釜山 港 へ 帰れ 歌詞。 釜山港へ帰れ テレサ・テン 歌詞情報

釜山港へ帰れ

釜山 港 へ 帰れ 歌詞

概要 [ ]• 、が『女学生のためのチョー・ヨンピル ステレオヒットアルバム』 ( 여학생을 위한 조용필 스테레오 힛트 앨범) で発表した。 、チョーが歌詞を改めて再レコーディングしたものが韓国国内で大ヒットした。 本国韓国ではをはじめ約60人の歌手がしており、またに本拠地を置くプロ野球チームのとして、広く歌われている曲である。 による版の作詞では、で帰ってこない男性を待つ女性の心情が歌われているが、原詞では(日本へ)行ってしまったきり帰ってこない兄弟が歌われている。 なお原題を直訳すると「帰ってこい釜山港へ」(「帰ってきてよ、釜山港へ」 )となり、訳題は倒置されている。 日本での受容 [ ]• これが本楽曲が日本に紹介された最初とされる。 続いて1979年に、(殿キン)が「泪の波止場」というタイトルでシングルを発売した。 殿キン版の歌詞はほぼ大部分が「釜山港へ帰れ」(の訳詞)と同じではあるが、釜山港というフレーズの部分は違う歌詞となっていた(作詞者は同じく三佳令二である)。 さらに日本では1983年、チョー・ヨンピルが来日時にで歌い注目され、16人の歌手による競作となる。 中でもがロック調にアレンジして歌ったものが70万枚を超える (または80万枚 )大ヒットとなったほか、チョーが歌ったものが26万枚 、李成愛が歌ったものが20万枚 を売り上げ、競作累計では150万枚以上 を売り上げた。 、もこの曲をカバーした。 シングルとして発売したものは渥美やチョー、李の他、、、、、、、、、(「釜山港へ帰れ(泪の波止場)」の曲名)らがいる。 なお、日野(A面曲は「想い出グラス」)、松浦(A面曲は「盛り場ぐらし」)、水野(A面曲は「大田ブルース」)はB面扱いである。 チョー、増位山、北原、李、桂、水野のバージョンは2番がで歌われている一方、殿キン、渥美、美川、日野、内田、松浦、山口の発売したシングルでは全編日本語詞である。 1983年11月8日には『』()にて渥美とチョーが共演。 同年11月14日には『』(系)にて渥美やチョーをはじめカバーした歌手が大挙集まっての歌唱が行われた。 収録曲(チョー・ヨンピル日本盤シングル) [ ]• ミオ・ミオ・ミオ(にくい・にくい・にくい) (原題: 미워 미워 미워) - 2分37秒 作詞:/日本語詞:/作曲:/編曲:入江純• 釜山港へ帰れ (原題: 돌아와요 부산항에) - 3分20秒 作詞・作曲:/日本語詞:/編曲:入江純 渥美二郎のシングル [ ] 「 釜山港へ帰れ」 の 釜山港へ帰れ 流れギター リリース 時間 3分55秒 (作詞) (作曲) チャート最高順位• 週間5位()• 1984年度年間32位(オリコン) シングル 年表 思い出のひと () 釜山港へ帰れ (1983年) 北のものがたり () 『 釜山港へ帰れ』(プサンこうへかえれ)は、に発売されたの11枚目のシングル。 収録曲 [ ]• 釜山港へ帰れ 作詞:/作曲:/編曲:• 流れギター 作詞・作曲:/編曲: 歌詞盗用問題 [ ]• 、この歌の歌詞はほかの歌の作詞を盗用したものとして訴えを起こされた。 訴訟を起こしたのは歌謡曲「港へ帰れ」(発表)の作詞者キム・ソンスル(芸名:)の母親で、黄善友に対して1億7800万の損害賠償の支払いと日刊3紙に弁明広告を出すよう求めるものだった。 「忠武港へ帰れ」のでは兄弟ではなく別れたを歌っていた。 作詞者キム・ソンスルはこの曲を発表した後に軍へ入隊し 、休暇中の、でした。 、民事12部はに3000万ウォンの支払を命じる原告一部勝訴の判決を下した。 しかし原告側は不服とし控訴、、原告側が主張した日本国内料などを考慮して1億6000万ウォンとした。 冬柏島(・冬柏公園)• 脚注 [ ] []• 2007年6月5日. 2012年3月4日閲覧。 조선닷컴. 2006年3月22日. 2012年3月4日閲覧。 ZAKZAK. 2006年3月23日. 2012年3月4日閲覧。 註 [ ].

次の

釜山港へ帰れ 歌詞 鄧麗君 ※ www.socialinterview.com

釜山 港 へ 帰れ 歌詞

釜山港は韓国第二の都市、釜山にある国際港。 日本からは福岡、下関、対馬、大阪とを結ぶ旅客船がやってくる場所であり、港にはコンテナ船も停泊しています。 釜山港は金海空港とともに釜山旅の玄関口です。 韓国語では「トラワヨ プサンハンエ(돌아와요 부산항에)」という題目です。 「釜山港へ帰れ」は1976年に韓国の国民的歌手であるチョー・ヨンピルが歌って大ヒットとなった名曲。 その後日本語歌詞ができ、渥美二郎や李成愛(イ・ソンエ)が歌ったほか、ここ数年では氷川きよしもカバーするなど、数々の歌手たちに歌い継がれている名曲です。 [「釜山港へ帰れ」] この歌は日本語と韓国語では歌詞の意味が異なります。 韓国語版では日本へ行ってしまった兄弟のことを歌っているのに対し、日本語版は「あなた」という二人称で「男性を待つ女性」が歌われています。 いずれにせよ「釜山港」と聞くと、哀愁を感じさせるこの曲を思い出すことでしょう。 ハブ港としての釜山港 釜山港といっても、韓国への旅で利用する釜山港は「国際旅客船ターミナル」なので、観光客にとってはそれ以外の役割が忘れられがちです。 しかし釜山港はアジアを代表する貿易港でもあり、近年ハブ港としての地域を確立しており、日本への物資も日本からの物資もこの釜山港を経由して届くのです。 日本人観光客はもちろん、韓国人観光客にもよく利用されています。 釜山港はどんな場所にある 釜山港のなかでも旅客船ターミナルは、釜山駅の裏手に位置してるため、駅のテラスからも間近に見ることができます。 徒歩でも6~7分程度なので、多少の重い荷物を持っていたり、キャスター付きのキャリーケースを運ぶくらいなら移動は特に問題ないでしょう。 韓国では両替手数料の高さは一般的に「銀行>公認両替所」となります。 釜山では南浦洞にある両替所が手数料では最もお得だといわれています。 空港で交通費程度のお金を両替しておき、南浦洞でまとめて両替するとよいでしょう。 いくつかカウンターがあるので現地で契約して使用しても良いでしょう。 事前に予約しておく方法もあります。 基本的にはどの会社も値段はほぼ同じで似たり寄ったりのサービスです。 SIMフリーの携帯電話を利用している場合はの利用もおすすめです。 こちらは事前に日本で購入しておきましょう。 釜山港から、南浦洞への行き方は? 釜山港へ着いたらまずは、釜山観光の中心地である南浦洞・チャガルチ市場へ向かう人も多いことでしょう。 3~4人ならタクシーに乗ってもよいかもしれません(交通状況にもよりますが5,000ウォン程度)。 それ以外の場合は、地下鉄の駅に向かうのが無難です。 地下鉄1号線の草梁駅まで歩いていきましょう。 徒歩では10分程度です。 そこから地下鉄に乗車すれば3駅で南浦洞に到着します。 荷物が多い方は釜山港旅客船ターミナルの前から出ているマイクロバス(有料・交通カードで乗換割引可)に乗り、釜山駅または草梁駅、中央洞駅まで行き、そこから地下鉄に乗って、南浦洞やチャガルチ市場へ向かいましょう。 釜山港を見渡せる夜景スポットをご紹介!~釜山港周辺の観光 釜山港という場所がどんなところにあるか気になるという方のために、釜山港を一望できる場所をご紹介。 KORAIL釜山駅の向かい側にある草梁洞(초량동、チョリャンドン)というエリア。 ここは斜面になっており、登ると海の美しい風景が一望できるスポットです。 [草梁洞の168階段あたりから望む釜山港と、釜山港大橋] 上の写真のように夜景が望める斜面は「イバグギル(이바구길)」といい、直訳すると「ストーリーのある道」という意味になっています。 この道は日本統治時代の近代建築や、地元の草梁市場、そして斜面に作られた168階段などがあり、斜面の一番上は観光客が利用できるゲストハウスになっています。 徒歩7~8分程度。 到着後にホテルのチェックインまでに時間がある場合や、帰国までに時間が余ったときには釜山駅にとどまってもよいでしょう。 釜山駅のデッキや一部のカフェからは釜山港旅客船ターミナルを見渡すことができますし、駅構内には軽食店、書店などがあり、時間を潰すには特に困ることはありません。 釜山駅周辺を歩く場合でもコインロッカーに荷物を預けて出発できます。 釜山の名物テジクッパで有名なお店もありますし、チェーン店もちらほら見られます。 後述する中華街に行けば、韓国式中華料理が味わえたりもします。 [釜山名物・テジクッパ] 詳しくは次の項目のあとのリンク先の記事に書いています。 このあたりは外国人街になっており、異国情緒が感じられる街並みです。 この一帯を歩いているとロシア語や中国語の看板が目立ちます。 また外国人の姿も多く、様々な言葉が聞こえてきます。 ここには華僑学校やロシア系のナイトクラブ、両替所もいくつかあります。 釜山港には釜山銀行の両替所がありますが、一般的には街中で両替するのがレートが良いことが多く、このあたりで両替を済ませてもよいかもしれません。 とくに博多からは高速船の安いチケットが販売されていたりもして、とくに九州からは最も訪れやすい外国の都市であるに違いありません。 そんな釜山港を起点に釜山の旅を楽しんでみましょう。

次の

「釜山港」へ帰れ!「釜山港」から行け!~釜山旅の起点となる国際港

釜山 港 へ 帰れ 歌詞

釜山港は韓国第二の都市、釜山にある国際港。 日本からは福岡、下関、対馬、大阪とを結ぶ旅客船がやってくる場所であり、港にはコンテナ船も停泊しています。 釜山港は金海空港とともに釜山旅の玄関口です。 韓国語では「トラワヨ プサンハンエ(돌아와요 부산항에)」という題目です。 「釜山港へ帰れ」は1976年に韓国の国民的歌手であるチョー・ヨンピルが歌って大ヒットとなった名曲。 その後日本語歌詞ができ、渥美二郎や李成愛(イ・ソンエ)が歌ったほか、ここ数年では氷川きよしもカバーするなど、数々の歌手たちに歌い継がれている名曲です。 [「釜山港へ帰れ」] この歌は日本語と韓国語では歌詞の意味が異なります。 韓国語版では日本へ行ってしまった兄弟のことを歌っているのに対し、日本語版は「あなた」という二人称で「男性を待つ女性」が歌われています。 いずれにせよ「釜山港」と聞くと、哀愁を感じさせるこの曲を思い出すことでしょう。 ハブ港としての釜山港 釜山港といっても、韓国への旅で利用する釜山港は「国際旅客船ターミナル」なので、観光客にとってはそれ以外の役割が忘れられがちです。 しかし釜山港はアジアを代表する貿易港でもあり、近年ハブ港としての地域を確立しており、日本への物資も日本からの物資もこの釜山港を経由して届くのです。 日本人観光客はもちろん、韓国人観光客にもよく利用されています。 釜山港はどんな場所にある 釜山港のなかでも旅客船ターミナルは、釜山駅の裏手に位置してるため、駅のテラスからも間近に見ることができます。 徒歩でも6~7分程度なので、多少の重い荷物を持っていたり、キャスター付きのキャリーケースを運ぶくらいなら移動は特に問題ないでしょう。 韓国では両替手数料の高さは一般的に「銀行>公認両替所」となります。 釜山では南浦洞にある両替所が手数料では最もお得だといわれています。 空港で交通費程度のお金を両替しておき、南浦洞でまとめて両替するとよいでしょう。 いくつかカウンターがあるので現地で契約して使用しても良いでしょう。 事前に予約しておく方法もあります。 基本的にはどの会社も値段はほぼ同じで似たり寄ったりのサービスです。 SIMフリーの携帯電話を利用している場合はの利用もおすすめです。 こちらは事前に日本で購入しておきましょう。 釜山港から、南浦洞への行き方は? 釜山港へ着いたらまずは、釜山観光の中心地である南浦洞・チャガルチ市場へ向かう人も多いことでしょう。 3~4人ならタクシーに乗ってもよいかもしれません(交通状況にもよりますが5,000ウォン程度)。 それ以外の場合は、地下鉄の駅に向かうのが無難です。 地下鉄1号線の草梁駅まで歩いていきましょう。 徒歩では10分程度です。 そこから地下鉄に乗車すれば3駅で南浦洞に到着します。 荷物が多い方は釜山港旅客船ターミナルの前から出ているマイクロバス(有料・交通カードで乗換割引可)に乗り、釜山駅または草梁駅、中央洞駅まで行き、そこから地下鉄に乗って、南浦洞やチャガルチ市場へ向かいましょう。 釜山港を見渡せる夜景スポットをご紹介!~釜山港周辺の観光 釜山港という場所がどんなところにあるか気になるという方のために、釜山港を一望できる場所をご紹介。 KORAIL釜山駅の向かい側にある草梁洞(초량동、チョリャンドン)というエリア。 ここは斜面になっており、登ると海の美しい風景が一望できるスポットです。 [草梁洞の168階段あたりから望む釜山港と、釜山港大橋] 上の写真のように夜景が望める斜面は「イバグギル(이바구길)」といい、直訳すると「ストーリーのある道」という意味になっています。 この道は日本統治時代の近代建築や、地元の草梁市場、そして斜面に作られた168階段などがあり、斜面の一番上は観光客が利用できるゲストハウスになっています。 徒歩7~8分程度。 到着後にホテルのチェックインまでに時間がある場合や、帰国までに時間が余ったときには釜山駅にとどまってもよいでしょう。 釜山駅のデッキや一部のカフェからは釜山港旅客船ターミナルを見渡すことができますし、駅構内には軽食店、書店などがあり、時間を潰すには特に困ることはありません。 釜山駅周辺を歩く場合でもコインロッカーに荷物を預けて出発できます。 釜山の名物テジクッパで有名なお店もありますし、チェーン店もちらほら見られます。 後述する中華街に行けば、韓国式中華料理が味わえたりもします。 [釜山名物・テジクッパ] 詳しくは次の項目のあとのリンク先の記事に書いています。 このあたりは外国人街になっており、異国情緒が感じられる街並みです。 この一帯を歩いているとロシア語や中国語の看板が目立ちます。 また外国人の姿も多く、様々な言葉が聞こえてきます。 ここには華僑学校やロシア系のナイトクラブ、両替所もいくつかあります。 釜山港には釜山銀行の両替所がありますが、一般的には街中で両替するのがレートが良いことが多く、このあたりで両替を済ませてもよいかもしれません。 とくに博多からは高速船の安いチケットが販売されていたりもして、とくに九州からは最も訪れやすい外国の都市であるに違いありません。 そんな釜山港を起点に釜山の旅を楽しんでみましょう。

次の