ロイヤル クリーニング。 うさちゃんクリーニング ~クリーニングの新しい風~

ハウスクリーニング、エアコンクリーニングはロイヤルクリーン|鹿児島県鹿児島市、鹿屋市、霧島市

ロイヤル クリーニング

クリーニング検索サイト 日本全国おすすめクリーニング店のご案内 > >デラックス(ロイヤルコース)の違い ほとんどのクリーニング店の料金設定で、デラックスコース、ロイヤルコース、ハイグレードコースなどというレギュラーコース(スタンダードコースなど)の2倍、又は3倍の料金のコースが設定されています。 そもそも、このデラックスコースなど金額が高いコースは、レギュラーコースとは、どう違うのでしょうか? 実際には、クリーニング業界での明確な基準はなく、その違いや特徴はクリーニング会社よって様々です。 しかし考え方としては、ほど共通していると思います。 それは・・・ 一般的にレギュラーコースとの違いは、 より、丁寧に仕上げる ということです。 クリーニングの工程は機械化され、仮にスタッフの経験が少なくても最低の品質を保ち仕上げることが可能となってきました。 つまり仕上げなどの機械を導入しているクリーニング店では、極端な言い方をすれば誰が扱ってもある一定の品質は保たれるようになったのです。 しかし高級ブランドのスーツなどはちょっとした独特のシルエットが大切と言うより命です。 一般の機械仕上げなどではなく、手仕上げでそのスーツ本来のシルエットに近づけた仕上げをしてくれる!それがデラックスコース(ロイヤルコース)の特徴と言えるでしょう。 デラックスコース(ロイヤルコース)などは、ある程度の熟年スタッフが、より丁寧に洗い、仕上げる工程を行うのが一般的で、ほとんどのクリーニング店は高級衣類や高級ブランドの衣類をデラックスコースなどにおすすめしていますが、それは正しいです。 クリーニング工場では、大量に衣類を処理しますので、各社さまざまですが衣類一点にかかる時間は限られます。 デラックスコースなどの場合は、衣類一点にかける時間がレギュラーコースより長いと考えれば分かりやすいと思います。 それだけ丁寧に処理をしています。 時間をかける、手間をかける、それが高料金になってる一つの理由と言えるでしょう! 一般のレギュラーコースとデラックス(ロイヤル)コースのその違いは何かを具体的に考えてみると以下のようになります。 スーツなど型崩れなどすることなく、そのシルエットを大切に仕上げていきます。 一般的なクリーニング店でのデラックスコースの違いは、大体このような感じですが、クリーニング店によっては洗剤などで違いを出したり、また特殊な加工をプラスアルファーしてるケースもあるようです。 特に背広や綿、麻の衣類は、その仕上がりに違いがはっきりし、特にスーツなどはシルエットから分かる人にはわかるはずです。 逆に婦人物のウール(カシミヤなども含む)素材のコートやニットなどは、そんなに仕上がりに大差がない場合が多いので、消費者から「デラックスとレギュラーの違いが分からない」「包装紙とハンガーが違うだけ」などと思われる方もあるようですね。 提供: 提供 : ウール系のコート、ニットなどは、どんなに丁重に仕上げても見た目では、あまり変わらない衣類もあります。 手を抜いている訳ではありません。 逆にカシミヤのコートなどは、毛並の違いなど感じれる部分はあるようです。 デラックス(ロイヤル)コースは、クリーニング会社により、そのサービス内容や仕上がりはお店によって違いますが、基本的に丁重に時間をかけて処理を行うので見落とし率やうっかりミスの発生する確率が下がるというだけでなく、高級ブランド品など特に丁寧に扱って欲しい場合などは、やはりデラックスなどのコースで依頼しておいた方が良いと言えるでしょう。 デラックスコースでスーツを出したのにボタンが割れて戻ってきた… もしも、こんなケースがある場合、その時はそのクリーニング店は要注意です。 デラックス(ロイヤル)と言う名前だけで実際はレギュラーコースと同じ洗いをしてしまってる可能性があります。 そしてハンガーや包装の袋だけが立派になってしまってる言わば、ハンガー代、放送代として通常の2倍・3倍の価格を支払ってしまってるそんな残念な結果になってると言う事も・・・ ただ、クリーニング店によっては特殊な洗剤で洗う事がこのデラックス(ロイヤル)コースと言う場合もあるので、デラックス(ロイヤル)コースとレギュラーコースとの違いは何かをしっかり確認する必要はありますが、もしもボタンが割れた状態で戻ってきたりする場合、明らかに言えることは、その仕上げに手間をそれほどかけてない可能性が考えられますね。 消費者の立場からすると、高額なデラックス(ロイヤル)コースで依頼したなら、その点はしっかりやってもらいたいもの。 疑わしい場合は、店を変えるなどして信頼できるクリーニング店をしっかり探していくことが賢明なのかもしれません。 com, All rights reserved.

次の

ロイヤルクリーナース|クリーニングと衣類の保管

ロイヤル クリーニング

「未経験なんですけど、大丈夫ですか?」面接でよく聞かれるので、必ずこう答えています。 「はい勿論です。 何のハンデもありません」と。 確かに、クリーニング業界は専門性が高く、奥が深い世界。 現に、当社で働くメンバーの実に95%は業界未経験スタート。 イチから・・・いやゼロから始めて、この道のプロフェッショナルになったスタッフばかり。 だから、ウソ偽りなく、そうお伝えしています。 だから、「自分の〔前職〕〔経験〕〔年齢〕〔性別〕は、ローヤルの仕事に向いていないのでは?」といった思い込みを、あなたもどうか捨ててください。 「どなたでも気軽に利用できる、親しみやすいクリーニング店」。 そうあるために大切にしていること、それは、サービスを提供する〈社員たち〉の〈働きやすさ〉。 ローヤルグループでは、みんなイキイキと働いてくれています。 「ただの同僚」を超えて、まるで「友達」のような仲の良さ。 当社が誇る一番の強みかもしれません。

次の

サービス内容│クリーニングのロイヤルチェーン

ロイヤル クリーニング

クリーニング検索サイト 日本全国おすすめクリーニング店のご案内 > >デラックス(ロイヤルコース)の違い ほとんどのクリーニング店の料金設定で、デラックスコース、ロイヤルコース、ハイグレードコースなどというレギュラーコース(スタンダードコースなど)の2倍、又は3倍の料金のコースが設定されています。 そもそも、このデラックスコースなど金額が高いコースは、レギュラーコースとは、どう違うのでしょうか? 実際には、クリーニング業界での明確な基準はなく、その違いや特徴はクリーニング会社よって様々です。 しかし考え方としては、ほど共通していると思います。 それは・・・ 一般的にレギュラーコースとの違いは、 より、丁寧に仕上げる ということです。 クリーニングの工程は機械化され、仮にスタッフの経験が少なくても最低の品質を保ち仕上げることが可能となってきました。 つまり仕上げなどの機械を導入しているクリーニング店では、極端な言い方をすれば誰が扱ってもある一定の品質は保たれるようになったのです。 しかし高級ブランドのスーツなどはちょっとした独特のシルエットが大切と言うより命です。 一般の機械仕上げなどではなく、手仕上げでそのスーツ本来のシルエットに近づけた仕上げをしてくれる!それがデラックスコース(ロイヤルコース)の特徴と言えるでしょう。 デラックスコース(ロイヤルコース)などは、ある程度の熟年スタッフが、より丁寧に洗い、仕上げる工程を行うのが一般的で、ほとんどのクリーニング店は高級衣類や高級ブランドの衣類をデラックスコースなどにおすすめしていますが、それは正しいです。 クリーニング工場では、大量に衣類を処理しますので、各社さまざまですが衣類一点にかかる時間は限られます。 デラックスコースなどの場合は、衣類一点にかける時間がレギュラーコースより長いと考えれば分かりやすいと思います。 それだけ丁寧に処理をしています。 時間をかける、手間をかける、それが高料金になってる一つの理由と言えるでしょう! 一般のレギュラーコースとデラックス(ロイヤル)コースのその違いは何かを具体的に考えてみると以下のようになります。 スーツなど型崩れなどすることなく、そのシルエットを大切に仕上げていきます。 一般的なクリーニング店でのデラックスコースの違いは、大体このような感じですが、クリーニング店によっては洗剤などで違いを出したり、また特殊な加工をプラスアルファーしてるケースもあるようです。 特に背広や綿、麻の衣類は、その仕上がりに違いがはっきりし、特にスーツなどはシルエットから分かる人にはわかるはずです。 逆に婦人物のウール(カシミヤなども含む)素材のコートやニットなどは、そんなに仕上がりに大差がない場合が多いので、消費者から「デラックスとレギュラーの違いが分からない」「包装紙とハンガーが違うだけ」などと思われる方もあるようですね。 提供: 提供 : ウール系のコート、ニットなどは、どんなに丁重に仕上げても見た目では、あまり変わらない衣類もあります。 手を抜いている訳ではありません。 逆にカシミヤのコートなどは、毛並の違いなど感じれる部分はあるようです。 デラックス(ロイヤル)コースは、クリーニング会社により、そのサービス内容や仕上がりはお店によって違いますが、基本的に丁重に時間をかけて処理を行うので見落とし率やうっかりミスの発生する確率が下がるというだけでなく、高級ブランド品など特に丁寧に扱って欲しい場合などは、やはりデラックスなどのコースで依頼しておいた方が良いと言えるでしょう。 デラックスコースでスーツを出したのにボタンが割れて戻ってきた… もしも、こんなケースがある場合、その時はそのクリーニング店は要注意です。 デラックス(ロイヤル)と言う名前だけで実際はレギュラーコースと同じ洗いをしてしまってる可能性があります。 そしてハンガーや包装の袋だけが立派になってしまってる言わば、ハンガー代、放送代として通常の2倍・3倍の価格を支払ってしまってるそんな残念な結果になってると言う事も・・・ ただ、クリーニング店によっては特殊な洗剤で洗う事がこのデラックス(ロイヤル)コースと言う場合もあるので、デラックス(ロイヤル)コースとレギュラーコースとの違いは何かをしっかり確認する必要はありますが、もしもボタンが割れた状態で戻ってきたりする場合、明らかに言えることは、その仕上げに手間をそれほどかけてない可能性が考えられますね。 消費者の立場からすると、高額なデラックス(ロイヤル)コースで依頼したなら、その点はしっかりやってもらいたいもの。 疑わしい場合は、店を変えるなどして信頼できるクリーニング店をしっかり探していくことが賢明なのかもしれません。 com, All rights reserved.

次の