お宮参り 京都。 お宮参りの服装は何を着ていけば良い?赤ちゃん・両親・祖父母の決め方は?

京都つじべんの高級宮参り着物(祝着・初着・産着)厳選百選

お宮参り 京都

それはそれで先々振り返った際に、良い思い出となることもあるかもしれませんが、お子さまの最初の行事である「お宮参り」を ビシっ と決めておくことで、義父母へもちょっとしたアピールになるかもしれません。 ここは新米パパ・ママの腕の見せどころになります! 最近のお宮参りは、しきたりに囚われることなく夫婦やその両親の都合によって自由な形式で行われる傾向が強くなっています。 とは言え、赤ちゃんの誕生への感謝の気持ちと健やかな成長を願い、神様の前で報告する儀式ですので、最低限のマナーを持って参拝するようにしましょう。 それでは早速、お宮参りを成功させる為のマナーについてご紹介していきたいと思います。 参拝する神社の選び方 お宮参りは、 赤ちゃんが生まれた土地またはこれから育って行く自宅から一番近い場所にある神社にお参りに行くのが一般的です。 神主さんに祝詞(のりと)を読みあげて貰える神社であれば、どこで参拝しても問題ありません。 せっかくだから、遠くても有名な神社に出かけたい!という声も聞かれますが、 赤ちゃんの体調を最優先に考え、遠出は避ける方が望ましいでしょう。 そうでなくとも、お宮参りには住んでいる地域の産土神さまへのご報告する場という意味もありますので、一度は近所にある神社にもご挨拶に出掛けておくことをおすすめします。 神社へお支払する謝礼 初穂料 はつほりょう 初穂料とは、 神様への奉納物の初穂の代わりに納める金銭になります。 古来、日本は稲作中心の文化であったため、神様へ感謝のお気持ちを込めて、その年初めて収穫された稲穂(初穂)をお供えしていました。 貨幣が生活の軸となった現代も、元来の意味を尊重して「初穂料」という言葉が使われています。 初穂料は「お宮参り」だけでなく「安産祈願」「七五三」「合格祈願」など神社で執り行う祭事で幅広く使われています。 皆さんは、神社への謝礼金を意味する言葉として「玉串料(たまぐしりょう)」という言葉も耳にしたことはありませんか!? 「神様へ捧げるもの」に変わりはありませんが、字の通り意味が少し異なってきます。 玉串料 玉串料とは、 祈祷の際に必要となる榊に紙垂(しで)を付けた玉串の代わりに納める金銭になります。 初穂料の初穂と同じように、神様にお供えすべき玉串を用意できない代わりに「お金」をお供えするようになっていったのです。 玉串料も、神社で執り行う殆どの祭事で使われています。 では初穂料と玉串料にはどのような違いがあるのでしょうか!? 基本的に「お宮参りの謝礼」としてお支払いする場合、神社によって呼び方が異なるだけですので、のし袋にはどちらか一方を表書きすれば問題ありません。 不安な場合は、事前に神社に書き方を確認しておくと良いでしょう。 謝礼金額の相場は!? お宮参りの謝礼として包む金額の相場は、 地域や神社によって異なりますが「3,000円~10,000円」が一般的となっています。 金額を指定されていることもあれば、「お気持ちですので…」と指定をされないこともあります。 相場が分からないので、と素直に神主さんに教えを請うのも有効ですが、それでも不明な場合には周囲の方に確認しておくと安心ですね。 この辺りは事前にパパ・ママで決めておかないと、神社についてから「いくらにする?」「誰が払う?」と見栄えの悪いやりとりが起きてしまいかねません。 必ず事前に確認し決めておくようにしましょう! お参り中に赤ちゃんを抱っこするのは誰? お宮参りの際は、赤ちゃんを抱っこしてお祓いを受けることになります。 この際、 赤ちゃんは父方の母 パパ側のおばあちゃん が抱っこをするというしきたりを聞いたことがありませんか!? このしきたりは、出産をしたママの身体には「けがれ」が残っているため、「神様にお払いをしてもらうまではママに赤ちゃんを抱っこさせてはならない」という考えの名残でもあると言われています。 さらに、産後間もないママの身体を気遣うという意味も込められているようです。 正式なお宮参りの参列者は、赤ちゃんとパパとママに加え父方の祖父母ですが、初孫の場合などは両家が揃うこともあります。 またおじいちゃん・おばあちゃんが遠方にお住まいの場合は、パパ・ママと赤ちゃんだけで参拝をされるご家庭もあるかと思います。 現代はマナー違反として白い目で見られることはないので、しきたりにとらわれすぎずに、赤ちゃんの健やかな成長を家族みんなでお祈りしてあげましょう。

次の

お宮参りの服装は何を着ていけば良い?赤ちゃん・両親・祖父母の決め方は?

お宮参り 京都

お宮参りと氏神様 氏神様とは、住んでいる土地の人々を守っている神様のことをいいます。 産土神(うぶすながみ)とも呼ばれます。 生まれた土地の守り神のことをさします。 生まれた土地の守神にお参りすることをさします。 お宮参りと水天宮について 赤ちゃんの誕生を祝い、健康と長寿を祈る儀式をお宮参りと言います。 上記で述べたように、赤ちゃんが生まれた土地の守り神である産土神様にお参りするのが一般的なのですが、このお宮参りの際に、お母さんの安産のお礼参りも兼ねてお参りをする風習もあります。 安産の神様といえば水天宮が良く知られていますね。 水天宮には安産、子育ての神様という信仰があるため、全国各地の水天宮に安産のお礼と、赤ちゃんの健やかな成長を祈るお宮参りを合わせて一緒にお参りする風習があります。 赤ちゃんやお母さんの体調と相談して、良い日を選んで下さい。 特別に大袈裟に考えずに、家族皆で近くの神社(氏神様)に、赤ちゃんと一緒にお参りし、健康と長寿を祈る儀式と考えて下さい。 [男の子は生後31日目] [女の子は生後32日目] お宮参りの時期は、正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とされていますが、これらにこだわらずに柔軟に考えて下さい。 例えば昨年(2013年)お宮参りをした筆者の親族の例(関東地区)では、お宮参りは生後1ヶ月を過ぎてから、生後2ヶ月までの間の土日のうち、お日柄の良い日を選んで、赤ちゃんと両親と両家の祖父母とで神社にお参りをしました。 このように「時期」に関しては柔軟に考えて良いでしょう。 土日を選んだのは赤ちゃんの父親の仕事の都合です。 平日でももちろん構いません。 赤ちゃんやお母さんの健康に配慮し、お天気の良い日なら、なお良いですね。 [お宮参りはいつまで?いつまでに] お宮参りを生後何ヶ月までにしなくてはならないという決まりはありません。 赤ちゃんとママの体調を優先して日取りを決めます。 また真夏の暑い時期を避けたり、冬生まれの子は冬場の厳寒期を避けたりずらしたりすることもあります。 ご家族で良く話し合って生後六ヶ月くらいまでの間にお参りしましょう。 [お宮参りと春・夏・秋・冬] お宮参りの季節(春・夏・秋・冬)に決まりはありません。 しかし例えば真夏の猛暑日、あるいは真冬の厳寒期にお宮参りをするのは赤ちゃんにとってもお母さんにとっても身体に負担がかかります。 暑さや寒さが特に厳しを避けたり、時期をずらしても良いのです。 北海道や新潟の雪深い地域などでは厳寒期を避けお宮参りをずらすことも多いようです。 [お宮参りと大安] 最近は六曜(大安・仏滅などのお日柄)を気にせず赤ちゃんやママの体調や、赤ちゃんの両親(および祖父母)の仕事がお休みの日を選んでお宮参りをするご家族が多いのですが、お日柄にこだわり、大安の日にお宮参りをするご家族もいらっしゃいます。 お日柄としては、大安はもちろん最良の日ですが、他に友引、先勝の日の午前、先負の日の午後などが好まれます。 おさい銭をあげ、鈴を鳴らし、2礼する。 その後、大きくかしわ手を2回打ち、1礼。 このページの次項で説明していますのでご参照下さい。 初詣などでも同様です。 ニ拝二拍手一拝とも言います。 (先日NHK-TVで得た情報ですが、「礼」は浅いおじぎであり、より深いおじぎが「拝」だそうです。 ニ拝二拍手一拝のほうが、より心のこもったお参りとなるそうです。 七五三の際には昔はお参りのあとで千歳飴を持って挨拶まわりをしました。 犬張子(いぬはりこ)はお産の軽い犬にあやかって安産祈願にも用いられますが、魔除けとしてお宮参りのお祝いに贈られることもあります。 お宮参りのお祝いに贈る際には、でんでん太鼓とセットにして販売しているものを良くみかけます。 「お宮参り」というひとつの節目に一同が顔を揃えてお祝いをすることに意義があります。 お店側でお部屋や献立に気を配ってくれることがあります。 また、家に戻ってからみんなでゆっくり食べられるように仕出しの祝い膳を予約手配しておくという手もあります。 もちろん家庭で手作り料理(お赤飯など)でお祝いをしても構いません。 (2-3)お宮参りの服装 ポイント お宮参りの服装お宮参りには、正式には妻の実家が送った祝着を着せます。 レンタル(貸衣装)を賢く利用するのも良いでしょう。 備考 【両親・祖母、正式なお宮参りの着物】 赤ちゃんが、きちんとした祝着なら、おばあちゃんや両親の服装もしきたりどおりに留め袖などの正装になります。 しかし、最近では色無地(着物)、訪問着など、略礼装でも充分です。 両親と赤ちゃんだけでお宮参りをする場合は、父親がスーツで、母親が色無地(着物)などになります。 上記はお宮参りの正式な服装を知りたい方のためにご紹介しましたが、「お父さんはスーツ、お母さんはスーツまたはワンピース」といった具合に、両親の服装の格のバランスが取れていれば良いでしょう。 あまり堅苦しく考える必要はありません。 慣れない着物を着て出歩くのは結構疲れるものです。 お母さんの体調を優先して下さい。 赤ちゃんが着る祝着は「お宮参り」のときに1度しか着ませんのでもったいない気がしますね。 ベビードレスは、その後もちょっとしたお出かけに着られるものを選ぶのが実用的です。 生まれて来た赤ちゃんがお金に困らないようにという願いがこめられているそうです。 地方によっては、扇子や犬張子なども一緒にぶら下げてお参りをする地域があります。 地元の年配の方に相談する等、その地域の風習に従って下さい。 上記では、代表的な風習として「お祝いとは別に渡す」と書きましたが、お祝いの代わりに渡す地域もあるようです。 ひとつは、近所の人や親族の家からのお祝いとして「鈴木」「佐藤」など贈り主の姓を書くというもの。 こちらのタイプの書き方が一般的です。 もう一つは、生まれた赤ちゃんに対して、周りの子どもがあげるお祝いということから親戚の子どもたちの名前を書くというものです。 関西地区では、お宮参りのセットの中に「紐銭」も入れて販売されていることもあるようです。 3.お宮参りの際の、神社へのお礼・費用 お宮参りの費用 お宮参りの費用の主なものは以下のとおり。 このときに渡す神社への謝礼について(3-1)(3-2)で解説します。 「お宮参りの、神社へのお礼」 のし袋・熨斗袋の書き方 (3-1)表書きの書き方、神社へのお礼 初穂料は誰が支払払う お宮参りのマナーとポイント 表書きの書き方 神社へのお礼はのし袋か白い封筒に入れる祝詞(のりと)をあげていただいた場合には、そのお礼として白い封筒か、のし袋にお金を入れて用意します(現金を包みます)。 のし袋の表書きは、「御初穂料」「御玉串料」「御礼」などとし、下段は赤ちゃんの名を書きます。 読み方が難しい場合にはふりがなをふりましょう。 のし袋の場合の水引きは白赤の蝶結びのものを選びます。 【神社へのお礼・初穂料は誰が支払う?】 お宮参りの神社へのお礼・初穂料は誰が払うかの決まりはありません。 両親と赤ちゃんだけのお宮参りのときには両親が払うこともあります。 祖父母が同行する場合には父方・母方いずれかの祖父が初穂料を出すこともあります。 例えば祝い着を母方の実家で用意した場合、神社への初穂料やお祝いの食事会の費用を父方の実家が持つなど、両家で話し合って決めます。 のしの 水引きは白赤の蝶結びで「御祝」など。 できれば生後30日頃までに贈りましょう。 予算は、いただいた品の金額の半額を目安にし、紅白の蝶結びののしを用います。 上段は「内祝」下段には赤ちゃんの名を書いて品物を贈ります。 里帰り期間の長さにもよりますが 目安は5万円程度です。 妻の実家ではあってもお世話になった期間の生活費を一部でも負担するのがけじめと考えられています。 ただ、これからの子育てには大変なお金がかかります。 お返しやお礼の費用として無理をして多額の金額を用意する必要はありません。

次の

京都つじべんの高級宮参り着物(祝着・初着・産着)厳選百選

お宮参り 京都

赤地にまりの柄 桜の花柄、花びら柄 赤地に、摺り疋田、笛、友禅布 刺繍松尽くしに、金銀の流水 黒地 打ち出の小槌に老松・宝尽くしの柄 黒地に犬張子柄.鞠に太鼓、独楽の柄などの、昔懐かしの子供柄 ゴールド枠とシルバー枠のお宮参り初着の違いについて ゴールド枠の商品は、お宮参り初着の表地・裏地と、下着、 袖のフリに至るまですべて正絹の特別なお宮参り初着です。 シルバー枠は、お宮参り初着の表地が正絹。 初着の裏地、下着・袖のフリはポリエステルのお宮参り初着です。 宮参り着物の下着と袖のフリについて 宮参り着物は、赤ちゃんが初めて着る礼服です。 女児は、着物と下着と2枚重ねを着せます。 男児は、黒羽二重の5つ紋付の着物と下着の2枚重ねが正式です。 本来は、2枚重ねの着物の下には、長襦袢を着せますが、現在は、長襦袢の身頃の部分を省略して「袖」だけを着物に付ける仕立て方になっております。 当社では、その「袖」の部分を「袖のフリ」と称しており、すべて正絹の宮参り着物の場合は、着物の色柄に似合う下着や袖のフリをコーディネイトして、仕立てております。 七五三の三つ参りの時は、この袖のフリを着物から外して、身揚げをして着せます。 シルバー枠の お宮参り女の子着物下着 シルバー枠お宮参り女の子着物の下着は、薄ピンク地の合繊の生地です。 袖には、袖のフリ(赤地)の生地(合繊)が着物についています。 この袖のフリは、身頃を省略した長襦袢の名残で付いています。 七五三の三つ参りの時は、この袖のフリを着物から外して、身揚げをして着せます。 シルバー枠の お宮参り男の子着物下着 シルバー枠のお宮参り男の子着物の下着は、白地のポリエステルの生地です。 袖には、袖のフリ(薄ブルー)の生地(合繊)が着物についています。 この袖のフリは、身頃を省略した長襦袢の名残で付いています。 七五三の三つ参りの時は、この袖のフリを着物から外して、身揚げをして着せます。 赤地 毬に桜・宝尽くしの柄 (金駒刺繍入り) 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) ピンク地に鈴と花輪柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地に、摺り疋田、笛、友禅布の柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地に牡丹、椿、杜若、など花柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) ピンク地 花輪に吉祥文様 (金駒刺繍入り) 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) ピンク地に赤の桶出し絞り。 鞠に鈴と花柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 紺紫地、霞に花輪 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 白地に鞠打ち出の小槌犬張子 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) クリーム地に赤ボカシ 毬と花柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 亀甲、青海波、七宝、文様の中に宝尽くし 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 犬張子と玩具 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 薄いピンク地、井形の中に花尽くし 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地にまりの柄 桜の花柄、花びら柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地に花篭の柄 桜にイチョウの柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) ピンク地の地色に、花笠の柄 桜、梅、菊、かえでの柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地 毬とわらべ柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地に花輪、貝合わせに宝袋の柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 白地にピンクの桶絞り鼓に花柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 薄いピンク地に鞠、鼓に花尽くし 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 濃いピンク地に赤桶出し絞り鞠柄。 黒地にクリーム色の深緑 の色ぼかし かぶとの柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にクリーム色の深緑 の色ぼかし 鷹の柄に かぶとの柄、熨斗柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に翼を広げた鷹の柄、 松竹に吉祥文様 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にかぶとの柄、 鞍、矢、鎧の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に色ぼかし、 かぶとに宝船柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に色ぼかし鷹に束熨斗 、軍配、打出の小槌 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に鷹の柄にかぶとの柄 片輪車によろいの柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にかぶとの柄に 桜の花柄、打ち出の小槌 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に鷹の柄、束ね熨斗 打ち出の小槌、巻物柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地 刺繍の鷹の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にぼかし、かぶとの柄 巻物、打ち出の小槌 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にかぶとの柄、巻物 打ち出の小槌、軍配の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に鷹の柄 束ね熨斗の柄、片輪車の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に鷹の柄 束熨斗の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にかぶとの柄に 軍配に矢羽、太鼓の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) グレー地にかぶとの柄 几帳の柄に打ち出の小槌柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に鷹の柄 束熨斗の柄に、松の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に刺繍のかぶとの柄 軍配、宝袋 重ね雪輪の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に絞り、束熨斗柄 刺繍のかぶとの柄、打ち出の小槌正絹 お宮参り男の子着物(祝着・初着・産着) 黒地に、熨斗柄の絞り加工 刺繍の鷹の柄 正絹 お宮参り男の子着物(祝着・初着・産着) 刺繍の鷹の柄、絞り加工 金駒刺繍の松の柄に、矢の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 刺繍の鷹の柄 扇面に鼓の柄、家紋柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着).

次の