薬の成分が母乳に移行しても、 ごく微量(0. 5%〜1%程度)のため、 薬の使用を認めている医師が多いです。 スポンサーリンク 実は、貼付剤が 乳児に影響を与えるか否かと言うのは、 医師の間でも見解が分かれいているのが 現状のようです。 授乳中のロキソニンテープの使用は問題なし? サロンパスやセルタッチ、モーラステープ等、 湿布剤は市販のものを含め種類があります。 その中で、ロキソニンテープは、 医師の処方箋が必要な 「医療用医薬品」に分類されています。 ロキソニンテープは、 貼付剤の中でも吸収が良い薬で、 血中の有効成分濃度も高くなります。 それだけ効果も高いということにはなりますが、 その分母乳にも成分は移行します。 しかし一般的には、 母乳に含まれる薬剤の成分は微量なため、 大量に使用する場合でなければ、 無視できる範囲であるとされています。 但し、薬効成分が高い薬になるため、 使用する前に医師に相談してみると 安心でしょう。 授乳中のため薬を我慢したり、 薬を使ったため母乳を中断するというのは、 なかなか辛いものです。 ロキソニンは産後の痛み止めとして 処方されることもあります。 授乳中に痛みで悩んでいる方がいましたら、 なるべく早めに医師に相談し、 痛みの改善・解消をしましょう。 スポンサーリンク.

次の