切開 埋没。 埋没法で二重を作った後、ミニ切開法や全切開法で二重を作った場合、二重の印象は変わるのか? : Dr.高須幹弥の美容整形講座 : 美容整形の高須クリニック

初めての二重整形、埋没法と切開法どっちがいいの?

切開 埋没

ダウンタイム中はまぶたの腫れ方自体に左右差が出るため、二重幅も左右差が出てしまうのです。 また、施術を施してから数日間は「寝起きはむくんで二重の幅が広くなるが、数時間経つとむくみが引いて幅が狭くなる」というように、 一日の中でも腫れの具合が変化します。 再手術をしてから「元の二重の方がよかった」と後悔しないためにも、2回目以降の二重整形のタイミングや方法は詳しくチェックしておきましょう。 二重整形の再手術について 埋没法の再手術について 埋没法はやり直しできる? 💡 注意 医師によって考え方が異なりますが、 埋没法のやり直しの回数は通常2~3回までが限度です。 埋没法でも回数を重ねるとまぶたに負担がかかってしまうため、永遠に二重の修正ができる万能な施術というわけではではありません。 また、何度も二重が取れてしまうようであれば、まぶたへの負担や金銭的な視点から見ても切開法での手術を選ぶ方が望ましいでしょう。 埋没法の抜糸について 基本的に埋没法は、二重幅を変更する場合 抜糸を行わずに施術をすることがほとんどです。 しかし、2回目の埋没法を行った際に三重になってしまうケースや、そもそも埋没法を取りたい場合などは、抜糸を行うこともできます。 ただし、埋没法の糸は 時間が経つと抜糸が難しくなるので、早めにクリニックに相談しましょう。 二重整形の抜糸については以下の記事で詳しく掲載していますので、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。 📌 3回目以降の再手術は注意 実は、 3回目の埋没法はまぶたの状態が悪いと受けられない可能性があります。 なぜなら、何度も繰り返し埋没法を行うことで、まぶたの中には糸が溜まってしまうからです。 もちろん埋没法はアレルギーなどの異物反応が起きないナイロンの糸を使用していますが、何度も施術を受けることで人体に悪影響を及ぼす可能性もあります。 また、たとえ毎回抜糸をしていたとしても、まぶたに施術を受けたダメージは蓄積されるものです。 そのため、 3回目の二重整形は切開法も視野に入れてみましょう。 特に、埋没法がすぐに取れてしまう方は、まぶたが厚いなどの理由で体にあっていない可能性があります。 再び失敗を繰り返さないためにも、自分のまぶたの状態に合った施術法を選びましょう。 切開法の再手術について 切開法はやり直しできる? 💡 注意 切開法の再手術内容は、• 前回の切開線を切開する。 癒着(ゆちゃく)を外す。 新しく内部処理をし、新たに二重を作る という大掛かりな手術になります。 そのため、 切開法の再手術は難しいと診断される可能性が高いです。 また、仮に2回目の切開法を受けられたとしても、もう一度切開することで、まぶたにかなりの負担がかかってしまいます。 1回目の整形が気に入らなかった場合、 2回目をするべき? 二重整形の完成までに埋没法なら3か月、切開法だと6か月かかると言われています。 整形をしてからしばらくの間は、まだ腫れが残っていて本当の二重幅になっていないのです。 ですので、二重整形をしたばかりの方は 二重に違和感を感じてもすぐに再手術をせずに、しばらく様子を見てください。 もし上記の期間が経過しても二重に違和感を感じるようであれば、再手術を受けることも一つの手です。 その際に保証が付いたプランであれば費用もかからずに受けることもできます。 二重整形の保証について 埋没法は極細の糸で二重にしているため糸が取れてしまったりゆるんでしまい、二重のラインが消失してしまうこともあります。 そのため 二重のラインが消えたときの対策として保証制度を設けているクリニックが多いです。 保証期間も1年保証から永久保証まで様々あります。 また、埋没法にはベーシックな埋没法から糸が取れにくい埋没法など種類も豊富なので、手術内容によっても保証内容が異なります。 さらにクリニックによっては、抜糸や幅の変更などが保証内容に入っている場合もあります。 何かあったときの為にも、 二重整形の保証は事前に確認しておくことをおすすめします! 📌 2回目の二重整形の費用は? 2回目の二重整形は保証が付いている場合、期間内であれば無料で施術を受けることが出来ます。 しかし、そもそも保証の無いプランや保証期間を過ぎている場合は、施術料金がかかってしまいます。 修正の費用はまぶたの状態やクリニックによっても異なりますが、 1回目に埋没法をした場合には留めた糸を抜糸する場合は、二重の施術費用とは別に抜糸の費用が必要です。 「予算を一回目の施術料金の金額で考えていたのに抜糸の金額もかかって予算より多くなってしまった」ということも少なくはありません。 2回目の二重整形の費用は、事前にクリニックに問い合わせて確認しておいてくださいね。 【まとめ】2回目の二重整形の注意点• 2回目の二重整形からは 抜糸などの追加料金がかかる場合アリ• 3回目以降の二重整形は 切開法がおすすめ 二重整形のやり直しは、 最初の二重整形の時よりもっと医師との話し合いが大切になります。 1回目に感じた点や気になることはすべてカウンセリングで伝えるようにしましょう。 それが2回目の 二重整形を成功させるコツです。 また、再手術でもう一度失敗してしまうことが心配な方は、 1回目とは別のクリニックで診察を受けることも選択肢に加えてみてください。

次の

二重手術の方法 埋没法・切開法の内容・料金・失敗やリスクについて

切開 埋没

二重整形手術は「切開法」と「埋没法」の2種類があります。 切開法とは まぶたを切って二重を作る方法です。 切開法には 「全切開」と「部分切開」の2種類があります。 ・全切開 全切開は、 二重にするラインをメスで切って二重にする方法です。 切る面積が大きい分、必要があればまぶたの脂肪や余分な皮膚も一緒に取り除くことができます。 まぶたの脂肪が多い方、たるみが気になる方にオススメです。 ・部分切開 部分切開は 二重にするラインを部分的に切る方法です。 切る面積が小さいので、脂肪や皮膚を取り除く量は多くはありませんが、傷や腫れは少なく済みます。 埋没法が取れて元に戻ってしまった方や、全切開まではしたくない人にオススメです。 埋没法とは 埋没法は 「メスを使わない」「切らない」で二重を作れる方法です。 髪の毛よりも細い糸を使ってまぶたを縫って二重をつくります。 腫れや痛みも少ないので、 プチ整形感覚で受けることができます。 万が一、 元の目に戻したい場合は糸を取ることもできます。 切開法と埋没法のメリット・デメリット メリット 切開法 埋没法 ・半永久的な二重を作ることができる ・脂肪やたるみも一緒に取り除くことができる ・まぶたが厚い方でも二重になる ・埋没法が取れやすい方でも二重になる ・費用が安い ・ダウンタイムが短い ・バレにくい ・元の目に戻せる デメリット 切開法 埋没法 ・費用が高い ・ダウンタイムが長い ・元の目に戻せない ・糸が取れたり、緩んだりして元の目に戻る可能性がある ・まぶたの脂肪が多い方は元に戻りやすい ・戻る可能性があるので希望する二重幅で手術できないことがある クリニックによって、こだわりの施術方法や材料を使われているので、費用や持続性なども違ってくると思います。 ちなみに、私は整形しようと思うまでは二重手術に種類があることすら知りませんでした。 黄色っぽくなればコンシーラーで隠せますが、まだ青いときは綺麗に隠しきれません。 昔から、腕に打つ注射でもアザになる事が多かったので、アザができやすいんだと思います。 まぶたにBNLSをしたときもアザができました。 このようなことから、注射でアザができやすい人はそれも含めた上でダウンタイムをとることをオススメします。 よく考え・よく調べて選択しましょう 自分の顔です! 後悔しないためにも、自分にはどの施術が向いているのかをよく調べましょう。 口コミは「サクラ」も紛れているので騙されないように気を付けてください。 症例写真を見ていると、先生それぞれの得意な仕上がりが分かってくるので「この先生に施術してもらいたい!」と思える人が見つかるかもしれません。 焦らずに、自分に後悔のない選択をしましょう。

次の

二重整形はこんなに腫れる!?休めない人が知っておくべき腫れ対策

切開 埋没

メインページ• カテゴリーで検索• 美容整形・顔の整形• 身体の整形・ダイエット・ボディメイキング• 肌治療・美容皮膚科• 男性・毛髪治療• 婦人科治療• 臭いの治療• その他の治療• ドクター・クリニック• 芸能人・エンターテイメント• メイク・ファッション• 出典 パッチリとした二重まぶた、大きな目は、それだけで顔全体を明るく印象付けてくれるもの。 特に、私たち日本人のまぶたは脂肪が厚く、腫れぼったく見えてしまいがちですね。 二重まぶた、大きな目になる方法はいくつかありますが、今回は美容クリニックなどの医療機関で受けることのできる目頭切開法にスポットを当ててお話を進めて行くことにしましょう。 医師、実際受けられた方の経過・症例ブログも多数紹介します。 もくじ 1. 目頭切開法とは 2. 埋没法との違いとは 3. 気になる術後の症状について 4. 目頭切開法のメリット・デメリット 5. 目頭切開法症例がわかるブログ紹介(医師編) 6. 実際に目頭切開のオペを受けた方が詳細に経過を記録しているブログ まとめ 1. 目頭切開法とは 私たち日本人を含む東洋人には、生まれつき蒙古ひだというひだが目頭にあり、これが目を小さく見せる原因になっています。 目の横幅が広がり、目もとがひとまわり大きくなったような印象に見えます。 寄り目気味の方でも、術式やデザイン次第で目と目の幅を狭めずに目を大きく見せることが可能です。 たったの1mmで目元の印象が変わるのであれば、目頭切開法を受けてみる価値はあるかも!? 出典 蒙古襞があるのとないのとでは、目元だけではなく、顔全体の印象が変わります。 たとえば、蒙古ひだがあるせいでなんとなく子どもっぽい顔に見えてしまったり、眠たそうに見えてしまったりするところが、蒙古ひだを取り去ったことにより平行二重まぶたが作りやすくなり、目ヂカラが増すだけではなく、グッと大人っぽい欧米人のような目元を作り出すことができます。 埋没法との違いとは では、日本国内の美容外科やクリニックなどで一般的に行われている埋没法と目頭切開法では、どのような違いがあるのでしょうか? まず、両者の決定的な違いは、メスを使用する手術なのかそうでないのかという点にあります。 また、埋没法の場合では一定期間が経過すると元のまぶたの状態に戻ってしまうことも珍しくはありませんが、目頭切開法は目頭に存在している蒙古ひだをメスで切除する方法であるため、元の状態に戻る心配はありません。 また、埋没法では目の横幅そのものは変わりませんが、目頭切開法では目の横幅そのものが広くなるため、それだけで二重瞼でなくても大きな目に見せる効果を期待することができます。 もちろん二重埋没法と目頭切開を併用した手術も数多く行われています。 では、目頭切開法はどのような方に向いている手術なのでしょうか? タカナシクリニックの高梨真教院長によると、 向いている人• 目と目の間の幅が広く、目の横幅が小さい人• 平行二重にしたい人 (ただし、二重幅によっては平行二重にならないこともあります。 その場合は二重切開や埋没法を施術する必要があります。 ) 向いていない人• 目と目の間が目の横幅とほぼ同じ比率の人• 鼻の横幅が目と目の間の幅より広い人(鼻が大きく見えてしまうため。 ) 出典 このようになっています。 つまり、どのような方にも目頭切開法が合うということではないため、手術を受ける前の段階で、ご自身の目元をよく観察しておくことが大切であるということですね。 出典 3. 気になる術後の症状について 目頭切開法はメスを使用する手術であるため、多かれ少なかれ手術後には腫れなどの症状が現れます。 それではまず、手術時間やダウンタイムなど、目頭切開法と埋没法の違いを比較してみることにしましょう。 まず、埋没法では施術時間が約10分、術後の腫れは少なく、ダウンタイムは約1週間、長くても2週間が目安です。 では、目頭切開法ではどうなのでしょうか。 目頭切開法に必要な所要時間は20分~30分、約7日後に抜糸を行いますが、その後の腫れは約1カ月程度続きます。 ただし、人によっては腫れがほとんど目立たない方もいらっしゃるようです。 出典 4. 目頭切開法のメリット・デメリット それでは次に、目頭切開法のメリット・デメリットについてのお話をさせて頂きますが、目頭切開法はZ法とW法、それらを複合した切開法がありますので、カウンセリングの段階で医師とよく相談して、どの方法がご自身に最も適しているのかきちんと把握して、納得しておくことが大切です。 それではまず、目頭切開法のメリットについてのお話です。 新宿御苑美容クリニックの齊藤雄介院長によると、 「目頭切開法「蒙古ひだ形成」は、目頭から上まぶたにかぶさった蒙古ひだとよばれる皮膚を、切開して取り除く手術です。 アイラインを横に広げることで、目と目の間が離れた印象を改善します。 黒目もはっきり強調され、目を一層大きく見せることができますので、 二重の手術と同時に行えば、より大きく華やかでパッチリした切れ長の目にすることができます」 出典 というメリットがあるとのこと。 蒙古ひだを取り除くだけで平行二重が自然にできる方もいらっしゃるようですが、やはり印象深いパッチリとした目元を作り出すためには、目頭切開と同時に二重瞼形成手術を行っておくことがおススメのようですね。 では反対に、目頭切開のデメリットはどのようなところにあるのでしょうか? 慶友形成クリニック「二重まぶた総合サイト」で蘇雅宏理事長は次のデメリットを挙げています。 ・二重の手術と違い、抜糸まで糸がみえる。 ・傷は最小限になるよう治療しますが消失するわけではありません。 出典 抜糸してしまえば糸はなくなりますが、その後の傷跡が完全に消えてなくなるわけではない、つまり、人によっては傷跡が目立つことも考えられると解釈することができます。 また、いったん切除した皮膚を元通りに戻すことは非常に困難であるという点も、デメリットとして捉えることができるでしょう。 ただし、同氏は次の問題も掲げています。 「目頭切開の問題点としてはやはり傷です。 これは技術的な問題も左右されますが、もともと皮膚の状態に余裕がないので、ケロイド体質の方などには向かない治療です。 二重の手術は両眼の手術を同時に行うことをお勧めします。 日によっては浮腫みの状態も違ったりしてきます。 そのため、基本的には両側を行う必要がある例に関しては同日の手術をお勧めしています」 出典 合理的に二重まぶたを形成することのできる目頭切開法にも、意外なところに弱点があったというわけです。 これから目頭切開法を受けようか迷っている方は、ご自身の体質にも目を向けて検討する必要があるということですね。 出典 5. 目頭切開法(経過、症例など)がわかるブログ紹介(医師編) それでは最後になりますが、目頭切開の実際のオペの経過・症例がよくわかるブログをご紹介しておくことにしましょう。 目頭切開に関する医師の症例・解説ブログからご紹介します。 ドクター松井クリニック松井彰一郎院長の腫れない二重まぶた手術のブログ 出典 こちらのブログに登場している方はもともと奥二重という感じでしたが、手術後には明らかに目の幅が広くなり、目の形そのものが変わっているのがわかりますね。 また、画像は術後1カ月後となっており、目頭部分に若干の傷跡が残っているように見えます。 ただ、この程度の傷跡であればメイクをしてしまえばほとんど外部からはわからない状態になるのではないでしょうか。 品川美容外科 梅田院院長 Dr. 小池のブログ 出典 目頭切開後1カ月が経過した症例写真が掲載されていますが、目頭切開だけでずいぶん印象が変わりますね。 もともとは奥二重のようですが、蒙古ひだに邪魔されて二重のラインが表に出てくることができなかったという例です。 それにしても、ずいぶんクッキリとしたきれいな二重ですね。 たった1カ月でここまで変わることができるのなら、少々の腫れは我慢できるかな……と、思ってしまいますね。 水の森美容外ブログ 出典 メイクのあり・なしでもかなり目元は変わりますが、掲載されている症例写真の女性、もう別人ですよね? この方も蒙古ひだがきれいになくなっていますが、メイクをしているせいか、傷跡はまったくわからない状態となっています。 蒙古ひだのせいで典型的な日本人の目元だったこの女性も、パッチリ二重、欧米人に近いきれいな二重を手に入れましたね。 大塚美容形成外科・歯科公式ブログ 出典 こちらのブログの症例写真もまた、術後2週間まではまぶたに腫れが現れているのがわかりますが、5カ月経過後には自然な二重が完成しており、目頭切開の傷跡もほとんどなくなっているように見えます。 医師の中には術後の傷跡に関してかなり神経質になっている方もいらっしゃいますが、このような症例写真を見る限りでは、傷跡の心配はほとんど必要ないのでは? と、思ってしまいますね。 また、こちらのブログでは3ページ目に埋没法の症例写真が掲載されており、これもまたかなり目元の印象が変わっていることに気がつきますが、蒙古ひだが残っているため目の幅は変わっていません。 自然な美容整形であればこのような埋没法でも十分なのではないかと思いますが、パッチリとした欧米人に近い二重まぶたを目指すのであれば、やはり目頭切開法を取り入れるのが正解……という気もしますね。 川崎中央クリニック・クリニックブログ 出典 こちらのブログでは来られた患者さんが他院での目頭切開に失敗したという話題を取り上げています。 いわゆる目頭切開の他院修正です。 ということは医師の腕次第では、やはり失敗もありうるということになります。 実際の症例写真の掲載がないため、どこがどのように失敗なのか確認することができませんが、こちらのクリニックを訪れた方は、それこそ藁をもつかむ思いだったに違いありません。 この部分を考えると、やはり手術を受ける前の段階で、クリニックを慎重に選ぶ必要があるということがわかります。 あびこ駅前クリニック石川勝也院長 まぶたのブログ 出典 やや年配の女性の症例写真が掲載されていますが、これもまた、実に自然ですね。 そして、目の幅が明らかに広くなっています。 この症例写真の方の場合では、切開重瞼術、目頭切開法、ROOF切除という3種類の手術を同時に行った結果ですが、長期間かけて何回かの手術を受けるよりも、1回の手術で済ませてしまった方がはるかに合理的……という典型例でしょうか。 顔全体を確認することはできませんが、目の形が変わっただけで、表情そのものが明るくなったように見えますね。 この症例写真の方は、目が小さいことがコンプレックスとなっていたようですが、ここまで変わることができなのであれば、きっと大満足なのではないでしょうか。 東京皮膚科・形成外科 池田総院長ブログ 出典 手術直後の画像が掲載されていますが、手術直後とは思えないほど腫れが少なく、目頭切開部分もやや痛々しい生傷のような状態になってはいますが、近づいてよく見ない限り、はっきり整形したということはわからないレベルかもしれません。 この結果であれば、わざとらしい感じにはなりませんのでチャレンジしてみてもいいのかな……と、思ってしまいます。 実際に目頭切開のオペを受けた方が詳細に経過を記録しているブログ 二重埋没と目頭切開併用の6カ月後(すっぴん、メイク) 出典 目頭切開と二重埋没法を行った方のブログです。 整形前と整形後の画像があり、整形後にはかなり強めの蒙古ヒダがすっきりし、目全体の印象がかなり違って見えます。 ブログ主さんはブログの中でご自身の目の状態を「整形の後遺症で何かなってる気がします」とお話していますが、結果的に形成に対して満足されているご様子です。 ナチュラルな仕上がり。 埋没法+目頭切開の経過記録 出典 埋没法と目頭切開を行ったもぴこさんのブログです。 手術前の心境や手術中の様子、そして、手術直後の生々しい腫れなど、画像付きでかなり詳しく書かれています。 手術から8日目に抜糸、この時点ではまだ腫れが目立ちますが、13日目にはかなり腫れも引き、その翌日にはまつ毛エクステにも行かれたご様子。 埋没法の二重まぶたが19,600円、目頭切開が139,000円だったそうですが、パッチリとした二重まぶたが実現し、目全体の印象がかなり変わっています。 二重切開&目頭切開の記録ブログです 出典 分厚いまぶた、そしてつり目がコンプレックスだったという、管理人の目目さん。 お友達にまで怖い印象を持たれてしまったという彼女は、パッチリした目に憧れて手術を思い立ったようです。 埋没法とは異なり、二重切開はまぶたを切開して行う手術ですので、術後の腫れもかなり激しい様子。 手術直後から現在に至るまでの経過がかなり詳しく書かれていますので、目頭切開だけではなく、二重切開もお考えの方にとって、かなり参考になるのではないかと思います。 また、手術のビフォーアフター画像掲載されていますので、手術前に目を通しておいてはいかがでしょうか。 留学直前に整形したブログ 出典 管理人のみいさんの自己紹介を読んでみて、ちょっとびっくりしました。 というのは、みいさんは幼いころからお母様に「整形しなさいよ」と言われながら育ったというのですから。 また、みいさんの妹さんも目を整形しているとのこと。 姉妹で同じコンプレックスを持っていたということなのでしょう。 妹さんが行ったのは埋没法だったそうですが、みいさんが行ったのは二重切開と目頭切開で、妹さんよりも本格的な整形となっています。 また、こちらのブログでは手術そのものの経過だけではなく、手術前に準備しておいたものなどもかなり詳しく書かれていますので、とても参考になりますよ。 埋没法だけでは、術後の腫れはそれほど激しくないといいますが、二重切開や目頭切開となるとメスを使用しますので痛々しいほどの腫れが現れます。 その様子も画像付きできちんと説明されていますので、こちらのブログも手術前に読んでおくことをお勧めします。 手術後のダウンタイムがわかるブログ 出典 モデル兼キャバ嬢をしているというsayakaさんのブログです。 目頭切開直後から7日目までの様子がよくわかります。 手術直後は切開部分が赤紫色に変色し、かなり痛々しい感じですが、7日目には手術をしたのかどうかもわからないほど、色も腫れも綺麗に引いています。 また、sayakaさんは目頭切開だけではなく豊胸手術も行い、そのダウンタイムについても書いています。 そして、過去に行った埋没法で失敗してしまった体験談も掲載していますので、目頭切開だけではなく、美容整形全般に関してご興味をお持ちの方、美容外科選びで迷っている方にとっても参考になるのではないかと思います。 男性が綴る美容整形のブログです 出典 美容整形は女性だけのものではなく、美意識の高い男性の中には、積極的に美容整形でご自身をデザインしようという方が存在しています。 ブログの管理人、いなぞうさんは21歳の大学生。 お母様や友人の方々の理解を得て、埋没法と目頭切開の手術を受けたのだそうです。 また、いなぞうさんはもともと逆さまつ毛で苦労をしており、美容目的ではなく治療目的で目の手術を受けたことがあったのだとか。 そして、今回は美容目的ということで埋没法と目頭切開の手術を受けられたようです。 手術直後は目頭切開部分に目立った腫れがありますが 埋没法の腫れは目立つレベルではありません。 そして、手術3日後には目頭部分の腫れもずいぶん引き、8日後に抜糸をしてみると、全体的に腫れはほとんどなく、自然に近い状態にまで回復しています。 傷の回復は個人差が大きいのかもしれませんが、やはり21歳と年齢が若いことも、傷の治癒スピードが速い要因となっているのでしょう。 数種類の整形を行ったブログ 出典 目頭切開、眼瞼下垂術、涙袋ヒアルロン酸を行ったという、みかんさん。 ブログ内では手術の経過が画像付きで説明されていますので、百聞は一見にしかず、ぜひ、あなたの目で変化を確認してみて下さい。 クッキリ二重を実現させたブログ 出典 手術前の画像がありませんが、手術直後からの生々しい画像が掲載されていますので、手術後の経過がよくわかります。 傷跡の状態なども、きちんと確認することができますよ。 まとめ 埋没法と目頭切開法の違い、目頭切開法のメリット・デメリット、実際受けられた方のブログなどを詳しくご紹介させて頂きました。 どちらが優れているということはいえませんが、元に戻る心配がない目頭切開法は、目元整形をしっかりやりたい方には適している方法かもしれません。 これから目元の美容整形をお考えの方は、技術のしっかりしたクリニックを選ぶことがなによりも大切ですので、ご自身にあったクリニックをじっくりと選び、失敗のない目頭切開を受けてみてはいかがでしょうか。

次の