歴代 総理 大臣。 歴代内閣総理大臣一覧

内閣総理大臣の一覧

歴代 総理 大臣

内閣職権、大日本帝国憲法及び内閣官制に基づく内閣 [ ] (明治18年)12月22日に成立した初代内閣のは、 及び(明治18年12月22日太政大臣公爵三条実美達)を設置根拠とした。 (明治22年)にが公布された後 、同年に(明治22年勅令第135号)が施行され、第3代内閣のが成立した(なお、 大日本帝国憲法には、の規定はあるものの、 内閣及び内閣総理大臣に関する規定はない。 以後、(昭和22年)に及びが施行され、内閣官制の廃止等に関する政令(昭和22年政令第4号)が公布・施行されるまで、内閣の設置は内閣官制を根拠とした。 内閣総理大臣及び国務大臣の選定過程、内閣の成立過程については、憲法その他の法令に詳細な規定は存在せず、慣習・慣例やその時々の有力者の思考等によって行われた。 そのため、時により例外はあるものの、概ね以下の過程をたどって、内閣は成立した。 は、などの推薦(奏薦)を受けて、次期内閣総理大臣の候補者に対し、国務各大臣の候補者を揃えて、内閣を組織すること()を命じる(これを「」と呼んだ)。 次期内閣総理大臣の候補者が、国務各大臣の候補者を揃えて天皇に推薦(奏薦)する。 天皇は元老、重臣会議などに意見を聞いて、内閣総理大臣及び国務大臣を任命する()。 () 44 1945年(昭和20年)10月 09日 (昭和21年) 05月22日 ・ 45 1946年(昭和21年) 05月22日 (昭和22年) 05月24日 日本自由党・日本進歩党 連合国軍占領下 日本国憲法及び内閣法に基づく内閣 [ ] (昭和22年)にが施行され、以後、の設置は同以下を根拠としている。 なお、第45代・はに基づいて成立したものの、同により、同憲法に基づいて成立したものとみなされた。 日本国憲法の施行に合わせて、内閣官制の後継法令となる(昭和22年法律第5号)が施行された。 日本国憲法に定められた内閣の成立過程は、以下の通りである。 は、の中からの議決によって指名され(1項)、に任命される(同1項)。 内閣総理大臣は内閣を組織するを任命し(同1項)、天皇はその任命を認証する(同5号)。 脚注 [ ]• 法令全書に記載された法令名は「太政大臣左右大臣参議各省卿ノ職制ヲ廃シ内閣総理大臣及各省諸大臣ヲ置キ内閣ヲ組織ス」である。 大日本帝国憲法が施行されたのは、第1回が開会された(明治23年)である。 なお、この時点で国務各大臣の候補者を揃えられない場合、、などと呼ばれる。 黒田内閣総辞職に際し、は黒田の辞表のみを受理。 他の閣僚は留任させ、三條實美に内閣総理大臣を兼任させた。 明治天皇が改めて山縣有朋に組閣の大命を下したのは2ヶ月も経ってからだったため、この間は一つの内閣が存在したものとして、かつては「三條暫定内閣」と呼んでいた。 ただし、今日では慣例としてこれを歴代の内閣には数えていない。 1924年(大正13年) 06月11日に成立した加藤高明の内閣は、連立が崩壊したため、一旦総辞職。 加藤はあらためて組閣の大命を受け、1925年(大正14年) 08月 02日憲政会単独の内閣を組織した。 かつてはこの 08月 02日以降の内閣を「第2次加藤高明内閣」と呼んでいたが、現在では両内閣を一貫して「加藤高明内閣」と呼ぶことが慣例化している。 国会から指名を受けた内閣総理大臣就任予定者は(首相官邸)に入り、国務大臣候補者を呼び込む組閣作業を始める。 首相就任予定者は組閣作業を終えた後、国務大臣候補者とともにへ参内し、天皇に国務大臣人事のを行う。 内奏の後、従前の内閣総理大臣が侍立(天皇の脇に付き添って立つこと)して内閣総理大臣任命式()が行われる()。 これにより従前の内閣()はその地位を失い、内閣総理大臣以下国務大臣は一斉に退官する。 これに引き続き、新・内閣総理大臣が侍立して国務大臣任命式()を行う。

次の

歴代内閣総理大臣ベスト10・ワースト10

歴代 総理 大臣

わずか2月で辞めた宇野宗佑氏(時事通信フォト) 9月の自民党総裁選は、総理・総裁の資質、政権運営の是非を問う重要な機会になる--はずだったが、党内は早くも安倍晋三の3選確実のムードで、そうした議論はまるで盛り上がっていない。 しかし、ついに在任期間歴代最長の総理となる安倍首相の評価は先人たちと比べてどうなのか--本誌は政治記者・評論家・学者52人に実名アンケートで「戦後歴代最低の総理大臣」を調査。 アンケートはワースト3位まで選んでもらい、1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイントとして集計した。 ワースト10に選ばれた歴代総理大臣と、その理由について紹介する。 (敬称略) 【1位:菅直人】 「東日本大震災のときの対応の悪さを見れば、危機管理ができていないことは自明だった。 初動でうまくやっていれば、ここまでの被害にならなかったはずだ」(元駐韓日本大使・武藤正敏)、「野党として政権を攻撃することには非常に能力の高い人だったが総理の器ではなかった。 経済も混乱させ、円高で80円台に乗せたのは菅総理のとき。 経済政策はちぐはぐで、緊縮財政を唱えつつ、緊急経済対策で財政資金をばらまくなど、まったく一貫していなかった。 結果、デフレを推進してしまった」(元民主党衆議院議員・木下厚)。 安積明子(政治ジャーナリスト)、有馬晴海(政治評論家)、潮匡人(評論家)、角谷浩一(政治ジャーナリスト)、岸博幸(元経産官僚・慶応大学大学院教授)、上念司(経済評論家)、高橋洋一(元大蔵官僚・嘉悦大学教授)、野末陳平(元参議院議員)、藤本順一(政治ジャーナリスト)、深谷隆司(元通産大臣)、筆坂秀世(元参議院議員)、脇雅史(元自民党参議院幹事長).

次の

歴代内閣総理大臣一覧|ヒストリーテラー

歴代 総理 大臣

内閣職権、大日本帝国憲法及び内閣官制に基づく内閣 [ ] (明治18年)12月22日に成立した初代内閣のは、 及び(明治18年12月22日太政大臣公爵三条実美達)を設置根拠とした。 (明治22年)にが公布された後 、同年に(明治22年勅令第135号)が施行され、第3代内閣のが成立した(なお、 大日本帝国憲法には、の規定はあるものの、 内閣及び内閣総理大臣に関する規定はない。 以後、(昭和22年)に及びが施行され、内閣官制の廃止等に関する政令(昭和22年政令第4号)が公布・施行されるまで、内閣の設置は内閣官制を根拠とした。 内閣総理大臣及び国務大臣の選定過程、内閣の成立過程については、憲法その他の法令に詳細な規定は存在せず、慣習・慣例やその時々の有力者の思考等によって行われた。 そのため、時により例外はあるものの、概ね以下の過程をたどって、内閣は成立した。 は、などの推薦(奏薦)を受けて、次期内閣総理大臣の候補者に対し、国務各大臣の候補者を揃えて、内閣を組織すること()を命じる(これを「」と呼んだ)。 次期内閣総理大臣の候補者が、国務各大臣の候補者を揃えて天皇に推薦(奏薦)する。 天皇は元老、重臣会議などに意見を聞いて、内閣総理大臣及び国務大臣を任命する()。 () 44 1945年(昭和20年)10月 09日 (昭和21年) 05月22日 ・ 45 1946年(昭和21年) 05月22日 (昭和22年) 05月24日 日本自由党・日本進歩党 連合国軍占領下 日本国憲法及び内閣法に基づく内閣 [ ] (昭和22年)にが施行され、以後、の設置は同以下を根拠としている。 なお、第45代・はに基づいて成立したものの、同により、同憲法に基づいて成立したものとみなされた。 日本国憲法の施行に合わせて、内閣官制の後継法令となる(昭和22年法律第5号)が施行された。 日本国憲法に定められた内閣の成立過程は、以下の通りである。 は、の中からの議決によって指名され(1項)、に任命される(同1項)。 内閣総理大臣は内閣を組織するを任命し(同1項)、天皇はその任命を認証する(同5号)。 脚注 [ ]• 法令全書に記載された法令名は「太政大臣左右大臣参議各省卿ノ職制ヲ廃シ内閣総理大臣及各省諸大臣ヲ置キ内閣ヲ組織ス」である。 大日本帝国憲法が施行されたのは、第1回が開会された(明治23年)である。 なお、この時点で国務各大臣の候補者を揃えられない場合、、などと呼ばれる。 黒田内閣総辞職に際し、は黒田の辞表のみを受理。 他の閣僚は留任させ、三條實美に内閣総理大臣を兼任させた。 明治天皇が改めて山縣有朋に組閣の大命を下したのは2ヶ月も経ってからだったため、この間は一つの内閣が存在したものとして、かつては「三條暫定内閣」と呼んでいた。 ただし、今日では慣例としてこれを歴代の内閣には数えていない。 1924年(大正13年) 06月11日に成立した加藤高明の内閣は、連立が崩壊したため、一旦総辞職。 加藤はあらためて組閣の大命を受け、1925年(大正14年) 08月 02日憲政会単独の内閣を組織した。 かつてはこの 08月 02日以降の内閣を「第2次加藤高明内閣」と呼んでいたが、現在では両内閣を一貫して「加藤高明内閣」と呼ぶことが慣例化している。 国会から指名を受けた内閣総理大臣就任予定者は(首相官邸)に入り、国務大臣候補者を呼び込む組閣作業を始める。 首相就任予定者は組閣作業を終えた後、国務大臣候補者とともにへ参内し、天皇に国務大臣人事のを行う。 内奏の後、従前の内閣総理大臣が侍立(天皇の脇に付き添って立つこと)して内閣総理大臣任命式()が行われる()。 これにより従前の内閣()はその地位を失い、内閣総理大臣以下国務大臣は一斉に退官する。 これに引き続き、新・内閣総理大臣が侍立して国務大臣任命式()を行う。

次の