日テレ アナウンサー。 【日本テレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】

【日本テレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】

日テレ アナウンサー

視聴率No. 1テレビ局の実力は? 日本テレビの女子アナは多彩な美人が多く、人気のアナウンサーがたくさんいますよね! 女子アナ好感度ランキングで1位を複数回獲得している水卜アナや、若手期待の郡司アナのような正統派美人アナまでほんとに色々なアナウンサーがいます。 最近は女子大生の理想形のようなアナウンサーの採用が多いようなイメージですが、ちょっと前にはホステス騒動の笹崎アナなど多才な顔ぶれがそろっています。 日本テレビではどちらかというと実力重視のような印象もありますが、それでも根底にある人気の条件というのは、美人であることには変わりはありません。 今や視聴率No. 1の局だけに、その女子アナはまさに局の顔ですよね。 日本テレビの女子アナはその名に恥じない実力と美貌を兼ね備えた人材ばかりです。 やっぱりそれぞれの局ごとに特徴みたいなものがあると思うんですが、なんというか日本テレビの女子アナはほんとに多彩で、ひとくくりにはできないです。 人材の豊富さを感じさせますね。 そこでこのページでは気になる日本テレビ女子アナの美人ランキングを作ってみました! 第1位:滝菜月アナウンサー 第1位はこの人、 滝菜月アナです! 滝菜月アナは2016年入社の若手ながら、すでに日本テレビ将来のエースアナ候補と言われています。 そしてそれだけの人気が滝菜月アナにはあるのです。 日本テレビの正統派美人女子アナといったイメージが強く、きれい、真面目、実力があるなど女子アナに必要な要素をすべて兼ね備えています。 しかもこれだけのスタイルですから、見る人すべてを魅了していますね。 滝菜月アナを有名にしたのは間違いなく「ヒルナンデス」でしょう。 ヒルナンデスに出演してからというもの「この美しい女子アナは誰だ?」とネット上で話題になりました。 こういう感じの女子アナはみんなから好かれますよね。 今後日本テレビは滝菜月アナが引っ張っていくことは間違いないでしょう。 滝菜月アナについて気になったあなたはこちらの記事を参照してください。 第2位:郡司恭子アナウンサー 第2位は 郡司恭子アナです! 郡司恭子アナは2013年の入社でまだまだ若手のアナウンサーですが、正統派美人と呼ぶにふさわしい美しさを持っています。 清楚な女子大生っぽい雰囲気を持ちながら最近は大人の魅力が出てきました。 このアナウンサーは今後もっと美人になっていく感じがします。 郡司恭子アナはあまりにかわいいためネット上では「顔採用か!?」と噂されるほどでした。 そんな話題が出るたびに「いやいや女子アナって顔採用でしょ!」という突っ込みが入るようなやりとりが流行ってましたね(笑。 まあそれだけ美人ってことです。 現在はoha4! など朝の報道番組を中心に出演していますが、これからはもっとバラエティにも出演してほしいですね! スタイル抜群 郡司恭子アナについてはこちらの記事を参考にしてください。 第3位:水卜麻美アナウンサー 第3位は 水卜麻美アナです! やっぱり日本テレビといえばこの人は外せないでしょう。 ぽっちゃり系女子アナの代表格で、人気女子アナランキングNo. 1を何回も獲得しています。 めちゃくちゃ性格がいいことでも有名で、番組でもその性格の良さがにじみ出てますよね。 美人なんですがそれを感じさせないほどに親しみやすさが人気の秘訣です。 多分この人と結婚したら絶対幸せだろうなあと思わせてくれるアナウンサーですよね。 好感度No. 1も頷けます。 アナウンサーにも色々なタイプがあると思うんですが、ここまで見ていて不快な感じがしないアナウンサーも珍しいと思います。 日本テレビはこういう才能を見つけてくるからすごいですよね。 ほかの局にはないセンスを持っています。 水卜麻美アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第4位:笹崎里菜アナウンサー 第4位は 笹崎里菜アナです! この人はなんといっても美人!ほんとに美人顔です。 日本テレビでは一番派手な美人ではないでしょうか。 なんというかセレブ感にあふれていてまぶしいです。 しかも最近はそこに清楚さが増してきて、最強クラスのアナウンサーに成長してきています。 入社時はまだまだギャルっぽかったんですが、最近の笹崎里菜アナはほんとに美人です。 さらにスタイルがいいんですよね。 細身で出るところは出てるのでほんと綺麗です・・・ 笹崎里菜アナはホステス内定取り消し騒動で有名になりましたが、いまではそれをネタにするほどになっています。 間違いなく将来大物になるでしょうね。 それだけの実力と美貌を兼ね備えています。 現在はニュースやバラエティなどバランスよく出演していて、将来の日テレのエース候補の一人です。 特にSENSORSでの衣装は最高ですね。 笹崎里菜アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第5位:岩田絵里奈アナウンサー 第5位は若手人気No. 1からランクインです。 それは 岩田絵里奈アナです! 岩田アナは幼いような顔にも見えるし、妖艶な大人の魅力を持った女性にも見えるし、なんだか不思議な魅力があります。 間違いなく言えることは、この顔は将来的にさらに美人になっていく顔ですよ。 ほんと楽しみです。 笑顔がとてもかわいいので、視聴者からの人気がかなりすごいです。 入社5年目くらいの若手アナのなかでは一番目立っていますよね。 それだけ今後の成長が楽しみな有望株です。 岩田絵里奈アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第6位:畑下由佳アナウンサー 第5位は 畑下由佳アナです。 将来性で畑下アナを5位にしました。 畑下由佳アナはなんといってもスタイルがめちゃくちゃいいです! 身長171cmでまさにモデル並みの体型を持っています。 細身で足が長いので、見とれてしまいます。 日テレで一番スタイルがいいんじゃないですかね。 ほんと綺麗ですよ。 畑下アナは現在はおは4など、早朝の番組に出演していることが多いので、あまり知られていないのですが、今後確実に人気の出てくるアナウンサーだと思います。 畑下由佳アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第7位:鈴江奈々アナウンサー 第6位は鈴江奈々アナウンサーです。 5年前だったら一秒も迷わずにこの人を6位にしていたでしょう。 それだけの美貌をこの人は持っています。 迷ったのはどうしても女子アナとしてのピークは過ぎていると感じてしまうからです・・・ もちろんいまもめちゃくちゃ美人だったんですが、5年前はもう手が付けられないほどの美人でした。 ただいまでもその頃の印象が私のなかで強烈に残っているので、鈴江アナを1位にしてみました。 異論は認めます(笑。 鈴江アナは元ミス慶應グランプリを獲得しています。 そして日本テレビ入社後も報道からバラエティまで数々の人気番組を任されてきた実績があります。 日本テレビの長い歴史の中でも1位2位を争うほどの美人さだと思いますよ。 鈴江奈々アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第8位:杉野真実アナウンサー 第7位は 杉野真実アナです! 杉野真実アナは正真正銘のお嬢様アナです。 すでに日本テレビの中堅アナとなっていますよね。 この人は本当に最近色っぽくなりましたよね。 前は清楚系アナの代表格でしたが、いまは色気のある女子アナの代表格となっています。 将来的にはさらに美人に、そして魅力が増してくる気がします。 杉野真実アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 今後はアンドロイドの活用がさらに進むと思われますが、アオイエリカアナはその先駆けのような存在ですね。 日本テレビ女子アナウンサー一覧 2001年入社 2003年度入社 2010年度入社 2011年度入社 2012年度入社 2013年度入社 2014年度入社 2015年度入社 2016年度入社 2017年度入社 2018年度入社 2019年度入社 退社アナ お天気キャスター まとめ 日本テレビの美人女子アナランキングを発表しました。 管理人の個人的な主観が結構入ってますが、大体当たってるんじゃないでしょうか。 やっぱりこうしてみると日本テレビはほんと多彩ですね!色々なタイプのアナウンサーが揃っているので選ぶのに苦労しました。 そして日本テレビはほんとに美人のアナウンサーが揃っているので、このランキングの順位の入れ替わりも激しそうです。 どんどん更新していきたいと思います。 ぜひ参考にしてください! 最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が気に入ったらぜひシェアしていただけるとうれしいです。

次の

日本テレビのアナウンサー一覧

日テレ アナウンサー

視聴率No. 1テレビ局の実力は? 日本テレビの女子アナは多彩な美人が多く、人気のアナウンサーがたくさんいますよね! 女子アナ好感度ランキングで1位を複数回獲得している水卜アナや、若手期待の郡司アナのような正統派美人アナまでほんとに色々なアナウンサーがいます。 最近は女子大生の理想形のようなアナウンサーの採用が多いようなイメージですが、ちょっと前にはホステス騒動の笹崎アナなど多才な顔ぶれがそろっています。 日本テレビではどちらかというと実力重視のような印象もありますが、それでも根底にある人気の条件というのは、美人であることには変わりはありません。 今や視聴率No. 1の局だけに、その女子アナはまさに局の顔ですよね。 日本テレビの女子アナはその名に恥じない実力と美貌を兼ね備えた人材ばかりです。 やっぱりそれぞれの局ごとに特徴みたいなものがあると思うんですが、なんというか日本テレビの女子アナはほんとに多彩で、ひとくくりにはできないです。 人材の豊富さを感じさせますね。 そこでこのページでは気になる日本テレビ女子アナの美人ランキングを作ってみました! 第1位:滝菜月アナウンサー 第1位はこの人、 滝菜月アナです! 滝菜月アナは2016年入社の若手ながら、すでに日本テレビ将来のエースアナ候補と言われています。 そしてそれだけの人気が滝菜月アナにはあるのです。 日本テレビの正統派美人女子アナといったイメージが強く、きれい、真面目、実力があるなど女子アナに必要な要素をすべて兼ね備えています。 しかもこれだけのスタイルですから、見る人すべてを魅了していますね。 滝菜月アナを有名にしたのは間違いなく「ヒルナンデス」でしょう。 ヒルナンデスに出演してからというもの「この美しい女子アナは誰だ?」とネット上で話題になりました。 こういう感じの女子アナはみんなから好かれますよね。 今後日本テレビは滝菜月アナが引っ張っていくことは間違いないでしょう。 滝菜月アナについて気になったあなたはこちらの記事を参照してください。 第2位:郡司恭子アナウンサー 第2位は 郡司恭子アナです! 郡司恭子アナは2013年の入社でまだまだ若手のアナウンサーですが、正統派美人と呼ぶにふさわしい美しさを持っています。 清楚な女子大生っぽい雰囲気を持ちながら最近は大人の魅力が出てきました。 このアナウンサーは今後もっと美人になっていく感じがします。 郡司恭子アナはあまりにかわいいためネット上では「顔採用か!?」と噂されるほどでした。 そんな話題が出るたびに「いやいや女子アナって顔採用でしょ!」という突っ込みが入るようなやりとりが流行ってましたね(笑。 まあそれだけ美人ってことです。 現在はoha4! など朝の報道番組を中心に出演していますが、これからはもっとバラエティにも出演してほしいですね! スタイル抜群 郡司恭子アナについてはこちらの記事を参考にしてください。 第3位:水卜麻美アナウンサー 第3位は 水卜麻美アナです! やっぱり日本テレビといえばこの人は外せないでしょう。 ぽっちゃり系女子アナの代表格で、人気女子アナランキングNo. 1を何回も獲得しています。 めちゃくちゃ性格がいいことでも有名で、番組でもその性格の良さがにじみ出てますよね。 美人なんですがそれを感じさせないほどに親しみやすさが人気の秘訣です。 多分この人と結婚したら絶対幸せだろうなあと思わせてくれるアナウンサーですよね。 好感度No. 1も頷けます。 アナウンサーにも色々なタイプがあると思うんですが、ここまで見ていて不快な感じがしないアナウンサーも珍しいと思います。 日本テレビはこういう才能を見つけてくるからすごいですよね。 ほかの局にはないセンスを持っています。 水卜麻美アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第4位:笹崎里菜アナウンサー 第4位は 笹崎里菜アナです! この人はなんといっても美人!ほんとに美人顔です。 日本テレビでは一番派手な美人ではないでしょうか。 なんというかセレブ感にあふれていてまぶしいです。 しかも最近はそこに清楚さが増してきて、最強クラスのアナウンサーに成長してきています。 入社時はまだまだギャルっぽかったんですが、最近の笹崎里菜アナはほんとに美人です。 さらにスタイルがいいんですよね。 細身で出るところは出てるのでほんと綺麗です・・・ 笹崎里菜アナはホステス内定取り消し騒動で有名になりましたが、いまではそれをネタにするほどになっています。 間違いなく将来大物になるでしょうね。 それだけの実力と美貌を兼ね備えています。 現在はニュースやバラエティなどバランスよく出演していて、将来の日テレのエース候補の一人です。 特にSENSORSでの衣装は最高ですね。 笹崎里菜アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第5位:岩田絵里奈アナウンサー 第5位は若手人気No. 1からランクインです。 それは 岩田絵里奈アナです! 岩田アナは幼いような顔にも見えるし、妖艶な大人の魅力を持った女性にも見えるし、なんだか不思議な魅力があります。 間違いなく言えることは、この顔は将来的にさらに美人になっていく顔ですよ。 ほんと楽しみです。 笑顔がとてもかわいいので、視聴者からの人気がかなりすごいです。 入社5年目くらいの若手アナのなかでは一番目立っていますよね。 それだけ今後の成長が楽しみな有望株です。 岩田絵里奈アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第6位:畑下由佳アナウンサー 第5位は 畑下由佳アナです。 将来性で畑下アナを5位にしました。 畑下由佳アナはなんといってもスタイルがめちゃくちゃいいです! 身長171cmでまさにモデル並みの体型を持っています。 細身で足が長いので、見とれてしまいます。 日テレで一番スタイルがいいんじゃないですかね。 ほんと綺麗ですよ。 畑下アナは現在はおは4など、早朝の番組に出演していることが多いので、あまり知られていないのですが、今後確実に人気の出てくるアナウンサーだと思います。 畑下由佳アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第7位:鈴江奈々アナウンサー 第6位は鈴江奈々アナウンサーです。 5年前だったら一秒も迷わずにこの人を6位にしていたでしょう。 それだけの美貌をこの人は持っています。 迷ったのはどうしても女子アナとしてのピークは過ぎていると感じてしまうからです・・・ もちろんいまもめちゃくちゃ美人だったんですが、5年前はもう手が付けられないほどの美人でした。 ただいまでもその頃の印象が私のなかで強烈に残っているので、鈴江アナを1位にしてみました。 異論は認めます(笑。 鈴江アナは元ミス慶應グランプリを獲得しています。 そして日本テレビ入社後も報道からバラエティまで数々の人気番組を任されてきた実績があります。 日本テレビの長い歴史の中でも1位2位を争うほどの美人さだと思いますよ。 鈴江奈々アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第8位:杉野真実アナウンサー 第7位は 杉野真実アナです! 杉野真実アナは正真正銘のお嬢様アナです。 すでに日本テレビの中堅アナとなっていますよね。 この人は本当に最近色っぽくなりましたよね。 前は清楚系アナの代表格でしたが、いまは色気のある女子アナの代表格となっています。 将来的にはさらに美人に、そして魅力が増してくる気がします。 杉野真実アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 今後はアンドロイドの活用がさらに進むと思われますが、アオイエリカアナはその先駆けのような存在ですね。 日本テレビ女子アナウンサー一覧 2001年入社 2003年度入社 2010年度入社 2011年度入社 2012年度入社 2013年度入社 2014年度入社 2015年度入社 2016年度入社 2017年度入社 2018年度入社 2019年度入社 退社アナ お天気キャスター まとめ 日本テレビの美人女子アナランキングを発表しました。 管理人の個人的な主観が結構入ってますが、大体当たってるんじゃないでしょうか。 やっぱりこうしてみると日本テレビはほんと多彩ですね!色々なタイプのアナウンサーが揃っているので選ぶのに苦労しました。 そして日本テレビはほんとに美人のアナウンサーが揃っているので、このランキングの順位の入れ替わりも激しそうです。 どんどん更新していきたいと思います。 ぜひ参考にしてください! 最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が気に入ったらぜひシェアしていただけるとうれしいです。

次の

【日本テレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】

日テレ アナウンサー

1990年 -• 1991年 - (アナウンス専門部長)• 1992年 - (アナウンス部専門副部長兼チーフアナウンサー)• 1993年 -• 1994年 -• 1995年 -• 1996年 -• 1997年 - 、• 1998年 - 、• 2000年 -• 2001年 -• 2002年 -• 2003年 -• 2004年 -• 2005年 -• 2006年 - 、• 2008年 -• 2009年 -• 2011年 -• 2012年 - 、• 2013年 -• 2014年 - 、• 2015年 -• 2016年 -• 2017年 - 、• 2018年 - 、• 2019年 -• 2020年 - 、 女性 [ ]• 1980年 - (アナウンス専門部長)• 1990年 - (アナウンス部次長)• 1996年 -• 1998年 -• 2001年 -• 2003年 -• 2010年 -• 2011年 -• 2012年 - 、• 2013年 - 、、• 2014年 - 、• 2015年 - 、• 2016年 - 、• 2017年 - 、• 2018年 - 、、• 2019年 - 、• 他部署へ異動 [ ] 丸かっこ内の数字は編成局アナウンス部在籍期間。 (1985年 - 2003年、取締役常務執行役員。 社長室出向局次長現職出向)• (1986年 - 2006年、情報・制作局次長)• (1987年 - 1996年、事業局24時間テレビ事務局担当副部長)• (1990年 - 1999年、コンプライアンス推進室)• (1991年 - 1999年、総務局総務部長)• (1992年 - 1998年、NTV International代表)• (1996年 - 2004年、報道局ニュースセンタープロデューサー)• (1999年 - 2011年、事業局プロデューサー)• (2002年 - 2006年、編成局制作部)• (2003年 - 2005年、スポーツ局)• (2003年 - 2016年、報道局)• (2004年 - 2010年、情報・制作局プロデューサー)• (2008年 - 2010年、報道局) 女性• P代表取締役社長、日テレイベンツ常務取締役。 グループ戦略室出向局次長現職出向)• (1984年 - 1996年、人事局厚生労務部担当部次長)• (1991年 - 2001年、報道局社会部専門副部長)• (1993年 - 2004年、事業局プロデューサー)• (1993年 - 2003年、スポーツ局プロデューサー)• (1996年 - 2012年、営業局首都圏営業部)• (1997年 - 2005年、営業局スポット営業部)• (2002年 - 2018年、編成局)• (一時期姓が 石田の時期あり)(2006年 - 2018年、インターネット事業局、2016年6月から2018年5月まではアナウンサーとの兼任) 退社・退職者 [ ] 丸かっこ内の数字は日本テレビ在籍期間。 特記事項の無い人物は主にや、、として活動している。 男性 [ ]• (1953年 - 1975年) - より移籍。。 (1953年 -? (1953年 -? ) - より移籍。 (1953年 -? ) - NHK より移籍。 (1953年 -? (1953年 -? ) - NHK より移籍。 (1953年 -? ) - 1997年没。 (1956年 - 1978年)• (1956年 - 1972年) - 退社後フリー。 アナウンサープロダクション『シオノ事務所』代表取締役。 (1956年 - 1994年) - 2018年没。 (1957年 -? ) - 1997年没。 (1957年 -? 2017年現在、東京相撲記者クラブ会友。 (1957年 - 1994年)• (1957年 - 1994年) - 後に報道局へ異動。 (1960年 - 1990年 ) - 退社後、分野を中心としたに転向。 番組出演は2004年まで日本テレビに限定していた。 長女は元NHKアナウンサーの。 (1960年 - 1997年)• (1962年 - 1993年) - 同年へし、その後退職。 (1962年 - 2004年 ) - 2006年4月より『』• (1963年 - 1989年) - 退社後フリー。 (1963年 - 1992年) - より移籍。 定年退職後フリー。 (1964年 - 2001年) - 定年退職を以て引退。 (1965年 - 2002年 ) - 元常務取締役、• (1966年 - 1991年) - 1970年に報道局より異動。 退社後フリー。 (1967年 - 2003年 ) - 元取締役。 (1967年 - 2004年) - 元(現:)取締役社長。 2006年に取締役相談役に就任。 (1968年 - 2006年 ) - 2013年没。 妻は江川範子。 (1968年 - 1972年) - 退社後フリー。 (1969年 - 2011年 ) - ラジオ日本退職後フリー。 (1974年 - 2011年 ) - コンテンツ事業局を経て定年退職後フリー。 (1977年 - 1986年) - 退社後フリー。 2019年4月より。 (1977年 - 2014年 ) - ラジオ日本「小鳩の愛〜eye〜」パーソナリティ。 (1979年 - 2014年 ) - 常務取締役。 (1981年 - 2006年) - 広報局へ異動後退職しフリー。 日テレ学院アナウンススクール講師、。 (1981年 - 2008年) - より移籍。 定年退職後フリー。 会社『パーフェクト・スピーチ』代表取締役社長。 (1982年 - 2019年) - 報道局、出版部、スポーツ局を経て退社。 (1984年 - 2007年) - より移籍。 事業局を経て退社後フリー。 『若林健治アナウンススクール』主宰。 (1985年 - 1991年)• (1988年 - 2005年) - 退社後フリー。 (1994年 - 2011年) - 退社後フリー。 (1997年 - 2006年) - 一般企業勤務。 (1999年 - 2015年) 女性 [ ]• (1953年 -? (1953年 -? (現姓:横田、1954年 -? (現姓:細田、1956年 -? (1956年 -? (現姓:加藤、1956年 -? (1956年 -? (1957年 -? (現姓:小坂、1958年 -? ) - 夫は元日本テレビプロデューサーの小坂敬。 (現姓:斎藤、1958年 -? (1959年 -? (現姓:田矢、1959年 -? (村上姓を経て田原姓、1959年 -? ) - エッセイスト。 2004年没。 夫はの。 (1959年 -? (1959年 -? (1961年 -? (現姓:久保、1961年 -? ) - 夫は、長女は元NHKアナウンサーの久保純子。 (1961年 - 1998年)• (1962年 - 1999年)• (1962年 - 1999年)• (1963年 - 2000年)• (現姓:青尾、1963年 - 2000年 ) - 定年退職を以て引退。 (現姓:守田、1964年 - 2001年)• (1964年 - 2001年)• (現姓:白石、1967年 -? ) - 日テレ学院アナウンススクール講師。 (現姓:神山、1967年 - 2013年 )• (1967年 -? ) - 元日テレ学院アナウンススクール講師。 (現姓:中西、1968年 - 2003年)• (1968年 - 2005年)• (現姓:芦沢、1970年 -? ) - 退社後フリー。 夫は芦沢俊美。 (1974年 - 1981年) - 退社後フリー。 (1974年 - 2010年 ) - 定年退職後、教授に就任。 (1976年 -? ) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師。 (1977年 - 2009年 ) - 在職中に死去。 (1981年 - 1987年) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師、。 (1982年 - 2019年) - 報道局、経理局、営業局、コンプライアンス推進室を経て、退社。 (1983年 - 1995年) - 国際局、広報局を経て退社。 (1986年 - 1994年) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師。 (1987年 - 2007年) - 在職中に死去。 (1988年 - 2000年) - 退社後フリー。 (1988年 - 1996年) - 退社後フリー。 (1989年 - 1995年) - 2001年没。 (1991年 - 2001年) - 報道局を経て退社後フリー。 (1992年 - 1999年) - 退社後フリー。 (1992年 - 2009年) - 退社後フリー。 (1995年 - 2004年) - 退社後フリー。 (1995年 - 2011年) - 報道局を経て退社後フリー。 (1997年 - 2014年) - 退社後フリー。 (1998年 - 2004年) - プロ野球投手と結婚、退社。 (1999年 - 2002年) - スポーツ部を経て退社。 元選手、フリーアナウンサー、日テレ学院アナウンススクール講師、フィギュアスケート、広告宣伝・ブランディング会社『ディオ』代表。 (1999年 - 2010年) - 在職中(育児休暇中)に死去。 (2000年 - 2006年) - のと結婚後、活動を休止。 現在は東京都在住。 (2000年 - 2008年) - 退社後活動休止。 (2000年 - 2016年) - 後にスポーツ局へ異動。 退社後フリー。 (2001年 - 2007年) - 退社後フリー。 (2001年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2002年 - 2012年) - 退社後フリー。 (2002年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2003年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2004年 - 2009年) - 退社後フリー。 (2005年 - 2010年) - 退社後活動休止。 (2006年 - 2012年) - 退社後フリー。 (2007年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2008年 - 2017年) - 退社後フリー。 (2009年 - 2016年) - 退社後フリー。 元日テレ学院アナウンススクール講師。 局契約 [ ]• (1968年 - 1971年) - 元、(局契約)アナウンサー。 NETとの契約満了後に移籍し、「」「」のMCを務めた• (1983年 - 1987年) - 元NHKアナウンサー• (1985年 - 1987年) - 元NHKアナウンサー• (2006年 - 2013年) - 元アナウンサー。 主に・を担当• (2014年 - 2015年) - 元アナウンサー アナウンサー番組 [ ]• (2014年 - ) ラジオ日本• (2012年4月中は放送休止。 ) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2015年6月から2017年5月まではのアナウンサー・運営スタッフとして出向していた。 2016年以前は報道系番組等で本名の「鈴木崇司」で出演していたが、2017年から名義を統一した。 2004年6月28日 - 2012年5月は報道局・キャスター担当部長。 1951年入局。 1940年二次入局。 1950年入局。 1947年後期入局。 後に報道局へ異動し、記者を経てキャスター兼コメンテーター。 国際局長を経て日本テレビアナウンスカレッジ(現・日テレ学院アナウンススクール)の創設に参画。 2000年に定年退職し、その後契約社員として勤務。 1960年入社。 報道局へ異動後、政治部長などを歴任。 福島テレビは系列局なので誤り。 報道局記者として入社。 後に報道局へ異動• 1996年に事業局へ異動。 定年前にアナウンス部教育担当部長を務める。 2003年にラジオ日本へ出向。 エグゼクティブアナウンサー、取締役編成局長、同営業局長を歴任。 2003年にコンテンツ事業局へ異動。 2000年にコンテンツ事業局へ異動。 現在、公益財団法人日本テレビ小鳩文化事業団の業務に従事。 1990年代前半にアナウンサーを退き、人事局勤務を経て関連会社役員を歴任。 1970年入社• 1981年入社• 1992年に事業局へ異動し、定年まで勤務。 1986年に報道局へ異動し、その後事業局、広報局に勤務。 定年を迎えた後も約9年間嘱託でドラマやバラエティの広報を担当。 2001年より関連会社役員を務める。 1994年に編成局・ネットワーク局・営業局等異動し、定年まで勤務。 1993年に報道局へ異動。 出典 [ ]• NHKアナウンサー史編集委員会「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』講談社、1992年12月21日、13頁。 『』 -• 「」 pdf 『日本記者クラブ会報』第577号、、2018年3月10日、 25頁、 2019年4月17日閲覧。 NHKアナウンサー史編集委員会「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』講談社、1992年12月21日、15頁。 , 日本民放クラブ 2017年11月22日閲覧• 1997年にアナウンス部を離れ、代表取締役社長、日本テレビ取締役副社長など重役を歴任。 メディアハウス. 2018年9月21日閲覧。 群馬県立沼田高等学校. 2018年9月19日閲覧。 中村こずえのひとりごと. はまぞう. 2019年4月17日閲覧。 「 」 『社団法人日本映像ソフト協会会報』NO. 121、、2007年4月10日、 13頁、 2017年9月9日閲覧。 朝日新聞 朝日新聞社. 2004年8月13日. の2004年8月13日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 「DJ訪問 江川範子」『週刊朝日』、朝日新聞出版、1978年5月12日、 50頁。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2009年4月23日. 2019年4月17日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2007年2月3日. の2016年5月31日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2001年9月19日. の2001年12月18日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 日刊スポーツ新聞社 日刊スポーツ新聞社. 2010年7月28日. 2019年4月17日閲覧。 参考文献 [ ].

次の