護衛艦 あけぼの。 いかづち型護衛艦

海上自衛隊護衛艦あけぼの アメリカ強襲揚陸艦アメリカと共同訓練 | ガジェット通信 GetNews

護衛艦 あけぼの

護衛艦「いかづち」 艦級概観 艦種 護衛艦(DE) 建造期間 1954年 - 1956年 就役期間 1956年 - 1983年 前級 次級 性能諸元 建造時 基準:1,070(DE-203は5トン増) 全長 88メートル 289 ft 全幅 8. 7メートル 29 ft 吃水 3. 08メートル 10. 1 ft 深さ 5. 4メートル 18 ft 機関 (各6,000) 2基 2軸 速力 最大26 5,900 16kt巡航時 乗員 160名 兵装 2基 2基 1基 54式投射機 8基 54式爆雷投下軌条 2条 3基 対空捜索用 1基 水上捜索用 1基 捜索用 1基 攻撃用 1基 いかづち型護衛艦(いかづちがたごえいかん、: Ikazuchi-class destroyer escort)は、のの艦級。 初の国産警備船の一環として、度計画で建造された。 建造単価は16億円であった。 艦名はの「」「」、「」「」に続き日本の艦艇としては3代目である。 来歴 [ ] (昭和26年)、大将は、に対しておよび(LSSL)を貸与することを提案した。 これを受けて(昭和27年)、内において、これら軍艦の受け皿となるとともに将来の海軍の母体となるべく、が創設された。 そして同年のの発足とともに、海上警備隊は海上保安庁の航路啓開部を吸収してに改組され、である(のちの)とともに保安庁の隷下に入り、本格的な再編制への体制が整えられることになった。 海上警備隊創設の呼び水となったフリゲート等の貸与は政治上の問題から遅延していたことから、まず整備を完了した船艇を「保管引受け」として借用し、基幹要員の教育訓練が急ピッチで進められることとなった。 警備隊の発足時に保有していた船舶は、「保管引受け」中のPF 4隻とLSSL 2隻、および海保から所管換された等76隻であった(参照)。 貸与軍艦の引き渡しは1月14日より開始され、PFは「」、LSSLは「」として就役した。 警備隊発足年度である昭和27年度予算では、これらの警備船の運用基盤を整備するための支援船(水船や重油船など)の建造が優先され、戦闘艦艇の建造は行われなかった。 続く度予算でも、当初は小型掃海船2隻が要求されたのみであったが、1952年12月末、大蔵省より、防衛分担金の枠内で130億円を艦船建造費に振り向ける旨の内示があったことから、では、急遽、戦闘艦艇の国産新造計画を立案した。 本計画では、甲型警備船(DD)2隻と乙型警備船(DE)3隻のほか合計16隻の建造が決定された。 このうち乙型警備船としては、主機の「」と、主機のが競作されることになった。 設計 [ ] 同年度の他の艦と同様、基本設計は財団法人船舶設計協会に委託して行われた。 計画番号はE-102。 計画にあたっては、アメリカ海軍のやのや 、も参考とされた。 船体 [ ] 同年度の他の艦と同様に平甲板船型を採用したが、風圧側面積削減のため、甲板室は連続せずに艦橋背後で中断し、煙突も1本とされた。 艦型は「あけぼの」よりも多少小さいが、ディーゼル主機の採用によって、機関区画の縮小および機関科員の減少が生じており、乗員一人あたりのスペースは1. 8と、「あけぼの」よりは余裕ができ、28DDと同水準を確保できた。 ただし、もともとの運用構想では、本型を含むDEはDD座乗の隊司令の指揮を受けることになっており、司令部設備は備えていなかったが、建造の最終段階で「いなづま」に最小限の隊司令部設備が追加されることになり、居住性は若干悪化した。 なお、「あけぼの」では、蒸気タービン主機の採用に伴う機関部重量増大を補うため、上部構造物には広範にが採用されていたが、本型では、蒸気タービンよりも振動が大きいディーゼル主機を採用したことから、アルミニウム合金の使用範囲を削減したほか、主船体への軟鋼の使用割合と板厚の増加等の対策が講じられた。 機関 [ ] 上記の経緯より、本型では主機が採用されており、付きトランク・ピストン型中速を搭載した。 1番艦には製、2番艦には製のものをそれぞれ搭載しており、出力は各6,000馬力で26ノットを発揮した。 これらは当時海外でも例を見ない高出力・中速機であり、当初は初期不良に苦しめられたものの、これらを克服したのちは予想以上の好成績を示した。 燃料搭載量は「あけぼの」の約8割ではあったものの、ディーゼル機関ならではの燃料消費効率の良さによって、16ノット巡航時の航続距離は35パーセント増加した。 また重量・容積、省力性などでも「あけぼの」の主機に優り、以後のDEはディーゼル推進艦として建造されることとなった。 装備 [ ] 28年度計画DEの兵装はおおむね共通であり、基本的には上記のくす型警備船(PF)をもとに、一部を更新した構成となっている。 センサー [ ] は、DEながらも対空捜索用と対水上捜索用の2基を搭載するというDDに準じた体制をとっており、対空捜索用としては28DDで搭載したをもとに小型化して開発したOPS-2、また対水上捜索用としては28DDと同じを搭載した。 ただしOPS-2は、DEに搭載できるようにアンテナを小型化したことから、目標の探知性能は大幅に低下せざるをえなかった。 または28DDと同構成で、捜索用としてを、また攻撃用としてQDAを搭載した。 武器システム [ ] としては、PFで搭載されていたをした54式が搭載され、方位盤による指揮を受けた。 としてはが搭載された。 もPFで搭載されたアメリカ製兵器のデッドコピーが搭載されており、をもとにした試製54式対潜弾投射機、投射機Mk. 6(K砲)をもとにした54式爆雷投射機、および54式爆雷投下機12型が搭載された。 特別改造 [ ] 28年度計画DEは、対潜艦としての性能の追求よりも、まず米海軍のDEに相当する警備船を国内で建造することに意義を求めた部分があり、上記の通り、装備には既に陳腐化している部分も少なくなかった。 このことから、1958年末より、性能の不備を是正するための特別改造工事が行われた。 これにより、艦砲はに、また砲射撃指揮装置もレーダー装備の(1基)に更新され、代償として40mm連装機銃のうち1基を撤去した。 ただし「あけぼの」と違い、爆雷兵装の削減は行われなかった。 またソナーについても、QHBaは改良型のSQS-11Aに、またQDAもSQR-4に更新された。 同型艦 [ ] 一覧表 [ ] 艦番号 艦名 建造 起工 進水 就役 退役 除籍 DE-202 YAC-30 『保管船』 1954年 (昭和29年) 12月18日 1955年 (昭和30年) 9月6日 1956年 (昭和31年) 5月29日 1976年 (昭和51年) 3月31日 1983年 (昭和58年) DE-203 YAC-31 『保管船』 玉野事業所 1954年 (昭和29年) 12月25日 1955年 (昭和30年) 8月4日 1956年 (昭和31年) 3月5日 1977年 (昭和52年) 3月15日 運用史 [ ] 2番艦「いなづま」はに竣工し、第二次世界大戦後の国産護衛艦(警備艦)では最初の就役となった。 同年、準同型艦「あけぼの」とともにの隷下に第7護衛隊を新編し、のの新設に伴ってその隷下に編入された。 その後、新世代護衛艦の増勢に伴い、には護衛隊ごとへ、そしてには呉地方隊に配属替えとなった。 なおこの際、「あけぼの」は護衛隊から切り離されて横須賀地方隊に転属となっている。 両艦とも老朽化に伴い、からにかけて支援船籍の保管船(いわゆる予備艦)に種別変更され、に揃って除籍された。 なお、で対潜訓練中の「いなづま」に「あけぼの」が衝突、艦橋を破損し「いなづま」の乗員2名が死亡、2名が負傷する事故を起こしている。 海自の事故調査委員会によれば、原因は「あけぼの」の操艦ミスであった。 さらに翌5日、で入渠修理中の「いなづま」でが爆発、乗員3名が死亡、乗員4名とドック従業員2名が負傷した。 登場作品 [ ] ゲーム [ ] 『』 Ver1. 97にて実装。 1958年度の特別改修後の艦が実装されている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• , p. 24-35. 12-23. , p. 46-49. DMM 2020年3月17日. 2020年3月24日閲覧。 参考文献 [ ]• 『防衛庁技術研究本部十年史』防衛庁技術研究本部、、1962年、104頁。 阿部, 安雄「海上自衛隊護衛艦整備の歩み 海上自衛隊護衛艦史1953-2000 」『』第571号、、2000年7月、。 阿部, 安雄「護衛艦の技術的特徴 - 2. 推進システム」『世界の艦船』第742号、海人社、2011年6月、 106-111頁、。 石橋, 孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』。 「国産護衛艦建造の歩み」『世界の艦船』第827号、海人社、2015年12月、。 高須, 廣一「兵装 海上自衛隊護衛艦史1953-2000 -- 海上自衛隊護衛艦の技術的特徴 」『世界の艦船』第571号、海人社、2000年7月、 188-195頁、。 海人社, 編纂. 「海上自衛隊全艦艇史」『世界の艦船』第630号、海人社、2004年8月、。 海人社, 編纂. 「護衛艦隊1961-2011その所属艦の変遷」『世界の艦船』第750号、海人社、2011年11月、 21-39頁、。 関連項目 [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の

いかづち型護衛艦

護衛艦 あけぼの

2020年4月12日 PJA NEWS 東シナ海で米軍実質空母Americaと海自あけぼのが日米合同演習!中国を牽制 一昨日の2020年4 月10日、東シナ海で、米海軍の第七艦隊 所属:横須賀 の最新型の実質空母「USS America」 LHA-6 は、日本の海上自衛隊の第1護衛隊群第5護衛隊の護衛艦「あけぼの JS Akebono 」 DD-108 と日米合同演習を実施しました。 米海軍第七艦隊のUSS America LHA-6 は、以下記事でお伝えしたパタヤでの児童保護施設への寄贈をPJAと共に実施した皆が乗る艦です。 タイ 独占取材!米軍の慈善活動に自衛隊が参加、米軍から称賛の声 2020年2月24日 ファーザーレイ財団へ米軍、自衛隊、PJAでの寄贈の様子 写真:PJA NEWS 以下は一昨日の4月10日の演習の模様で、USS AmericaからF35B Lightning II が飛び立つところを撮影した写真です。 写真奥の艦が米海軍第七艦隊のUSS America、写真手前の艦が海上自衛隊の護衛艦「あけぼの」です。 2020年4月10日 奥の艦のUSS America LHA6 からF-35B Lightning IIが飛び立つ 手前の艦は海上自衛隊の護衛艦「あけぼの JS Akebono 」 DD-108 写真:米海軍報道専門担当官Jomark A. Almazan USS America LHA6 と、海上自衛隊の護衛艦「あけぼの JS Akebono 」 DD-108 が東シナ海での合同演習で活躍する模様を伝える写真が以下のものです。 2020年4月10日 東シナ海を航行する米海軍第7艦隊のUSS America LHA6 と 海上自衛隊の護衛艦「あけぼの JS Akebono 」 DD-108 写真:米海軍報道専門担当官Jomark A. Almazan 2020年4月10日 東シナ海を航行する米海軍第7艦隊のUSS America LHA6 で F-35B Lightning IIを誘導するMercedes Amador 写真:米海軍報道専門担当官Jonathan Berolier 2020年4月10日 東シナ海で米海軍第7艦隊のUSS America LHA6 から見た 海上自衛隊の護衛艦「あけぼの JS Akebono 」 DD-108 写真:米海軍報道専門担当官Jonathan Berolier 中国の武漢から広がっている武漢ウイルスにより、現在は米軍にも大きな影響が出ており、在日米軍においても高官も含めて感染者が多く出ていますが、このような折も中国共産党政府によるアジアへの覇権主義が止まるわけではありません。 これを牽制し、インド太平洋地域の安全を確保するために、米軍と日本の自衛隊による尽力が行われています。 この2020年4月10日の夜に、以下記事の中国海軍の空母艦隊による沖縄本島と宮古島の間の海域の通過が行われました。 中国海軍の空母艦隊が、沖縄本島と宮古島の間の海域を通過! 関連過去記事 アンダマン海で米海軍Gabrielle Giffordsと海自てるづきが日米共同訓練 タイ 独占取材!米軍の慈善活動に自衛隊が参加、米軍から称賛の声 タイ PJAとパタヤでの慈善活動も実施、米国海軍協会の御紹介.

次の

第1護衛隊群:第5護衛隊【あけぼの】

護衛艦 あけぼの

アメリカ海軍は2020年4月14日(現地時間)、東シナ海において強襲揚陸艦アメリカ(LHA-6)が、海上自衛隊の護衛艦あけぼの(DD-108)と共同訓練を4月9日〜11日に実施したと発表しました。 あけぼのとアメリカが共同訓練を行うのは初めてのことです。 第1護衛隊群第5護衛隊に所属する護衛艦あけぼのは、佐世保を母港とするむらさめ型護衛艦の8番艦。 2019年には、4月30日から7月10日にかけて、平成31年度インド太平洋方面派遣訓練部隊(IPD19)の一員として、同じ第1護衛隊群の護衛艦いずも(DDH-183/第1護衛隊)、護衛艦むらさめ(DD-101/第1護衛隊)とともにブルネイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナムを訪問し、当地の海軍と共同訓練を通じて相互理解を深めています。 強襲揚陸艦アメリカは2019年12月、ワスプに代わって第7遠征打撃群(ESG-7)第11水陸両用部隊(佐世保)に配置されたアメリカ級強襲揚陸艦のタイプシップ。 2020年2月下旬から3月初めにかけては、タイで実施された多国籍共同訓練「コブラゴールド20」に参加していました。 あけぼのとアメリカは編隊航行訓練のほか、アメリカ海軍の吸油艦ジョン・エリクソン(T-AO-194)を交えての洋上給油訓練も実施。 日米双方における柔軟な運用能力の構築を行いました。 日米の艦船による共同訓練は、4月2日にも護衛艦てるづき(DD-116)と沿海域戦闘艦ガブリエル・ギフォーズ(LCS-10)がアンダマン海で実施したばかり。 第7遠征打撃群司令官のフレッド・W・カッハー少将は「先週のガブリエル・ギフォーズとてるづきに続き、また日本の友らとともに航行できてワクワクしています。 COVID-19の世界的流行という困難な時期ではありますが、これらの訓練は世界でも重要なこの地域で、アメリカとその同盟国が一体となって進んでいくという面において、非常に重要なことなのです」と、今回の2週連続で実施された日米共同訓練についてコメントしています。 中国の活発化する海洋進出や、再度不安定化しつつある中東情勢など、インド太平洋地域の平和と安定は日米双方の安全保障において重要な関心事。 新型コロナウイルスの感染拡大防止にも気を使いつつ、訓練は続けられます。 <出典・引用> アメリカ海軍 ニュースリリース Image:U. Navy (咲村珠樹).

次の