割愛 語源。 「割愛」の正しい意味と使い方を紹介!「省略」との違いもおさえよう!

「割愛」の意味と使い方・読み方・例文・類語・「省略」との違い

割愛 語源

割愛の意味・由来・語源とは? 実は「割愛」の語源はその文字通りと言いますか、「愛する気持ちを断ち切ること」という意味でした。 これは、とある生物の生態から来ています。 それは蚕です。 元々は「割愛」という言葉は養蚕用語でした。 蚕というのは雄と雌が交尾の時にかなり固く結びついて離れようとしません。 それこそ一日中かもしくはそれ以上の時間結ばれたままでいるそうです。 それだけなら仲睦まじいな、で済むのですがそれが時には卵を産みはじめる前に弱ってしまうほど長いことくっついていることもあったりして、交尾をしていない雌が出てきて不受精卵を産卵することになります。 これを割けるために無理やり引き離すのですが、これを「割愛」と言うのです。 文字通り、「愛を割る」ということですね。 これが日常においても使われるようになっていったのですが、この由来からもわかるように同じような意味として使われる「省略」よりも「本当はそうしたくないが仕方なく」というニュアンスが強くなります。 なので、「惜しいと思うものを捨てたり手放したりすること」が割愛の意味という風になります。 「こちらは必要がないので 省略します」 という言い方に対して 「こちらは時間の都合上 割愛します」という言い方をすることで「省略」と「割愛」を使い分けることが出来ますね。 この辺りは、何らかのプレゼンなどをする際によく使う言葉だと思いますが「こちらについてはお手元の資料をご覧いただければお分かりになると思いますので 割愛します」という使い方は誤用という風になります。 この場合は不必要だから切り捨てる、という意味なので「省略」が正しい使い方ですね。 これを裏付けるものとして、例えば教育界において教員がA大学からB大学へ移籍する際に、移籍先のB大学からA大学に対して「割愛顧」というものがあったり、航空業界においても民間のパイロットが不足した際に自衛隊が推薦して民間に移籍させることを「割愛」と呼んだりします。 どの業界においても人材は宝です。 その宝を無下に扱うようなことがあっては組織としての伸びしろは無いと言えますから、言葉一つでも慎重になりますよね。 その人事において「不必要なものを切り捨てる」の意で割愛という言葉は使うはずがないですね。 これはやはり、割愛の本来の意味が「惜しいと思うものを仕方なく手放す」ことから来ているという間接的な証拠でもあるのです。 この割愛の正しい意味について知っている人というのが、文化庁の調べによると2割以下になり、ほとんどの人が「不必要なものを切り捨てる」という意味で使っているそうです。 本来の意味とはまるで正反対の意味で捉えている人がこれほど多いと、本来の意味で使うほうが逆に誤解を受けてしまう事態が考えられますね。 間違った意味で理解している人の方が「割愛とは失礼じゃないか!そんな冷たい言い方をするな!」とお門違いの文句を言う様が目に浮かびます。 ここで、「割愛の本当の意味というのは・・・」と頭ごなしに理屈をぶつけてしまえば、相手はさらに強硬な姿勢に出ることでしょう。 なので、何が正しくて何が間違っているという紛うことなき正論を言うのではなく「相手が誤解する可能性もある」ということを念頭に置きながら言葉を発する、ということを心がける必要があるでしょう。 なので、最終的な結論としては「割愛」そのものを使わないほうが良い、という身もふたもないものになってしまいますが・・・次点で「非常に惜しいですが」「誠に心苦しくはありますが」と前置きをしてから「割愛する」という風に使う、というのが現実的な落としどころでしょうか。

次の

語源・由来|「たらふく」「割愛」 よく聞く言葉の意外な由来

割愛 語源

「割愛」を使う場面は? 大学自体では実習内容や卒論の発表会、社会人になってからは、会議・プレゼンなどの、人前で話す機会がたくさんあると思います。 その際に時間が足りなく、スライドを省く場合は、「次のスライドについては、時間がないため省略します」ではなく、「次のスライドについては、時間がないため割愛します」というように、「省略」ではなく「割愛」という言葉を使うようにしましょう。 割愛と省略の使い分けがきちんとできていないと、相手に失礼になる可能性が起きてしまいます。 たとえば、披露宴や結婚式のアナウンスで「多数の電報をいただきましたが、時間の都合で割愛いたします」と伝える場合は問題ありません。 しかし、「多数の電報を読むのは省略いたします」にしてしまうと、気持ちのこもった電報が不要なものであるものととらえられてしまいます。 「省略」と「割愛」ですが、似たような言葉でも、意味はまったく違うものになってしまいますので、「割愛」と「省略」の違いはしっかりと覚えておくと安心ですよ。 まとめ 今回は割愛の意味、省略との使い分けについてご紹介しました。 割愛という言葉を閊えるようになると、会議やプレゼンなどでのシーンで「少し時間が押しているからここは発表できないな」という場面になってしまっても、「ここは割愛させていただきます」とスムーズに場をまとめることができます。 割愛と省略の使い分けや似ているようで違う言葉などを、この機会にぜひ覚えておいてくださいね。 ・執筆:石川 広樹(いしかわひろき) 1989年生まれ、埼玉県出身。 名古屋学芸大学 管理栄養部 管理栄養学科 卒業。 管理栄養士として病院・有料老人ホームの現場を経験してから、司書への転身をはかる。 司書資格を取得後に、効率図書館・新聞社の調査チームへ。 2015年10月1日からは、フリーランスのライターとして活動開始。 「暮らし」をテーマにしたコラムを得意としており、AI(人工知能)にも興味あり。

次の

割愛はなぜ「愛」と書くの?言葉の語源を探ると面白かった件

割愛 語源

INDEX• 「割愛」とは?|意味と定義を解説! 「割愛」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの周りでは使われることが多いはずです。 だからこそ、「割愛」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、割愛の意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。 そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 割愛の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 割愛するとは何か?|読み方・意味・辞書の定義を簡単にわかりやすく! 割愛(かつあい)は「惜しいと思うものを、思いきって手放したり省略したりすること」という意味です。 割愛は公務員がよく使用する言葉 公務員には割愛人事という言葉があります。 「公務員が他の自治体や民間企業などへ籍を移すこと。 また、大学の職員が、他大学へ籍を移すこと」という意味です。 割愛と省略の意味の違い 省略は「簡単にするために一部を取り除くこと」という意味です。 割愛には省略の意味に加えて「惜しいと思うけど、仕方なく・・・」というニュアンスが含まれます。 割愛の使い方と例文 「説明を割愛させていただきます」 時間などの理由で説明を省くという意味です。 例:時間ですので説明を割愛させていただきます。 割愛の語源・由来は仏教用語 割愛するとはもともと惜しいもの・大切なものを思い切って省くという意味でした。 愛着を断ち切るという仏教語に由来します。 割愛の英語 omit 英語の例文・イディオム I will omit these parts. (この部分は割愛します) 割愛の類語・言い換え語 省く 取り除いて減らす。 簡略にする。 端折(はしょ)る ある部分を省いて短く縮める。 省略する。 カットする 省略する。 割愛の対義語・反対語 「詳細」「詳述」です。 割愛の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、割愛の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の