避難勧告 避難指示 避難命令 違い。 避難勧告・避難指示・避難命令・避難準備の違い。強制力は?

避難準備・避難勧告・避難指示・避難命令の違い「緊急性が高いのはどれ?」|日本語の違い.com

避難勧告 避難指示 避難命令 違い

万が一に備え知っておくべき避難準備、避難勧告、避難指示、避難命令の違い 近年、地震や津波など災害に関するニュースなどを耳にすることが多くなりました。 また気温上昇などの影響によりゲリラ豪雨や集中豪雨により、土砂災害や河川の氾濫などによる水害も深刻化してきております。 そのため、そう言った被害を未然に防ぐためにも国や都道府県などでは老朽化対策や未整備箇所を整備するなど様々な対策をとっていますが、まだまだ、不安が残る箇所や地域もあります。 そんな中、そう言った災害が発生する可能性が高まった場合には、国の「避難勧告等に関するガイドライン」を基に各市区町村長から状況に合わせて「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示」の3つが発令されますが、それぞれの違いや強制力、緊急性などについて違いをはっきりと理解できていない方も少なからずいるかと思います。 避難準備・高齢者等避難開始とは 3つの中で最も緊急性の低いのが「避難準備・高齢者等避難開始」になります。 実際の発令は冒頭でも記載したように各市区町村長から発令されるため、その判断はお住いの各市区町村によって異なりますが、「災害などの被害が予想されるためいつでも避難ができる準備をしておく」と言ったものになります。 また、高齢者やその支援をする方、乳幼児をかかえる親御さんなど速やかに避難ができない方はこの時点で避難の開始が勧められています。 平成28年12月26日以前は「避難準備情報」の名称でしたが平成28年に発生した台風第10号による被害などによりその緊急性などをもっと分かりやすくするためにその名称が「避難準備・高齢者等避難開始」に変更されました。 避難勧告とは 避難準備・高齢者等避難開始とは違い、全ての住人に避難を促すのが「避難勧告」になります。 災害が発生する可能性がより高まったことを意味し、上記の「避難準備・高齢者等避難開始」が準備であるのに対して、「勧告(勧めること)」ですので公民館や小中学校など避難場所への避難を全住民に勧めていることになります。 避難指示(緊急)とは 3つの中で最も緊急性や危険性が最も高いのが「避難指示」になります。 市区町村などが指定している避難場所への移動することが基本となりますが、できない方や外に出ることでかえって危険性が増す場合などは自宅内にあるより安全な場所への避難することが勧められています。 ただし、上記に2つとこの「避難指示」のいずれにも法的な強制力はありません。 また、災害対策基本法に基づき決められたものになりますが、避難はもちろん、市区町村職員などの指示に従わなかったと言って罰則があるものではりません。 避難命令とは:避難命令は存在しない 避難命令といった言葉を使われる方がいますが、災害対策基本法に「避難命令」といった言葉は存在しません。 ニュースや新聞などでも避難指示や避難勧告といった言葉が必ず使用されています。 避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示の違いのまとめ 緊急性や危険性の低い順に並べる ・避難準備・高齢者等避難開始 ・避難勧告 ・避難指示(緊急) になります。 繰り返しになってしまいますが、あくまでも上記を発令する判断は市区町村長になりますので、お住いの地域によって判断基準が異なります。 多くの市区町村では市区町村のホームページに記載がありますので、まずはご確認するようにしてください。 また、ご自身で危険と感じた場合や避難に時間を要すると判断した場合には発令の有無に関わらず避難を開始するようにしましょう。

次の

避難勧告と避難指示の違いは?/都市防災政策課/岐阜市公式ホームページ

避難勧告 避難指示 避難命令 違い

さて、この中で一番強い避難情報は何でしょう? 答えは、避難命令? ブブー。 不正解です。 実際に学生に質問したところ、「避難命令」という答えがたくさんありました。 この問題はちょっと意地悪な質問ですよね。 ありもしない「避難命令」を選択肢にいれていますから。 でも、避難命令が一番強い避難情報だと思い込んでいたら、避難指示が出ても、「まだ避難命令は出ていない」と誤解しかねません。 ついこの間まで、市民はこの4種類の違いを当然わかっているものとして、情報が出されていたように思います。 しかし、現実は違いました。 たとえば平成28年には、老人施設の職員ですら「避難準備情報」の意味を知らず、9名もの高齢者に犠牲が出た災害もありました。 避難勧告と避難指示がどちらが強いのかを知らないのも、特別に情報にうとい人ではなく、普通の人でもいくらでもあることでしょう。 そこで、避難情報に関する名称の変更が行われました(平成28年12月26日公表)• 避難準備情報は、「避難準備・高齢者等避難開始」に、• 避難勧告は、そのまま変更なしで「避難勧告」• 避難指示は、避難勧告との差をわかりやすくするために「避難指示(緊急)」です。 そして、日本には避難情報としての正式な「避難命令」はありません。 だから、避難の準備をしましょうと言う意味です。 ただし、高齢者や障害を持つ人など、避難することが困難な人は避難を開始しましょうという情報になります。 「避難勧告」の「勧告」も、日常生活ではあまり使わない言葉ですね。 勧告は、国語辞典的には、誰かにこうした方が良いと公的なしかたで告げて勧めるという意味です。 「おすすめ」と表現すると軽い感じがしますが、勧告はかなり強い勧めで、従うべきものというニュアンスがある言葉でしょう。 避難勧告は、「災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合」に出されます。 意味合いとしては「速やかに避難しましょう」です。 ただし、避難所に避難するのではなく、状況に応じた避難行動が求められます。 「避難指示(緊急)」は、「災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合」に出されます。 緊急に避難しましょう、避難所に行かなくても自宅内でも急いでより安全な場所に行きましょうという意味です。 国によっては避難命令があり、無理に避難させられたり、避難しないと処罰されることもあります。 日本は、そのような無理強いはしないということです。 実際に避難行動を取るときには、様々なことを総合的に判断しなければなりませんから、その地域全体に「避難命令」を出すことは、難しいのでしょう。 ただし、正式な避難命令という制度はなくても、避難命令という言葉はわかりやすい言葉です。 そこで、防災放送などでは「避難命令」という言葉が使われて、迅速な避難ができてこともありました。 しかし、どれほど正しく正確な言葉でも、その意味が私たちに伝わらなければ「情報」としての価値はありません。 災害など緊急事態発生時には、周囲に様々な情報があふれます。 そうかと思うと、行政が届けたいと思った情報がなかなか伝わらないこともあります。 あまりにも状況が急変すると、避難準備も避難勧告もなしに、いきなり避難指示(緊急)が出されることもあります。 私たちの周りには多くの情報があるはずです。 テレビ、ラジオ、スマホ、インターネット、防災無線など。 たとえば、新潟市のホームページには、次のように情報伝達手段一覧が掲載されています。 防災行政無線(固定系)・緊急速報メール(エリアメール)・にいがた防災メール・緊急告知FMラジオ・新潟市緊急災害情報ホームページ・Twitter・テレビデータ放送・ヤフー避難情報・ホームページ代理掲載。 そして「情報」は、行政やマスメディアが流すだけではありません。 雨の激しい音。 裏山から水が湧いたり、小石が落ちる音。 高齢者が語る昔の災害の話。 近所の人々の声などなど。 ある地域では、いち早く土砂崩れの前兆を察知した人が、近所の人々に声をかけ、みんなで難を逃れることができました。 東日本大震災の後、多くの人に聞いた話です。 「自分はまったく逃げる気はなかったのだが、近所の人にしつこく「避難しよう」と言われて避難して命拾いした。 無理に引っ張ってくれなかったら、自分は死んでいた」。 有用な情報は、様々な場所にあるのでしょう。 逃げ遅れず、また慌ててパニックにならず、自分とみんなの命を守って行きたいと思います。 「避難命令」はありません。 「避難指示(緊急)」が、一番強い避難情報です。 テレビドラマも、小説も、人の心を描いています。 舞台は江戸時代だったり、未来の宇宙だったりしますが、そこに登場するのは、愛し憎み攻撃し助け合う人々です。 作家は芸術的センスで人間の心を描き出しますが、心理学者は科学的な方法で人間の心の不思議に迫っていきます。 人は「どうするべきか」ではなく、「どうすることが効果的か」を探ります。 心は、人間の一番身近にあって、一番わからないものです。 相手の心もわからないし、何より自分自身の心がわからなくなるときもあります。 心理学を通して、自分を知り、人を知り、をよくして、幸せになりましょう。 心理学者やカウンセラーではなくても、経験や信念があります。 心はとても身近なので、人はみんな「心理学者」なのかもしれません。 それぞれの人が、それぞれの感情と考えを持っています。 世の中にはひどい人がいます。 腹を立てて当然です。 当然です。 こんなに傷つくことがあった、みんな私をわかってくれない、泣くのは当然です。 でも、ちょっと待って。 その考え、そのときのあなたの感情は、正しいのでしょうか。 その考えで、成功するのでしょうか。 その気持ちで、その行為で、仕事が上手くいき、人間関係が改善され、あなたは幸せになれるのでしょうか。 また、一人ひとりがつい陥ってしまう「自動思考」があります。 本当はそうではないのに、すぐにいつもの考えや感情が湧き出て、誤解が誤解を生み、努力も水の泡です。 これでは、とてももったいない! 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」と考えられるようになりましょう。 自分の心、人の行動。 ちょっと立ち止まって考えられると、冷静になれます。 やさしく強くなれます。 愛と勇気がよみがえります。 あなたは、もっと自由に、もっと楽しく生きられるのです。 女は話し合って問題解決しようとし、男は話題にしないことで解決しようとする。 そして互いに相手が解決を望んでいないと思い込む(男女のコミュニケーション)。 人は、問題が発覚したその瞬間に「このことは事前に予測できていたはずだ」と感じる(原因帰属)。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 自分自身の時には環境のせいにするのに(原因帰属の基本的錯誤)。 やる気が高すぎる人(結果を重んじすぎる人)は、子どもや部下のやる気を奪う(達成動機)。 うつ病は、もっとも周囲の理解が必要なのに、もっとも理解されにくい病気(精神医学・臨床心理学)。 本当はうつ病ではない自称うつ病の人が周囲を傷つけている(精神医学・臨床心理学)。 自分を信じることは大切だが、自分の意志力を過信する人は失敗する(認知行動療法)。 子どもを愛しているのに、愛が空回りしている親がたくさんいる(子育て・発達心理学)。 人は、自分の意見にあった情報を選び、自分の意見にあったように解釈する(認知的不協和)。 いったん否定的なセルフイメージを持つと、それが性格になってしまう(セルフ・スキーマ)• ネット・コミュニケーションは、愛も憎しみも燃え上がりやすい(社会心理学)。 凶悪事件の犯人は、孤独と絶望感に押しつぶされた人(犯罪心理学)。 心の隙間を埋めるような恋は、破滅へと向かう(恋愛心理学)。 問題があることが悪いことではありません。 悩みのない人はいません。 でも、問題がないふりをしたり、問題は解決不可能だと思い込んだりすることで、事態は悪化していきます。 たとえば…• 「ありがとう」が言える人は幸せになれる(ポジティブ心理学)。 希望は、心を開き、一歩を踏み出したときに生まれる(希望学)。 期待されている子は伸びる(ピグマリオン効果)• 大きな悲しみも、乗り越えられる方法がある(レジリエンス)。 心が張り裂ける出来事を通して、成長することもできる(PTG:外傷後成長)。 あなたは、なりたい自分になれる(新しいパーソナリティー理論)• 愛されるコツは愛すること(好意の返報性)。 「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 心に痛みを感じている働くお母さんは大丈夫(社会心理学・役割間葛藤)• お金も腕力もなくても、あなたも人の助けになれる(カウンセリングマインド)• やる気のない部下も生徒も、上司や先生との人間関係でやる気を出せる(内発的動機づけ)• 親や先生に愛されると、やる気がわく(癒しの場と活躍の場・内発的動機づけ)。 人のために行動できる人は。 幸福になれる(ポジティブ心理学)。 ただの気休めや、きれい事ではありません。 近年の心理学は、人間の明るい側面にも目を向け始め、成果を上げています。 でも、あなたの心も癒されます。 過去の事実は変わらなくても、過去の出来事が今のあなたに与えている影響は変えることができます。 家庭や仕事や学校で、悩んでいる人もいるでしょう。 どうしようもないこともあるでしょう。 でも心理学の研究によると、お金や体の健康や容姿や周囲の状況など、環境が幸福に与える影響力は、10パーセントに過ぎません。 私なんか「どうせこんなもの」「しかたがない」と感じているのは、誤解です。 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」「ちょっと待って」と考えられれば、あなたの感情が変わります。 心理学のテクニックを活用すれば、効果的な行動が取れます。 あなたの心は変わり、結果的に現実も変化し始めるでしょう。 ゴールを決めるのは、あなた自身です。 心理学が、そのアシストをいたします。 心理学の基本的な理論とテクニック、ぜひお伝えしたい最新心理学の情報、そして心理学者からの心のメッセージをお送りしていきます。 実は、「メッセージ」は、不特定多数の人には届けにくいものもあります。 このコンテンツを選んでくださったあなたにだからこそ、お送りできるメッセージがあります。 現代社会の「今」を取り上げ、毎日のあなたのニーズに応えます。 心理学の研究によれば、泣くこと苦しむことにも意味があります。 でも、悲しみに押しつぶされ、失敗で無気力になり、時にはやる気が空回りするのが人間です。 希望と成果につながる効果的な方法を、これからお伝えしていきます。 心の傷が癒され、能力が発揮され、もっと優しく、もっと強く、良い親、良い上司、良い友人、良いパートナーになれるように。 あなたが、あなたらしくなるために。 ~~~~~~~~~~~~~~~~•

次の

「避難指示」と「避難勧告」の違い|避難準備のレベルや段階とは

避難勧告 避難指示 避難命令 違い

このページの目次• 『避難勧告』• 意味 :危険が予想されるときに各市町村が避難を勧めること• 水害や高潮、土砂崩れなどの恐れがあるときに市町村長が『避難勧告』を発令します。 災害の危険性が高まった地域に住む人や滞在する人の保護を目的に、 安全な場所へ早めに避難することを促すのです。 勧告なので絶対にすべきというわけではありませんが、避難できる人は早めに避難を開始したほうがいいでしょう。 各市町村は内閣府が提示する「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」を参考に設けた、独自のガイドラインを元に発令します。 学校などの指定避難場所が必ずしも安全とは限らないので、災害に合わせた避難場所を設定することが望ましいと考えられます。 『避難指示』• 意味 :被害の危険が急迫したときに各市町村が発令する指示• 災害の危険性が身近に迫っていることが予測された地域に住む、もしくは滞在する人に立ち退きを勧めて促します。 例えば台風が上陸した際には土砂崩れや高浪、水害などの災害が予想されます。 台風を災害の前兆と見なし、発生した段階で指示が発令されることがあります。 また、堤防に隣接しているなどの地域で人的被害の危険性が非常に高いと思われるときや、既に人的被害が発生したときも発令されるでしょう。 気象庁が気象注意報を発表したときには強風や大雨で避難の必要性が出てくるか考え、いつでも避難できるように心構えをしておく必要があります。 台風の場合は暴風雨が邪魔をして避難が難しくなる可能性も考慮しましょう。 そして避難勧告から指示に切り替わることもあるので、常に最新の情報を得るように気を付けます。 避難勧告に従い避難している人は急いで確実に避難するよう、避難していない人は直ちに避難を始めましょう。 また、地震の強い揺れや長く続くゆっくりとした揺れの後は大きい津波が来る可能性が大きいので、発令を待たずに自主避難することが大事です。 スポンサードリンク 『避難命令』• 意味 :対象地域に災害などによる重大な危険が迫っているときに発令される命令• 避難勧告、避難指示と来て次の段階に当たるのは警戒区域の設定です。 原子力発電所で重大な事故が発生したときや、山の噴火、テロリズムによる災害の危険性などを考慮して発令されます。 設定された区域へ立ち入ったり留まったりすると退去を強制され、守らない場合は罰則(懲役や拘留、罰金)が科せられる場合があるでしょう。 またもっとも緩やかな発令に、避難準備情報があります。 これは別名要援護者避難情報といい、各市町村の地域防災計画で定められているものです。 高齢者や身体障害者など、避難に時間がかかる人たちが無事に避難所に行けるように避難開始を促します。 具体的な行動として、要援護者は計画されている避難場所に向かい、その支援者は支援行動を始める、それ以外の人は家族などと連絡を取り合い非常持出品の用意をして避難に備える、となっています。 まとめ 『避難勧告』『避難指示』『避難命令』の意味の違いは理解できましたか?日本には『避難命令』はなく、『避難勧告』、『避難指示』、『警戒区域の設定』の設定があることが分かりました。 この順番に強制力が強まっていくことを覚えておいてくださいね。

次の