渋野ひなこ巨乳。 GOLF Movies

渋野日向子の胸が大きい画像!バストが揺れる動画に衝撃

渋野ひなこ巨乳

大物感の漂う大型プレーヤーの誕生だ。 98年生まれの渋野日向子(ひなこ)、20歳がツアー初優勝を飾った。 令和幕開けの女子ツアー、初メジャーの「ワールドレディス・サロンパスカップ」最終日は12日、茨城GC東コースで行われ、首位タイから出た渋野は1アンダー71、通算12アンダーでプロ初優勝をメジャータイトルで飾った。 日本勢の優勝は14年、成田美寿々以来。 初優勝、メジャーVは史上13人目の快挙となった。 注目のアマ、吉田優利(19歳、日本ウエルネススポーツ大1年)は5アンダーの4位と健闘した。 ぴったり12アンダー、渋野と韓国のペ・ソンウと並んで迎えた16番が明暗を分けた。 ともにフェアウエーをとらえたが、高い松の木が前方約50ヤードに立ちはだかる第2打。 ぺ・ソンウのショットは右に飛び林へ。 これを見た渋野は左からフェードボールでピン左から攻めグリーン中央、ピンハイ7メートルをとらえた。 これがウイニングショットになった。 ペはその後、バンカーに入れダブルボギー、渋野はパーで第3ラウンドから続く緊迫したせめぎあいは、この時点で大きく勝敗を分けたのだった。 アドレスで左手をしっかりと伸ばす渋野の左腕は、サル腕。 構えた左手と右手の間隔は細い三角形となって特徴的。 この構えからは手が返りすぎひっかけが出るといわれるが、渋谷にその心配はなった。 強い足腰に支えられた思い切りのいいスイング。 高い弾道からドライバーショットは左右にぶれず、アイアンは堅いグリーンに確実に止めた。 強い足腰。 低い体勢から一気にトップに挙げる、けれんみのないスイングは安定していた。 その上パットが良く第3ラウンド、6バーディーの猛攻。 前向きの気持ちをそのまま自信に替えた最終日はプレッシャーもあり、ボギーも出たが、当面のライバルを目の前に集中して好調を維持できていた。 98年プロ入りの黄金世代。 畑岡奈紗、勝みなみ、新垣比菜、大里桃子、河本結に次いで6人目が誕生した。 岡山・作陽高出身。 小学校低学年でソフトボール、8歳でゴルフも始めた。 両腕を柔軟に、強く使う、素養を育んだ。 この日、20歳178日と大会史上最も若いチャンピオンとなったが、身長165センチ。 さらに筋肉をつけパワーアップ、世界に飛び出して行く、これからがたのしみだ。 ここのところ隆盛の日本女子ゴルフだ。 しかし、韓国勢の層の厚さとしたたかさには程遠い。 有望な選手は出てくるが、日本成長は限定的。 3年周期で次々と入れ替わっている。 渋野はこの日のホールアウト後、「息の長い選手を目指して、この日の体験を励みにさらに成長目指して頑張る」といった。 すでに畑岡奈紗が、エースとして頑張っているが、渋野にはプラス、息の長い、10年選手を目指して頑張ってほしい。 そんな大きなスケールが一気に花開いた、と期待する。 世界のメジャーを当たり前のように勝ち進む、そんな期待感。 頑張ってほしい。

次の

渋野日向子の胸のカップが衝撃?スタイル抜群のスリーサイズがすごい?

渋野ひなこ巨乳

日本女子プロゴルフ協会公式Facebookより ゴルフ界に「二十歳の乳ヒロイン」の誕生だ。 5月12日に行われた女子プロゴルフの『ワールド・サロンパス・カップ』最終日にて、プロ2年目の渋野日向子がツアー初優勝。 日本選手ではツアー史上5人目となる国内メジャーでの初制覇、「黄金世代」と言われる1998年度生まれでは6人目の優勝者となった。 「短いウイニングパットを沈めた渋野の目から涙がこぼれ落ちていました。 『私で大丈夫でしょうか。 私でごめんなさい。 うれし涙なんて高校のとき以来です』とのコメントにも心を掴まれたゴルフファンも多かったようです」(スポーツライター) 試合の模様は日本テレビで中継されていたが、食い入るように観ていたのはゴルフファンだけではない。 「当然のごとくサイズなど公表されていませんが、推定Eカップといったところでしょうか。 今回は黒っぽいウェアでしたが、これが暖色や薄い色ならもっと強調されていたかもしれません。 巨乳系美女ゴルファーといえば、最近では三浦桃子に注目が集まりました。 体がスレンダーになったことでツンと張ったバストが目立つようになり、隠れ巨乳党のギャラリーが殺到。 時にその数は1,000人単位になることも。 渋野にも今後は胸目当てのギャラリーが激増しそうです」(週刊誌記者) ゴルフ人気のためにも、渋野にはあえてピッタリしたウェアの着用をお願いしたい。

次の

女子ゴルフ・渋野日向子の初優勝の裏で起こった「おっぱいコール」って!?|日刊サイゾー

渋野ひなこ巨乳

日本女子プロゴルフ協会公式Facebookより ゴルフ界に「二十歳の乳ヒロイン」の誕生だ。 5月12日に行われた女子プロゴルフの『ワールド・サロンパス・カップ』最終日にて、プロ2年目の渋野日向子がツアー初優勝。 日本選手ではツアー史上5人目となる国内メジャーでの初制覇、「黄金世代」と言われる1998年度生まれでは6人目の優勝者となった。 「短いウイニングパットを沈めた渋野の目から涙がこぼれ落ちていました。 『私で大丈夫でしょうか。 私でごめんなさい。 うれし涙なんて高校のとき以来です』とのコメントにも心を掴まれたゴルフファンも多かったようです」(スポーツライター) 試合の模様は日本テレビで中継されていたが、食い入るように観ていたのはゴルフファンだけではない。 「当然のごとくサイズなど公表されていませんが、推定Eカップといったところでしょうか。 今回は黒っぽいウェアでしたが、これが暖色や薄い色ならもっと強調されていたかもしれません。 巨乳系美女ゴルファーといえば、最近では三浦桃子に注目が集まりました。 体がスレンダーになったことでツンと張ったバストが目立つようになり、隠れ巨乳党のギャラリーが殺到。 時にその数は1,000人単位になることも。 渋野にも今後は胸目当てのギャラリーが激増しそうです」(週刊誌記者) ゴルフ人気のためにも、渋野にはあえてピッタリしたウェアの着用をお願いしたい。

次の