メルシー ポット 使い方。 メルシーポットって実際どう?使い方は?看護師が体験談からレビューします【電動鼻水吸引器】|看護crisis

メルシーポットの使い方!新生児も大人も使える!吸わない原因についても

メルシー ポット 使い方

電動鼻水吸引機「メルシーポット」を購入したので詳しくレビュー紹介します。 「子供が小さいので鼻をかむことができない」 「鼻水が詰まって、夜泣きがひどい」 「せっかく治った風邪が再発を繰り返す」 こんな悩み小さなお子様をもつ親なら誰でもありますよね。 そんな時に鼻水吸引機を使えば、操作も簡単で、おもしろいぐらい鼻水を吸引してくれます。 数ある鼻水吸引器の中でもここ数年一番人気があるのがベビースマイル「メルシーポッド」 でも、いざ購入するとなると、良い点ばかりじゃなく悪い点もしっかり知ることで後悔ない買い物になります。 そこでこの記事ではメルシーポットを購入して3年ほど使ったリアルな感想を紹介します。 メルシーポッドの購入を検討されてる方は、是非参考にしてみてください。 吸引器本体• 専用ACアダプター• 吸引チューブ• チューブストッパー(ベビちゃんクリップ)• ノズルコネクター• シリコンノズル2個• 取扱説明書• 添付文書 組み立てるとこんな感じ。 見た目もシンプルで可愛いですね。 白いボディに清潔感があります。 誰でも簡単に操作できるようになっています。 さらに漫画で描かれた説明書マニュアルもついています。 保育園の通い始めたころは、月の半分以上を休んでいた娘。 しかし、メルシーポットを使い始めて、風邪が長引かなくなったし、中耳炎で耳鼻科に行くことが本当になくなりました。 おかげで保育園を休むことが少なくなりました。 さらに、風邪を引いた時も風呂上がりや寝る前に吸引してあげると、呼吸が楽になって朝までぐっすり寝てくれるようになりました。 スイッチを入れて、ノズルを赤ちゃんの鼻に入れるだけです。 たったこれだけで誰で簡単に耳鼻科みたいに鼻水を吸引できます。

次の

メルシーポットの使い方のコツが知りたい!もう鼻づまりで苦しまない

メルシー ポット 使い方

うまく取れなくてイライラしますよ(汗) 掃除が大変にならないよう鼻水を吸引する時は合間に水を吸引するのがおすすめ。 コップに水を入れておいて吸引の途中で水を吸うようにします。 合間で水を吸引すれば、ネバネバ鼻水がノズルの中で固まる前に流しとってくれます。 吸引に夢中になるのは分かりますが、後のことも考えてノズルのケアにも注意してみてください。 ノズルの中で鼻水が固まってしまうと掃除が大変になってしまいます。 そんな状況を避けるために、吸引が終わったらノズルだけ取り外して水洗いしましょう。 吸引後すぐなら水道の水圧で十分にノズルの中を掃除することができます。 ズボラな方法ですがこれだけやっておけば最低限は掃除できているのでOKです(笑) メルシーポットの使い方は簡単2ステップ• パーツを組み立ててセット• スイッチを入れて吸引スタート 使いこなすコツ• ノズルの先を潰して吸引力UP• お風呂上がりに吸引する カンタン片付けのコツ• 水を吸ってノズルをしっかり掃除• ノズルを外して簡単お手入れ メルシーポットは直感的に使えるシンプルな吸引器。 吸引から片付けまで簡単にできるのでストレスなく使うことができます。 少しの工夫で吸引力を強くできたり片付けを簡単にできるのでいろんな人の使い方を見てみると面白いですよ。 これからメルシーポットを使う人はぜひ今回紹介した使い方とコツを参考にしてください。 メルシーポットをまだ持っていない人はこちらの記事もおすすめです。

次の

メルシーポットS

メルシー ポット 使い方

電動鼻吸い器のメルシーポットを買ったらいいっていう話をよく耳にしますが、 「何歳から何歳まで使えるのかしら?」 「本当に買って損はないのかしら?」 「デメリットもあるんじゃない?」 「コスパも気になる~」 こんな思いになってるママたちが多いことでしょう。 赤ちゃんの鼻が詰まるとおっぱいを飲むのも息苦しくてよく飲めなかったり、眠れなかったりっていうことがあります。 そんな赤ちゃんの姿を見ると、なんとかしたいって思いますよね。 メルシーポットは多くの先輩ママたちが使ってみてよかったと称賛している育児用品の一つでもあるのです。 でも購入するには、ちょっとお値段が高いという印象があり、躊躇しているママたちも多いですね。 そこで今回は• メルシーポットが何歳から何歳まで使えるのか?• コスパはどうなのか?• デメリットはあるのか?• 買って損はないか? などをママたちの口コミも一緒に調べてみました。 メルシーポットの購入の参考になること間違いなし! Contents• メルシーポットを買うか迷っている。 そんなあなたに! メルシーポットを買おうかどうしようか迷っているあなたに、メルシーポットの購入をおススメします! メルシーポットってどんなもの? そもそもメルシーポットがどんなものなのでしょう? 一言でいえば 鼻水を吸ってくれる機器なのです。 鼻吸い器には、• 手動タイプ• 電動据え置きタイプ• 電動ハンディタイプ の3種類があります。 これらの特徴をまとめてみました。 タイプ 様式 特徴 手動タイプ 手動・口で吸うタイプ• 吸う力を調節できる• 赤ちゃんを抱っこしながら吸うのが難しいことがある• パパ、ママへの感染が心配 電動 据え置きタイプ 電動・コンセントに差し込んで使う• 価格が高い• 吸う力が強力で短時間で頑固な鼻水を吸い取ることができる• 使い方が簡単で赤ちゃんがぐずってもあやしながら使える• 音が大きく、使える場所が限られている 電動 ハンディタイプ 電動・コードレス、充電式、乾電池• 価格は手動より高いが、電動据え置きタイプよりは安い• コードレスなので持ち運びに便利• 吸う力も強力• 音が静かで、使い方も簡単。 メルシーポットは、この 電動据え置きタイプの鼻吸い器なのです。 今まで、手動タイプのものを使ってみた人たちは、電動タイプを使うと、素早くしかもネバネバ鼻水までスッキリ取れるので、満足度が高くなっています。 鼻吸い器って必要? ところで、鼻吸い器って必要なの? そんな疑問を持ってるママたちも多いですよね。 先輩ママの私から言わせてもらうと、 鼻吸い器は必要です! 新生児から満2歳ごろまでの赤ちゃんは、鼻が詰まっても自分で「フン!」とかむことができません。 赤ちゃんの鼻水を吸ってあげないと、こんなことが起こります。 赤ちゃんの機嫌が悪くなる• よく眠れない• 垂れてくる鼻水を拭いてあげると鼻の下が赤くなる• 鼻水から中耳炎につながる可能性がある• 咳や痰の原因にもなる なので鼻水を吸ってとってあげると、スッキリしてよく眠ることができますし、鼻の下が赤く荒れることもありません。 中耳炎も予防できますね。 もちろん、病院に行けば、鼻水をとってくれますよね。 でも病院に毎日行くのも大変だし、鼻水は朝から夜まで時間を問わずにでてきます。 なので、自宅で簡単に鼻水がとれたら、とっても便利なんです。 メルシーポットってあったほうがいいの? 赤ちゃんの鼻水を吸い取る鼻吸い器があれば便利なのですが、電動据え置きタイプのメルシーポットを買ったほうがいいのか? ここでまた疑問がでてきますよね。 買って後悔した人はいない! と言えるくらいに、メルシーポットを使った人たちは「 買ってよかった」と思っているのです。 口で吸う鼻吸い器で鼻水取り切れず中耳炎になってしまったムスメ、メルシーポット買ってからは鼻風邪引いても中耳炎になってない! メルシーポット最高!! ママ鼻水トッテとメルシーポット 持ってますが、いまや育児三種の神器の一つにしたいくらいメルシーポットの存在でかいです。 鼻水・咳・痰では病院いらずです — のきは@5y🚺3y🚹1y🚺 nokihamam お子さんの鼻づまりや咳などにすぐに対応できて便利だという方もいますね。 出産準備したものの中で1番役に立ってるわ。 — こりっぱ corippachan 出産準備の時点ですでに購入した方もいます。 役立ってるので買っておいてよかった~とのこと。 購入前に気になることも、これからさらに見ていきますよ! メルシーポットは何歳から何歳まで使える? メルシーポットは何歳から何歳まで使えるのでしょうか? 「子どもが小さい間の1,2年使うくらいなら、買わなくてもいいんじゃない?」 「そのうち使わなくなるんだから、もったいない。 」 こんな心配もありますよね。 メルシーポットは生まれたばかりの 新生児から使えます。 そしていつまで使えるか? 大人まで使えます! 【電動鼻吸い器】お持ちの方! もしくは、お使いの方! 何を使ってますか?… そして、使用感はどうでしょうか? 息子の風邪からの鼻水がなかなか 治らなくて導入を考えてます.. 大人でも鼻をかんでいると鼻の下が赤くなって痛いですし、鼻が詰まっているとイライラもしてきます。 それもメルシーポットで解消できるのですから、うれしいですよね。 メルシーポットのデメリットは? どの商品でもデメリットというのはあるものですね。 メルシーポットのデメリットはどんなものがあるでしょうか? 音が大きい よく耳にするのがこの「 音が大きい」という点です。 赤ちゃんの鼻水で悩んでるお母さん多いですよね。 うちはメルシーポットという、電動の鼻吸い器を購入しました。 大人も使えるので、鼻炎で悩んでるお母さんは検討してみてください。 そして、吸ってしまうと赤ちゃんもスッキリして機嫌がよくなってしまうので、やめられないっていうママたちもたくさんです。 掃除が面倒 次にあげられるデメリットは 掃除が面倒という点。 基本的に、メルシーポットの掃除は 1日1回でOK. 一回吸い取ったら、ノズルとホースは水洗いし、他の部品も1日1回、外して丸洗いできるので簡単です。 ただ、それも面倒に感じることってありますよね。 赤ちゃんのお世話をしていると特にそうです。 よくわかります。 でも赤ちゃんのためなので、掃除は気を付けたいですね。 値段が高い メルシーポットが良いって話は聞くけれど、すぐに「買おう!」と踏み切れない理由の一つがコレですね。 1万円を超えるので、考えてしまうのも仕方がないです。 が、 高くても買ってよかったという人は多いです。 メルシーポットはコスパはいい? 高いものを買うので、コスパがいいのかどうかというのは、一番気になるところですよね。 鼻水のために通院するよりはよい 赤ちゃんの鼻水をとるためだけに通院するママもいるんですね。 でも毎日鼻水をとるために病院に行くってどうでしょう? 準備して赤ちゃん連れて病院行って帰ってきて・・・けっこう大変ですよね。 その時間と手間を考えると、自宅で鼻水スッキリできるのなら、お金には代えられない良さがあります。 また、共働きのパパやママだと、どちらかが休んで病院に連れて行かないといけないということもありますし、風邪をこじらせたり、中耳炎になってしまったら、さらに医療費もかかってくるわけです。 そういったことを考えるとコスパはよいですよ。 何年も使える 仮に一人っ子だとしても、新生児から小学生くらいになるまで、風邪をひく回数は年に何回もありますよね。 保育園などに通い始めると、よく風邪をもらってくるものです。 小学生になっても、風邪をひかないという保証はありません。 そう考えると、鼻水を拭いて鼻の下が赤くなるより、スッキリととれるメルシーポットが便利ってことになり、何年も使えるわけですね。 一人目が大きくなっても、二人目三人目と使うこともありますから、10年くらい使えると思ってもよいでしょう。 1~2年で使えなくなるベビー用品よりはずっとコスパが良いですね。 家族みんなで使える 先にもちらっと触れましたが、メルシーポットは赤ちゃんだけが使えるわけじゃありません。 兄弟みんなで使うことはもちろん、大きくなってからも、さらには大人も使えるので、家族みんなで使えるっていうことになりますね。 家族みんなで使えるということで コスパは良し!ですね。 メルシーポットの口コミ ここでメルシーポットの口コミを紹介していきますね。 買ってよかった これ相互さんのが見たいので流しとく。 ありがとうメルシーポット。 名前のとおりにありがとう君のおかげ!!ってなる。 全親メルシーポット必需品だ。。。 子どもが小さいころは、年中鼻水垂らしてるということもよくあります。 よくない口コミ? こんな口コミもありました。 でも、コツをつかんでしまえば、鼻血を出さずに鼻水を吸引できますよ。 どんな商品でもよい口コミもあれば、よくない口コミもあるものです。 それは個人の感じ方の違いなので、参考にだけしておけばよいでしょう。 良くない口コミよりも、買ってよかった!買って損はない!という口コミが断然多いので、迷ったときの参考にしてくださいね。 メルシーポットの最安値はいくら? メルシーポットの最安値はズバリこちらです!.

次の