暑中 お 見舞い いつから。 暑中見舞い・残暑見舞い

【2020年】暑中見舞いの時期・期間!いつからいつまでに出すべきか?

暑中 お 見舞い いつから

スポンサードリンク 暑中見舞いのはがきを出す時期は? 葉書に書くのは、暑中見舞いは「立秋まで」で、その後は残暑見舞いです。 これは一般的に広く知られている通りですが、暑中見舞いはいつ頃から書き始めて、いつまでに投函しないといけないでしょうか? 暑中見舞いを書く時期と出す時期は? 立秋は8月7~8日(年により変動)なので、それまでに着くように投函します。 最も多いのが、7月20日頃に葉書を書き、数日以内に投函。 遅くても8月の始めに、相手に着くようにします。 暑中見舞いの時期とは? 相手に送るのは8月8日頃までというのは分かりましたが、ここで気になるのが、早い時期はいつ頃から出して良いか?という事ではないでしょうか?実は、暑中見舞いの期間には、はっきりとした決まりがありません。 ・小暑(7月7日頃)~立秋(8月8日頃)の約30日間 ・夏の土用(7月20日)~立秋(8月8日頃)の約18日間 ・梅雨明け(7月20前後)~立秋(8月8日頃) 暑中見舞いの時期は、7月下旬頃~8月1週目までと考えるとと分かり易いでしょう。 暑中の時期とはいつのこと? 暑中を見舞うから、暑中見舞いと言います。 それでは、この「暑中」とはどんな意味なのでしょうか?これは「二十四節気」という、旧暦の太陽太陰暦に関わってきます。 暑中とはどんな意味? 二十四節気とは、1年を24分割、時期を15日づつに別けます。 「立春」から始まり、11番目が「小暑」、12番目が「大暑」、13番目が「立秋」となります。 この「小暑と大暑の期間」を「暑中」といいます。 つまり、暑中とは「小暑・7月7日頃~7月22日頃」と「大暑・7月23日頃~8月7日頃」の、約1ヶ月間を指します。 夏の土用と梅雨明けと立秋とは? 「夏の土用」は、雑節という暦(カレンダー)に含まれない、日本人の生活から生まれた季節の目安の事です。 毎年7月20日頃を指します。 正に暑中見舞いの時期と重なっています。 「梅雨明け」は、気象庁が定める梅雨時期が終わる事なので、毎年決まった日がありませんが、関東では毎年7月23日前後となります。 梅雨が明ければ気温が上がるので、暑中見舞いの良い目安になります。 「立秋」は、二十四節気の13番目の季節で、8月8日頃~8月23日頃までを指します。 残暑見舞いは、この時期に出します。

次の

暑中見舞いの期間はいつからいつまで?出すタイミングとは

暑中 お 見舞い いつから

暑中見舞いはいつからいつまでに出す? 暑中とは 「一年のうちで最も暑い時期」のことです。 最近は5月、6月に真夏日を記録することがありますが、暑中見舞いを出す時期にはある程度決まりがあります。 この後、詳しく説明していきますが 「いつから出すか」についてのルールは曖昧です。 逆に、 「いつまでに出すか」については一般的な決まりがあります。 「暑中」とは厳密に言うと「夏の土用(7月19日、20日頃〜8月6日、7日頃まで)」の時期を指します。 8月6日、7日頃(年によって変わる)は 「立秋」と呼ばれ、暦の上ではこの日以降が「秋」となります。 そのため、「暑中見舞い」は 「立秋(8月6日、7日頃)」までに出すのが通例です。 実際の気候的には真夏なのでわかりにくいですが、立秋以降は「残暑見舞い」を出します。 では、 暑中見舞いは「いつ頃から出せば良いのか?」という疑問について、目安とされる3つの時期を紹介します。 小暑を目安とする 小暑は 「7月7日頃」を指します。 暦上で「暑さが次第に強くなる時期」とされ、本格的に暑くなる「暑中」の一歩手前というイメージです。 梅雨明けから 実際の気候を参考に 「梅雨明け宣言以降」に暑中見舞いを送るのも良いとされています。 7日7日頃が「小暑」とは言っても、梅雨明け以降ずっと真夏日を記録するような天気が続くことは多くあります。 梅雨明けを目安に暑中見舞いを送り始めるのも良いでしょう。 ただし、梅雨明けを目安とする場合は、はがきやメールを送る相手が住んでいる地域を考慮する点に注意しましょう。 夏の土用 夏の土用は 「7月19日、20日頃」です。 「小暑ではまだ夏感が薄い」「梅雨明けでは早すぎる、または時期が曖昧」と感じるのであれば、この時期以降に送るのがベターです。 ただし、立秋(8月6日、7日頃)までに2週間ほどしか猶予がない点には注意しましょう。 暑中見舞いの書き方は? 次に、暑中見舞いの書き方を解説していきたいと思います。 基本的な構成は決まっているので、覚えてしまえば簡単です。 そもそも 「暑中見舞い」を出す目的は「暑さのピーク時に相手を見舞い、近況を確認する」ということです。 現在は、単なる社交辞令的な意味合いが強くなってきていますが、本来の目的を忘れないようにしましょう。 はがきもメールでも基本的な構成はほとんど変わりません。 書き出しの挨拶 書き出しは「暑中見舞い申し上げます」という一言で良いでしょう。 メールの場合は件名に「暑中見舞い申し上げます」という文言を入れることと、挨拶の前に自分の名前や会社名を入れることを忘れないようにしましょう。 安否確認 暑中見舞いの目的は「相手を見舞うこと」です。 暑い日が続きますが〇〇様はお変わりありませんか? 梅雨明けとともに本格的な夏となりますが、〇〇様始め〇〇会社の皆様はいかがお過ごしでしょうか? このような言葉を添え、相手への気遣いを忘れないようにしましょう。 近況報告 見舞いの言葉を書いたら、自分の近況報告を入れるようにしましょう。 距離の近い関係性であれば、砕けた言葉でも良いでしょう。 お中元のお礼や、結婚や出産、引越しなど、暑中見舞いを兼ねて報告する機会も多くあるかと思います。 自己開示を行うことで、より親密感のある暑中見舞いになります。 結びの挨拶 結びの挨拶では、暑い日が続く中でも体に気をつけて過ごしてくださいという気持ちを伝えるようにしましょう。 この流れはメールでもはがきでも変わりません。 暑中見舞いを書く際のマナー 暑中見舞いを書く際に気になるマナーについて少しだけ紹介します。 暑中見舞いは喪中の人に出しても良い? 暑中見舞いは「季節のお見舞い」であるため、喪中であっても出してOKとされています。 とはいえ出す時期(四十九日以後)や文面などは気を遣うようにしましょう。 暑中見舞いをもらったら時の返信について 基本的に、暑中見舞いに対しての「返事を出す・出さない」は個人の自由ですが、ビジネスマナーとしては返信することが大切です。 ちなみに、暑中見舞いをもらったからといって、必ず暑中見舞いを返信しなければいけないということはありません。 少し返信が遅くなってしまった場合は「残暑見舞い」として、お返しを送れば良いでしょう。 また、同じ相手に「暑中見舞い」と「残暑見舞い」の両方は送らないようにしましょう。 どちらか一方を送るのが通例です。 まとめ 今回の記事では「暑中見舞いはいつからいつまでに出せば良いのか」についてまとめました。 暑中見舞いを出す時期に厳密な決まりはなく、「小暑(7月7日頃)」「梅雨明けのタイミング」「夏の土用(7月19日、20日頃)」が目安とされています。 逆に、いつまでに出すかには注意が必要です。 暑中見舞いを出せるのは「立秋(8月6日、7日頃)」までとされており、立秋をすぎて送る際には、残暑見舞いとなります。 暑中見舞いの書き方やマナーに注意して、適切な時期に暑中見舞いを送るようにしましょう。

次の

お中元の時期はいつからいつまで?地域ごとの期間と6つのマナー

暑中 お 見舞い いつから

暑中見舞いの時期はいつから始まる? 実は暑中見舞いの始まる時期って、明確に決まっているかといえば、そうでもないんですよね。 「何月何日!」という風にはなっておらず、じゃあ何で判断すればいいのかって思いますが、これが3パターンあるんです。 困ったことに・・・。 最も暑い時期 大暑。 立秋に入る前の約18日間前~。 以上の3つが、一般的な暑中見舞いの始まる時期の目安です。 ただこの認識も人それぞれ違ってくると思いますので、送るお相手がどれを基準に常識ととらえているのかによっては、こちらが非常識と思われる可能性も。 なので出してもいい時期の始まりは7月7日なのですが、平均的に見た結果。 私としては7月20日を一番おすすめしたいと思います。 7月20日がオススメな理由 まず1つ目は、お中元を贈る時、相手の住む地域によっては表書きを「暑中見舞い」と記すことがあるため 関東では7月15日までがお中元を贈れる時期とされている。 社会人になってしまえば全く関係ないっちゃないのですが、どこか1つの季節の区切りとして意識している部分が共通にあるのではないかと。 暑中見舞いの期間はいつまで?いつから残暑になるの? 暑中見舞いの期間がいつから始まるものか、明確に決まっているわけではないという話を先ほどしたので、期間も曖昧なんじゃないの?と思われるかもしれませんが。 暑中見舞いの期間がいつまでなのかというのは、はっきり決まっているんです。 これは「立秋に入るまで」ですね。 そもそも暑中見舞いの「暑中」というのが、一年で一番暑い時期を指す言葉なんです。 二十四節気でいう小暑 7月7日頃 ~大暑 7月23日頃 ~立秋 8月7日頃 までの約1ヶ月の期間が暑中とされています。 夏の土用の期間も立秋 8月7日頃 より前の、約18日間を指しますので、いつまで出せるのか考えるならば「立秋」が境目と覚えるといいですね。 この理屈でいえば、8月の7日以降が「残暑見舞い」になります。 ちょっとここで豆知識なのですが、8月の7日ってとても「立秋」って言葉が似合わないと思いませんでした?この日から秋が始まるって言われても・・・。 8月上旬ってまだまだ夏真っ盛りじゃねーか! と、思わずツッコんだ方もおられるのではないかと。 これは二十四節気が元々中国の気候を元に名付けられたものだったため、日本とはズレが生じてしまっているんですね。 なので、海に囲まれている日本はピークがずれ込み、結果むちゃくちゃ猛暑真っ盛りにも関わらず、暦の上では「立秋」となるわけです。 ちょっとここら辺は時代の移り変わりや昔からの風習で残っているものなので不思議に思う方もいるかもしれませんが、何日まで!と決まっていて分かりやすいですし、結果的にはありがたいことかもしれませんね。 というわけで、 暑中見舞いとして出せる期間は「立秋 8月7日 」までです。 スポンサーリンク 暑中見舞い梅雨明けはいつごろ?梅雨明け前は出せない? 暑中見舞いを出す時期もいつまで出せるかもバッチリ!と思った方でも、これに関してはまだちょっと心残りがあるのではないでしょうか。 というか、かなり気になることだと思います。 暑中見舞いの時期や期間を詳しくご存じない方でも、「梅雨が明けてから」ということは知ってる場合が多いです。 なのでテレビで梅雨明け宣言されてから送ろうと決めている方もいると思います。 しかし、相手のお住まいの地域によっては梅雨明けの時期はまちまちですし、天候が毎年安定しているのかといえばそうでもありませんよね。 なので、梅雨明けがいつになるのか、相手の地域の梅雨明けなんて予想つかないし困ったな・・・とお困りの方のために。 東北~沖縄までの梅雨明けの日の平均値を調査したので、ぜひご参考までにご覧ください。 これらはあくまでも「2016年~2010年までの梅雨明けの平年」を割り出しているだけですので、絶対というわけではないという旨ご理解いただければ、と思います。 ちなみになぜ沖縄はあるのに北海道は記載していないのか?については、北海道って梅雨という時期がないんです。 なので梅雨明けの平年を割り出すための情報が、北海道だけはどうしても集めることができませんでした。 といっても、その年によっては梅雨明け宣言がなかったりなんて場合もありますよね 汗 そんな時は梅雨明け前でも気にせず、時期が来たら出しても問題ありません。 もらった相手も「梅雨が明けてもないのに!」なんて怒ったりしないでしょうし。 まとめ いかがでしたか? 季節のご挨拶をはがきやメールなどを送る時、暑中見舞いの時期がいつから始まり期間がいつまでなのか、梅雨明け前に出すのはどうなのか、ということについてご紹介させていただきました。 自分が知っている常識と世間一般の常識にズレはないか、合っているのか気になった方も、これで安心して出すことができるのではないでしょうか。 暑い日々を元気に過ごされているのかどうかを気遣う気持ちが大事ですが、こういうマナーにも気を付けられるといいですね。

次の