トゥルー マン ショー。 映画『トゥルーマン・ショー』感想文。すべてが造り物の世界。しかし、そこで暮らす彼の心は造り物ではない。

【映画】トゥルーマン・ショー~あらすじと感想~人生のほぼ全てを生放送されている男の物語

トゥルー マン ショー

あらすじ [ ] 離島・シーヘブンで、保険会社に勤めるトゥルーマン・バーバンク(ジム・キャリー)は、「おはよう! そして会えない時のために、こんにちはとこんばんは!おやすみ!」が口癖の明るい青年である。 彼は生まれてから1度も島から出たことがなかった。 それは、父と一緒に海でボートを漕いでいたときに「嵐が来るぞ」という父の警告を無視して船を進め、嵐を回避できず海に投げ出された父親を亡くしたことで、水恐怖症を患ってしまったためであった。 ある日、彼がいつものように新聞を買ったあと、雑踏の中ひとりのホームレスの老人とすれ違う。 それは幼い頃、海に沈み亡くなったはずの父親だった。 しかしその直後、老人は瞬く間に何者かに連れ去られてしまう。 彼はこの出来事をきっかけに、自分の周囲を不審に感じ始める。 実は、トゥルーマンは生まれたときから人生の全てを24時間撮影されていた。 彼はアメリカ合衆国民ですらなく、彼の人生は全てそのまま『トゥルーマン・ショー』として世界220か国に放送されていた。 彼の住む街はに匹敵するドーム内に作られた巨大なセットで、太陽や月、星々も機械仕掛けの照明装置に過ぎず、雨や雷鳴などの気象も人為的なものであり、そして何よりトゥルーマン以外の人物は全て俳優なのであった。 もちろん死んでしまったという父も本当の父ではなく俳優であり、父親役の俳優は実際は死んでおらず、のちに感動の再会を果たすことになる。 この番組ではは入らず、番組中で商品の宣伝が行われている、いわゆるである。 例えばトゥルーマンの親友マーロン(ノア・エメリッヒ)はトゥルーマンに気付かれないように缶ビールを自然にカメラに向けてビールを宣伝している。 トゥルーマンの妻メリル(ローラ・リニー)も、草刈機や万能ナイフなどを日常会話の中でさりげなく宣伝していたが、あるとき「新製品のこの『モココア』をお試しあれ。 の大地で取れた天然のを使ってて最高の味よ。 は入ってないわ。 」と、日常会話としては非常に不自然で話がかみ合っていないココアの宣伝をしてしまう。 これを聞いたトゥルーマンは、周囲への疑いをさらに深めていく。 そんな妻との乾いた生活の一方で、トゥルーマンは学生時代に出会ったローレンという女性のことが忘れられないでいた。 当時ローレンは、虚偽の世界に生きる彼を思い、「ローレン」とは役名で本名はシルヴィアであるということ、そしてこの世界が全て偽りであることを伝えようする。 しかし「シルヴィアの父」を名乗る何者かによって阻止され連れ去られてしまう。 「島を出るのよ!私を探して!」。 ローレンのこの言葉を最後に、それ以降トゥルーマンと会うことはなかった。 自分の世界に疑念を深めたトゥルーマンは妻の働く病院に忍び込むが、そこでは素人同然の医師たちによる手術が行われていた。 医者も偽物なのだと気づいたトゥルーマンは妻を連れて島からの脱出を考え、ローレンがいるというフィジー島へ行こうとする。 だが、不可解なトラブルが続発して島の外に行くことができず、さらに会ったことのない人間から「やあ、トゥルーマン」と呼ばれて混乱に陥る。 脱出に失敗し落ち込むトゥルーマンを慰めようと、マーロンが死んだはずの父との再会を演出する。 テレビの前の視聴者たちは感動に涙するが、トゥルーマンはそのわざとらしさから島が作り物の世界であることを確信する。 やがてトゥルーマンはカメラの目を盗んで自宅の地下室から脱走し、ボートに乗り込んで島の外へと漕ぎ出す。 トゥルーマンの行動に気づいた番組プロデューサー・クリストフは、トゥルーマンを救おうとするシルヴィアの制止を振り切って、トゥルーマンを嵐の中に放り込む。 水恐怖症を克服して世界の端まで向かうトゥルーマンを、視聴者たちはかたずを呑んで見守る。 ついに世界の端にある扉にたどり着いたトゥルーマンに、放送室にいるクリストフはマイクを使って話しかける。 生まれたときからトゥルーマンを見続けてきたクリストフは、トゥルーマンを我が子のように考えていた。 トゥルーマンは知らない世界に足を踏み出すことはできないだろうと確信しているクリストフは、「君はテレビのスターなんだ、何か言えよ!」と言う。 するとトゥルーマンは突然カメラに向かって笑顔を見せ、いつもの調子で「会えない時のために、こんにちはとこんばんは!」と言い放つ。 唖然とするクリストフを尻目に、トゥルーマンはセットの外の世界へと踏み出し、画面から去っていく。 視聴者たちは『トゥルーマン・ショー』のエンディングに拍手を送った後、「次の番組はなんだ?」とチャンネルを切り替える。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 制作版 トゥルーマン・バーバンク クリストフ メリル・バーバンク/ハンナ・ジル マーロン/ルイス・コルトラン ローレン・ガーランド/シルビア アンジェラ・バーバンク カーク・バーバンク ブライアン・ディレイト 過去のトゥルーマン ブレア・スレイター ローレンス ヴィヴィアン ハイジ・シャンツ ロン ロン・テイラー ディレクター ディレクター アダム・トメイ マイク・マイケルソン ハリー・シェアラー クロエ ネットワーク・エグゼクティヴ キーボード・アーティスト フィリップ・グラス バーウェイトレス 日本人視聴者 受賞 [ ]• (第56回 1998年度)• 男優賞(ジム・キャリー)• 助演男優賞(エド・ハリス)• 音楽賞(フィリップ・グラス、ブルクハルト・ダルウィッツ)• (1999年)• 最優秀映像作品賞• (1999年)• 最優秀ファンタジー映画作品賞• 脚本賞(アンドリュー・ニコル) 備考 [ ] 当初は脚本を書いたが監督する予定であった。 しかし、1200万ドルという巨額のギャラのが主演することになったため、当時まだ『』1作しか監督経験がなかったニコルは外され、が監督として雇われた。 プロットは1959年のの小説『時は乱れて』( Time Out of Joint)からいくつもアイデアを拝借しているという。 またこの作品から、精神医学ではという概念が生まれた。 地上波放送について [ ] 当初はに系列の『』で地上波初放送となるはずだった。 ところが、放送数日前にに急遽差し替えとなり、以後も放送されることはなかった。 通常、映画番組で急遽放送を休止した場合は、後日振り替え放送を行うのが一般的であるが、本作はそれすらなかった。 その後、フジテレビは放映権を手放したのか、地上波初放送が実現したのは3年後の、の『』でのことだった。 類似作品 [ ]• 参考文献 [ ].

次の

【衝撃の真実】『トゥルーマン・ショー』(1998)の最後の意味や作品の考察【あらすじ、感想、ネタバレあり】

トゥルー マン ショー

テクノロジーの急速な発展は、なにが突飛な妄想で、なにがそうでないのかについての疑問をもたらす。 ドロレス・マラスピーナ、第五版編集者 『』は1998年の映画で、監督は、脚本はが担当した。 が演じた登場人物トゥルーマン・バーバンクは、自分が生きている現実が人為的につくられたものであり、常時テレビで世界的に放送されていることに気づく。 バーバンクの人生は、母親の胎内にいた頃からすべてテレビ放送されており、人生に登場する人物は全員が雇われた俳優だった。 真実を知ったバーバンクは、自分の人生を操作してきた者たちの手から脱出するため奮闘する。 「テレビ放送される人生」という構想はこの作品以前にも存在しており、1980年代のテレビドラマシリーズ『』の『 ()』と題するエピソードは、主人公の男が洗面台の鏡の裏にカメラを発見するシーンから始まる。 男はまもなく、自分の人生が世界中のTV視聴者に向けて24時間無休で放送されていることに気づく。 作家はいくつかの短編小説、そして有名な1959年の小説『 ()』のなかで、人為的につくられた世界と、その幻想を保つため雇われた偽の「家族」や「友人」に囲まれて生きる主人公を描写している。 同様のテーマはより最近の小説にも繰り返し登場しており、それらの作品では『トゥルーマン・ショー』のようなの要素は見られないものの、ある人物の主観的世界が他者によって創作されているという構想は共通している。 妄想 [ ] 詳細は「」を参照 妄想(持続的な、誤った確信)という症状は、がない限り精神疾患の存在を示す。 妄想の内容は(妄想を患う人物の想像力の範囲内において)極めて多様だが、のようないくつかのテーマが特定されている。 これらのテーマは特定の診断を示唆するものとして重要視される。 例として、は伝統的に(サイコシス)と関連づけられている。 文化的影響 [ ] 妄想の内容はその人物の人生経験と常に結びついており、その時代の文化から大きな影響を受ける可能性が高い。 2008年に行われたある研究 は妄想のテーマが時代とともに、いかに宗教的/魔術的なものから政治的なものへ、更には技術的なものへと移り変わったかを示した。 この研究は、「社会的・政治的な変化と科学的・技術的な発展が、における妄想の内容に著しい影響をもたらした」と結論づけた。 精神科医のジョセフ・ウィーナーは、「1940年代の精神病患者は、自分たちの脳が電波によって操作されているという妄想を訴えていた。 それに対して、現代の患者は体内に埋め込まれたコンピューター・チップについてよく訴える。 」と述べた。 トゥルーマン・ショー妄想は、の変化にともなう被害妄想の内容のさらなる進化を示している可能性がある。 ウィーナーは、「リアリティー風番組(リアリティショー)の存在は非常に良く知られており、患者はそれを容易に妄想の体系に取り入れることが出来る。 この妄想にとらわれた患者は、自分たちの生活が常にテレビの前の多くの人々によって視聴され、録画され、また解説されているという確信をもつ。 」としている。 報告例 [ ] トゥルーマン・ショー妄想の症例は、アメリカ・イギリスとその他の国で合計40件以上記録されている。 の ()に勤務する精神科医で、の精神医学臨床助教授でもあるジョエル・ゴールドは、兄弟のイアン・ゴールド(のでと精神医学の ()を務める )とともにこの妄想に関する研究を主導している。 ゴールド兄弟は2002年以来、この妄想を患う十数人の人物(主に25歳から34歳の白人男性 )と接触してきた。 兄弟によって報告された患者のひとりは、の後、このテロ攻撃が彼の「トゥルーマン・ショー」における物語の展開ではないことを確かめるため実際にニューヨーク市を訪れた。 別の患者は自らが主役の「ショー」から保護されることを求め、の連邦政府ビルに赴いた。 また別の患者(インターンとしてあるリアリティ番組に関わった経験があった)は自分が密かにカメラで追跡されていると信じ込み、2004年のに投票を行った際、当時の大統領が「ユダ」であると叫び、ベルビュー・ホスピタルに搬送され、ゴールドの目に留まった。 ゴールドの患者である出身の陸軍退役軍人は、によじ登ることで自らの「ショー」から解放されるという考えをもっていた。 この患者は自らの妄想を説明し、「私が世界の中心であり、何百万もの人々の注目の対象であることに気がついた。 ……私の家族や知人は全員が俳優であり、台本に基づいて、私を世界の注目の的とするための茶番を演じている。 」と述べた。 ゴールド兄弟による「トゥルーマン・ショー妄想」という妄想の命名は、ジョエル・ゴールドが当初診察した5人の患者のうち3人が、自分が知覚した経験を映画『トゥルーマン・ショー』と明確に結びつけていたことに由来する。 トゥルーマン症候群 [ ] イギリスにおいては、の精神科医であるパオロ・フーザル=ポリ、オリバー・ハウズ、ルチア・ヴァルマッジア、フィリップ・マクガイアが British Journal of Psychiatry上で彼らが「トゥルーマン症候群」と呼ぶ症状について説明しており、「世界になんらかの変化が生じ、他者はその変化に気づいているという強い確信であり、患者はそれは自らが映画の題材にされており、映画のセット(にせの世界)のなかで生活していることを示しているのだと解釈する。 これらの症状は、統合失調症の前駆期にある人物の主訴としてよく見られる。 」と述べている。 この分析では、トゥルーマン症候群が「世界に何らかの重要な変化がもたらされたが、その変化を説明できない」という感覚に、患者が意味を見いだそうとした結果であることが示唆されている。 医学的妥当性 [ ] トゥルーマン・ショー妄想は公認されたものではなく、『』にも含まれていない。 ゴールド兄弟はこの妄想が新たな診断名になるとは主張しておらず、トゥルーマン・ショー妄想は「既知の被害妄想・誇大妄想の変種」だとしている。 映画製作者の反応 [ ] 『トゥルーマン・ショー』の脚本を担当したは、この症状の存在を耳にして「自分の映画が病名になるなら、つまりは成功したということだろう」と述べた。 脚注 [ ]• on PsychCentral• Marantz, Andrew September 16, 2013. The New Yorker: 32—37. "Movies That Stole Their Plots from 'The Twilight Zone'" Flavorwire. , 13 Aug. 2012. Web. 10 Aug. 2014. The International Journal of Social Psychiatry 54 2 : 101—11. 2008. の2015年9月24日時点におけるアーカイブ。 2017年11月3日閲覧。 Ellison, Jesse August 2, 2008• Fusar-Poli, Paolo; Howes, O. ; Valmaggia, L. ; McGuire, P. 2008. 193 2 : 168. 3 News NZ. 2013年3月20日. 参考文献 [ ]• Deuze, Mark 2012. Media Life. Cambridge, UK: Polity. Duncan, Erica 2015. Psychiatry 172 1 : 98-99. Gold, Joel; Gold, Ian November 2012. Cognitive Neuropsychiatry 17 6 : 455—472. Gold, Joel; Gold, Ian 2014. Suspicious Minds: How Culture Shapes Madness. New York: Simon and Schuster. Mishara, Aaron L. Schizophrenia Bulletin 39 2 : 278—286. 2016. Psychiatria Hungarica 31 4 : 359-363. 関連項目 [ ]•

次の

【映画】トゥルーマン・ショー~あらすじと感想~人生のほぼ全てを生放送されている男の物語

トゥルー マン ショー

解説 人生のすべてをテレビのリアリティショーで生中継されていた男を描いたコメディドラマ。 離島の町シーヘブンで生まれ育った男トゥルーマン。 保険会社で働きながら、しっかり者の妻メリルと平穏な毎日を送る彼には、本人だけが知らない驚きの事実があった。 実はトゥルーマンは生まれた時から毎日24時間すべてをテレビ番組「トゥルーマン・ショー」で生中継されており、彼が暮らす町は巨大なセット、住人も妻や親友に至るまで全員が俳優なのだ。 自分が生きる世界に違和感を抱き始めた彼は、真実を突き止めようと奔走するが……。 主人公トゥルーマンをジム・キャリー、番組プロデューサーをエド・ハリスが演じ、第56回ゴールデングローブ賞で主演男優賞と助演男優賞をそれぞれ受賞。 「刑事ジョン・ブック 目撃者」のピーター・ウィアーが監督を務め、「ガタカ」のアンドリュー・ニコルが脚本を手がけた。 1998年製作/103分/アメリカ 原題:The Truman Show 配給:UIP スタッフ・キャスト 【どんな作品?】👇👇👇 もし、自分の人生がカメラに監視され、全世界に向けてテレビ放送されていたら? そんな奇想天外な設定ながら、テンポの良い構成にぐいぐい引き込まれ、 主人公をユーモアたっぷりに演じるジム・キャリーを愛さずにはいられない、 間違いなく彼の作品群を代表する一本です! ドーム状の巨大セットに作られた離島を舞台に、 全て俳優が演じる住民たちに囲まれて暮らす男、トゥルーマンの姿を描きます。 【作品の魅力】👇👇👇 なんと言っても、メディアに対する風刺や皮肉と、ジム・キャリーがサラリとかます笑いのバランスが素晴らしい! 主人公の一生が、生まれた瞬間からテレビに支配されてきたことに恐ろしさを感じつつも、 彼のコミカルな演技によって、悲壮感が前面に出過ぎない作りになっています。 トゥルーマンの純朴な行動ををほほえましく見守り、 世界の真実を探ろうとする彼を本気で応援してしまった私は、 あたかも作中の番組視聴者の一人になったような気分でした。 一方、「トゥルーマン・ショー」のプロデューサー クリストフは、 彼の人生をずっと操作してきた人物であるにもかかわらず、 実親のような無償の愛を彼に注ぐ姿には、どうしたってグッときてしまいます。 トゥルーマンの単なる脱出劇にとどまらず、 親離れ・子離れの切なさまで描き切った監督の手腕はお見事でした。 そして本作で見逃せないポイントは、エンドロール直前の「〇〇はどこだ?」というセリフ。 ここまで極端ではないにせよ、他人の人生そのものをバラエティとして消費し、 不都合が生じたら何事もなかったように切り替える、現代の私たちにも通じる姿だと痛感させられます。 日常をさらすことで出演者に大きなストレスがかかり、 日本だけでなく、世界中で自殺者を生んでいるリアリティー番組のあり方について、 今一度考え直さずにはいられませんでした。 【まとめ】👇👇👇 カラッとした笑いからブラックなユーモアまで、どれもが一級品のコメディでありながら、 そこから浮かび上がる、メディアに対する痛烈な批判には思わずハッとさせられる、 どこから見ても完成度の高い、洗練された一作でした。 103分と短めなので、サクッと一本見たい方にもオススメ!.

次の