ストロボ エッジ ロケ 地。 ストロボエッジは豪華キャストで漫画原作映画!ネタバレとロケ地は?

ストロボエッジは豪華キャストで漫画原作映画!ネタバレとロケ地は?

ストロボ エッジ ロケ 地

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 映画ストロボエッジ 相鉄線撮影ロケ地めぐり 「聖地巡礼ガイド」いずみ野駅、弥生台駅、緑園都市駅、南万騎が原駅 トラベルジャーナはてなブックマーク - 映画ストロボエッジ 相鉄線撮影ロケ地めぐり 「聖地巡礼ガイド」いずみ野駅、弥生台駅、緑園都市駅、南万騎が原駅 トラベルジャーナ プレビュー 映画ストロボエッジ 相鉄線撮影ロケ地めぐり 「聖地巡礼ガイド」いずみ野駅、弥生台駅、緑園都市駅、南万騎が原駅 トラベルジャーナはてなブックマーク - 映画ストロボエッジ 相鉄線撮影ロケ地めぐり 「聖地巡礼ガイド」いずみ野駅、弥生台駅、緑園都市駅、南万騎が原駅 トラベルジャーナ 映画ストロボエッジ 相鉄線撮影ロケ地めぐり 「聖地巡礼ガイド」いずみ野駅、弥生台駅、緑園都市駅、南万騎が原駅 トラベルジャーナ 「エッジ」とのな紹介 「エッジ」はとのW主演で撮... 続きを表示 「エッジ」とのな紹介 「エッジ」はとのW主演でされた胸が少し痛むような淡く清純なです。 ののほか、の、、、がされました。 なお、最も登場回数が多いのずみ野駅です。 後するによるも2箇所あり、や内でされた駅のなどを公開している示スペースもあり。 がないの駅だけでもよいでしょう。 の駅に着いたら すぐに「すること」はたった一つ はのを結んでい。 は途中の分かれる支線、ですので、のどちらもでき(も大差ありません)。 やでのようなを入手す。 そしてがあればバ.

次の

[B!] 映画ストロボエッジ 相鉄線撮影ロケ地めぐり 「聖地巡礼ガイド」いずみ野駅、弥生台駅、緑園都市駅、南万騎が原駅

ストロボ エッジ ロケ 地

大ヒット上映中のピュアラブストーリー映画「ストロボ・エッジ」。 新潟県内で撮影されたこの作品のロケ地マップを公開しました。 有村架純さん、 福士蒼汰さん主演の同作品は、新潟県の新潟市、新発田市、長岡市、胎内市で撮影されました。 新潟市では若者の集うファッショナブルタウン、万代シテイや信濃川の河川敷、歴史ある坂道などで心揺れ動く主人公たちのエピソードを撮影。 新発田市では重要な舞台である新発田高校で、市内高校生ら600人が参加して高校生活のまぶしい日常を再現しました。 長岡市ではスケールの大きな「フェニックス花火」の実写、胎内市では日本海に沈む夕日が美しく主人公たちを包みます。 また、もう一つの舞台である神奈川県の相鉄線のロケ地も紹介。 地元の方はお互いのロケ地を訪問しあうのも楽しいかもしれません。 ホームページからはロケ地めぐりに役立つよう、PDFファイルのマップもダウンロードできます。 近くの観光地やグルメなどおすすめスポットも掲載しています。 「ストロボ・エッジ」は公開初日の3月14日と15日の2日間で、興収3億3000万円を記録。 配給の東宝は、最終的に「25億円突破確実」とし大ヒットを宣言しました。 「ストロボ・エッジ」のロケ地マップはこちら。

次の

【映画ストロボエッジ】相鉄線撮影ロケ地めぐり|いずみ野駅、弥生台駅、緑園都市駅、南万騎が原駅

ストロボ エッジ ロケ 地

「月刊にいがた」さんで現在、コラム連載をさせて頂いております、田中です。 毎月、新潟ロケ作品を1本ずつ、ロケのエピソードとともに紹介させて頂きたいと思っております。 新潟フィルムコミッション協議会 フィルムコミッションのアドバイザー。 (2008年〜2017年9月はフィルムコミッション コーディネーターとして従事) 「映画で新潟を盛り上げよう!」という思いから、映画、テレビドラマ、CMなど、新潟県内においてのロケ撮影を誘致・支援する団体。 実際のロケをスムーズに進めるためのサポート業務などを行なっている。 田中さんは業界にも太いパイプを持ち、新潟県内のロケ誘致で大活躍。 趣味はもちろん映画鑑賞。 あとはレトロ建築物探索。 新潟県出身かと思いきやまさかの関西人です。 ということで、今回はそんな「春」だからこそ観てもらいたい新潟ロケ作品 『ストロボ・エッジ』をご紹介していきたいと思います。 咲坂伊緒原作の大ヒット少女コミックを福士蒼汰と有村架純の主演で映画化した青春物語で、監督は『余命1ヶ月の花嫁』や『きいろいゾウ』などを手がけた廣木隆一。 登場人物全員が片思いの切ない恋愛模様を見事なほど繊細に描いた作品なんです。 新潟の風景がたくさん映っている作品として話題になったので、当時、劇場で観た人が多いのでは?? なので、ご存知の方がほとんどだと思いますが、撮影のメインロケ地となったのは 「新発田高校」なのです。 新発田高校の校内。 特徴的な造りですよね〜 なぜ新発田高校でのロケが決まったんでしょう…? 実は次のような裏話があったんです。 2014年春先、製作会社はメインのロケ地となる学校を 全国約130校のなかから絞り込む作業を始めました。 新潟からも何校か提案しましたが、最終候補の3校に新発田高校が残ったんです。 その中からなぜ新発田高校に決まったのか? それは、当時の新発田高校校長のひとことだったんです。 「8月の撮影であればスケジュールに歩み寄りながら、こちらが調整するので大丈夫です」と。 この前向きなひとことにプラス、教頭をはじめ教員や事務局の方々、そして生徒たちの尽力もあり、新発田高校が選ばれたんですね〜。 学園ドラマなので高校生がたくさん出てくるのですが、もちろん生徒役エキストラは新発田市内の高校生たち。 新発田市内各高校や新発田高校の1・2年生から希望者を募ったんです。 特に文化祭のシーンでは、新発田高校の3年生有志も参加したので、皆さん、いい思い出になったと思いますよ。 写真はまさにその文化祭シーン。 大空間のなかに左右向き合って教室がある特徴的な校舎。 監督がもっとも気に入った場所なんですよ。 どっぺり坂での撮影風景。 公開後全国から大勢の人が聖地巡礼に訪れました。 レンガでできた階段と手すりのレリーフがとても美しい! 坂の上からの眺めも最高です 作品自体、新潟の設定ではないのですが、監督のサービスなのか、今はなきレインボータワーや新潟交通の銀バスがチラッと映ってるんです。 とにかく、皆さんがよく目にする新潟の風景がたくさん出てくるこの作品。 ストーリーはもちろんですが、皆さんにとっては違った意味でおもしろいかも。

次の