カスタ ディーヴァ。 カスタディーヴァを現役時管理の田村師「神々しい」|極ウマ・プレミアム

白毛馬カスタディーヴァ裸同然47キロに藤田菜七子|極ウマ・プレミアム

カスタ ディーヴァ

JRA史上初の南半球産の白毛馬として話題になったカスタディーヴァ(牝6)が北海道浦河町のディアレストクラブで初子の牡馬(父ゴールドシップ)を出産したことがわかった。 白毛だった。 所有するディアレストクラブの高樽秀夫代表は「昨日(12日)の夜に生まれました。 初子ですが、安産でした。 子どもは30分ほどで立ってくれて、とても元気です。 骨が大きく、脚もともきれいです」と声を弾ませた。 カスタディーヴァは父がハイシャパラル、母が白毛のジオペラハウスという血統のニュージーランド産馬。 16年にニュージーランドのカラカ・プレミア・イヤリングセールで落札され、日刊スポーツ本紙で馬名を公募し、「清らかな女神」という馬名でデビューした。 デビュー戦は17年2月、フェブラリーS当日に行われた東京競馬場の新馬戦(10着)。 同年夏の函館で初勝利を挙げ、秋の中山開催では藤田菜七子騎手が47キロで騎乗したことも大きな話題になった。 18年夏に現役を引退し、繁殖入り。 昨年はゴールドシップと交配されていた。 所有馬が白毛のユキチャンと同じレースを走り、白毛馬に魅了されたのが高樽代表。 セールでは海外バイヤーと激しい争奪戦となり、消費税や関税、輸送費を含め、5000万円近い費用がかかった。 それでも、カスタディーヴァを落札した当時の取材では「日本にもう1つ、白毛の系統を作りたい」「アイドルホースですし、彼女を浦河の観光名所にしたいくらい。 責任を感じる」、デビュー前の取材では「競走馬としての活躍もですが、何よりも繁殖牝馬として期待してます。 生まれてくる子馬が白とは限らない。 出産で脚を見たときには毛色がわかってしまう。 でも、この白毛の美しさ見るとね・・・」と心境、夢を語っていた。 白毛馬から白毛馬が生まれるとは限らない。 白毛を探し求め、ニュージーランドの出会いから4年、カスタディーヴァの2020(牡)の誕生に「感動しましたね」と声を震わせた。 ネタ元:.

次の

白毛馬カスタディーヴァが白毛の初子牡馬を無事出産|極ウマ・プレミアム

カスタ ディーヴァ

0 12 5 5 2:40. 0 0. 6 37. 2 - 35. 7 S 36. 0 15 7 12 2:31. 8 0. 6 36. 8 - 37. 9 S 37. 0 8 4 4 2:29. 6 0. 3 39. 0 - 33. 6 S 33. 0 15 5 8 1:50. 3 3. 3 30. 3 - 38. 6 H 40. 0 14 4 5 2:01. 0 1. 0 34. 6 - 36. 2 H 37. 0 13 7 10 1:47. 6 0. 7 36. 0 - 35. 1 M 35. 0 17 2 3 2:16. 3 1. 0 38. 0 - 34. 6 S 35. 0 11 8 10 2:43. 1 0. 1 38. 4 - 35. 4 S 35. 0 16 3 6 1:49. 6 0. 7 36. 6 - 35. 6 S 35. 0 18 1 2 1:48. 3 0. 3 35. 9 - 34. 7 M 34. 0 16 5 10 1:52. 6 1. 2 37. 7 - 34. 6 S 35. 7 446 --- 3 3 3.

次の

白毛馬カスタディーヴァが白毛の初子牡馬を無事出産|極ウマ・プレミアム

カスタ ディーヴァ

少し古いネタですが、に次のような記事がありました。 (netkeiba. com:2020-03-22) 2019年 9月からニュージーランドに遠征している小崎綾也騎手の勝利を伝える記事ですが、という白毛馬に騎乗していたとのことです。 ニュージーランドということで、の弟や妹の白毛馬のことだろうと思いましたが、まさかの突然変異による白毛馬でした。 白毛の情報に関しては海外にもアンテナを張っていたつもりでしたが、すでに競走馬として活躍中で、しかも小崎綾也騎手が騎乗していなければこの記事にも出会えなかったことを考えると、まだまだ情報収集力が足りません。 このLuminousについて説明します。 Luminousは2015年10月 7日生まれのニュージーランド産の白毛牝馬で、父は芦毛 gr のReliable Man GB 、母は鹿毛のKeenly NZ であり、Luminousは母の初仔になります。 小崎綾也騎手の騎乗による3月14日時点で9戦2勝ですが、2019年のValachi Downs Royal Stakes Group 2 で3着という結果も残しています。 小崎綾也騎手はすでに帰国しており、Luminousに騎乗することはないと思いますが、Luminousについては今後も注目しておきます。 (JRA:2020-03-14)• (サンケイスポーツ:2020-03-15) (2020-05-06).

次の