ドッカンバトル 5周年プレゼント結果。 オリジナルグッズが当たる!5周年プレゼントキャンペーン

【ドッカンバトル】ドッカンフェス開催!新SSR「超ベジット」&「伝説の超サイヤ人ブロリー」登場!&みんなのガシャ結果まとめ!

ドッカンバトル 5周年プレゼント結果

合わせて読みたい ドラゴンボールZ ドッカンバトル レビューやってみた 時代の違うドラゴンボールの異変に気づいた主人公は未来から来たトランクスと一緒にその異変の原因を調べ始めた。 原作に登場する歴代のキャラ達を仲間にしてクエストを進めていきます。 このゲームでは スゴロク形式でマップを進めていき、止まったマスでアイテムを入手したり敵と遭遇するとバトルになります。 中には 止まるとダメージを受けるマスもあるため、上手に避けつつボスのいるマスを目指しましょう。 バトルはパズル形式になっていて、画面手前の同色のブロックをタップして消します。 3回消すと画面下のキャラが左側から順に攻撃を加えます。 多くのブロックをつなげることで、より多くの気を溜めることができます。 一定の気を溜めることで、キャラそれぞれの 必殺技が発動出来るようになります。 しかしながらガ チャを引く時に使う石をイベント等でたくさんプレゼントしてもらえます。 まあ課金しても欲しいキャラが出なかったりすると悔しいでしょうが。 合わせて読みたい ドラゴンボールZ ドッカンバトル 評価口コミ 個人的評価です。 プレイして思ったのが、 ロードがあまりなくサクサク進んでいくんですよね。

次の

【ドッカンバトル】5周年記念の生放送まとめ

ドッカンバトル 5周年プレゼント結果

概要 本放送では、5周年キャンペーンに関する 最新情報をお届けするほか視聴者数に応じた 「龍石」 のプレゼント企画や、 視聴者限定のプレゼント企画も予定しております。 番組終盤には驚きの発表も…!? ゴジータやベジットが登場! 龍石プレゼントチャレンジ 生放送の視聴者数に応じて、 最大45個の龍石プレゼント! 終了間近 45個だとキリが悪いので、さらに10個プラスで、 最大55個の龍石がプレゼント。 お祝いメッセージ ベジータ役の堀川りょうさん、孫悟空役の野沢雅子さんによるお祝いメッセージ動画放送。 視聴者プレゼント 野沢雅子さんと堀川りょうさんのサイン色紙をプレゼント。 本番組中に発表される「3個のキーワード」を集めて、番組終了後にTwitterに投稿して応募完了になります。 応募期間は、本日中になるので注意しましょう! 1つめのキーワード「W」 1個のキーワードは W 大文字のダブル) 2つめのキーワード「合体」 2個のキーワードは 合体 3つめのキーワード「おとうさん」 2個のキーワードは おとうさん 「 W合体おとうさん」をハッシュタグ形式 をつける)でTwitterでツイートで応募完了。 合計2名にサイン色紙をプレゼントのチャンス! イベント産ザマスがLRに 極限Zエリアが追加 壁紙キャンペーンの結果発表 コラボフィギュア ドッカンバトルのオリジナルグッズ製作中 非売品のグッズを鋭意作成中。 サントラやスマホリングなど Wドッカンフェス情報 フェス限LRキャラ LRまでドッカン覚醒するゴジータとベジットのWドッカンフェスが開催 キャラ 最終性能• ゴジータ側のドッカンフェスで排出されます。 キャラ 最終性能• ベジット側のドッカンフェスで排出されます。 スペシャルライブ 串田アキラさんによるスペシャルライブ「究極の聖戦」。 ドッカンフェス開催! 生放送中にドッカンフェスが開催されました。 5周年記念関連記事•

次の

【ドッカンバトル】ドッカンフェス開催!新SSR「超ベジット」&「伝説の超サイヤ人ブロリー」登場!&みんなのガシャ結果まとめ!

ドッカンバトル 5周年プレゼント結果

・本キャンペーンへのご応募に当たって、以下のURL記載の「キャンペーン規約」、及びプライバシーポリシーが適用されます。 ご応募に当たっては、本ページ記載の内容及び「キャンペーン規約」をご確認の上、ご同意の上ご応募ください。 なお、以下URL記載の内容と相反する内容が本ページの注意事項その他の箇所に記載されている場合、当該事項に関しては、本ページ記載の内容が「キャンペーン規約」に優先して適用されます。 ・当選されたお客様にはTwitterのダイレクトメールにてお知らせします。 この当選連絡は、いかなる場合も再発行いたしません。 ・お客様が不正行為等を行ったと当社が判断した場合、プレゼントの獲得は無効となります。 ・以下の項目に該当する場合は本キャンペーンの抽選対象外となります。 あらかじめご了承ください。 お客様がTwitterアカウントを非公開に設定している場合• キャンペーン終了までにTwitter公式アカウントのフォローを外す、 または該当ツイートの投稿を解除した場合• 投稿が正しくできていない場合• そのほか運営が不適切と判断した場合.

次の