エクセルリンク。 【Excel】URLを勝手にリンク化しないで!エクセルに入力したURLやメアドの自動ハイパーリンク化を防止するテク

エクセルデータからワードデータにリンクを貼り、エクセルが更新さ...

エクセルリンク

他のセルを使用して良ければ、面倒ですが可能です。 Book1. CELL 24,Sheet1! Book2. xlsのB列に Book1のB列をリンク貼付します。 xls]Sheet1! B1 と入れて 下までコピー 4. Book2のA列に条件付書式を設定します。 xlsのA5が赤字なら Book2. xlsのA5も赤字になります。 Book1 Sheet1等の名称はお使いの環境に合わせて書き換えて下さい。 A ベストアンサー ごめんなさい #2です。 文字色ではなくセルの色を変更ですね。 ご希望の内容に添って書き換えました。 表1をSheet1 表2をSheet2としています。 CELL 63,Sheet1! geocities. html ------ ここまでは上記の方法を使用出来るのですが、条件付き書式では 3つまでしか設定が出来ません。 #1の方が言われている通り、セルの色を変える関数もなく、 条件付き書式では3種類しか設定出来ないので、3つ以上の値がある場合は VBAでセル色を変更するしか無いかと思います・・。 ごめんなさい #2です。 文字色ではなくセルの色を変更ですね。 ご希望の内容に添って書き換えました。 表1をSheet1 表2をSheet2としています。 CELL 63,Sheet1! A ベストアンサー 残念ながら、一般関数ではセルの属性そのものを取り入れることはできません。 1さんのおっしゃるように、いわゆるコピペしか方法はありません。 どうしてもということでしたら、VBAの世界です。 Sheet1 の A1 を Sheet2 の B3 にコピーする場合、マクロ自動記録機能を使えば、 次のようなマクロが取得できます。 Sub Macro1 Sheets "Sheet1". Select Range "A1". Select Selection. Copy Sheets "Sheet2". Select Range "B3". Select Selection. Select ActiveCell. Copy Sheets "Sheet2". Select ActiveCell. Sheet2 にマクロボタンを作成し、このマクロを登録しておけば処理も簡単ですね。 残念ながら、一般関数ではセルの属性そのものを取り入れることはできません。 1さんのおっしゃるように、いわゆるコピペしか方法はありません。 どうしてもということでしたら、VBAの世界です。 Sheet1 の A1 を Sheet2 の B3 にコピーする場合、マクロ自動記録機能を使えば、 次のようなマクロが取得できます。 Sub Macro1 Sheets "Sheet1". Select Range "A1". Select Selection. Copy Sheets "Sheet2". Select Range "B3". Select Selection. Q 使用ソフトはExcel2010です。 ある商品が、何日に、どの種類がどれだけ売れたのかを視覚化し、最近よく売れている商品や全く売れていない商品を見極めるというシチュエーションです。 ここでは仮に1~10の商品があるとします。 sheet1のA1~A10にそれぞれ商品1~10の数字を記入します。 次にsheet2のA2~A11にそれぞれ商品1~10の数字を、B1、C1、D2という順に日付を入力します。 商品1~10の数字と日付がマトリックスになるかっこうです。 注文があったがキャンセルになった場合は5を入力します。 問い合わせだけがあった場合は3を入力します。 同様の作業を1週間繰り返します。 そして1週間が経過したとき、sheet1のB2~B10のセル(商品1~10の番号が入力された隣のセル)に sheet2に入力された値の合計に従って数字が入るようにしたいのです。 例えば、商品1が一週間に3日売れた日があった場合、sheet2にの1行には合計30の数値が入力されます。 sheet2で合計30という数値を上回った際にsheet1のB1セル(商品1の隣のセル)に3という数字を入れたいのです。 他の例ですと、例えば商品2に問い合わせが9回入ったとします。 そうするとsheet2の2行には合計27の数字が入ります。 この場合、2.7という数字がsheet1のB2のセル(商品2の隣のセル)入力されるようにしたいのです。 そしてその際、3以上なら赤、2.6~3.0未満ならオレンジ、2.1~2.6未満なら黄色、1.6~2.1未満なら青、1.0~1.6未満なら水色、というように数値に従って色分けされるようにしたいのです。 実際には商品は約300で、期間は1週間ではなく月単位となります。 上手く説明できず申し訳ございませんが、どなたかお教えいただけないでしょうか。 使用ソフトはExcel2010です。 ある商品が、何日に、どの種類がどれだけ売れたのかを視覚化し、最近よく売れている商品や全く売れていない商品を見極めるというシチュエーションです。 ここでは仮に1~10の商品があるとします。 sheet1のA1~A10にそれぞれ商品1~10の数字を記入します。 次にsheet2のA2~A11にそれぞれ商品1~10の数字を、B1、C1、D2という順に日付を入力します。 商品1~10の数字と日付がマトリックスになるかっこうです。 A ベストアンサー こんばんは。 nifty. nifty. nifty. htm.

次の

エクセルのリンクを解除できないときの対処法|Office Hack

エクセルリンク

エクセルのハイパーリンク エクセルを使ってデータ入力を行うとき、入力元のデータ、入力資料など、エクセルとは形式が異なるファイルが、存在することがあります。 そのようなとき、以前でしたら、エクセルの入力原票となった資料は、印刷された紙資料として保管していました。 そうした入力元となった資料は、紙として郵送されて来たり、わざわざ得意先なりに出向いて、紙の状態のモノを受け取ったりしていました。 他には、写りの悪いFaxで来るデータもありました。 Faxの字がつぶれていて、再確認で電話したり、「Fax届きました。 ありがとうございました」なんて電話を入れたり、今では、まるで田舎の田園風景を見るような、のんびりとした仕事でした。 PDFといって、「それなんですか?」と聞き返されないようになったのは、ここ10年くらいのものです・・・。 それでは、エクセルのハイパーリンクについて、調べていきたいと思います。 エクセルのハイパーリンク機能とは エクセルのハイパーリンクとは、例えば、エクセルのセルにメールアドレスを入力すると、下線が付いて、リンクが作成される機能のことです。 メールアドレス以外には、URLにも対応していますので、Webへのリンクも作成できます。 さらに電話番号、Fax番号にもリンクできます。 Webリンクだけではなく、ひとつのエクセル・ファイルの別シートの特定セルに、リンクすることもできます。 更に、パソコン内の別ファイルや、ネットワークを介したファイルにもリンクできます。 エクセルファイル以外のものともリンクができるので、紙の保管庫、書棚を不要にするような感じで使うことができます。 その中でも、PDFとのリンクで、どこまでできるのかを今回は説明したいと思っています。 エクセルのハイパーリンク機能を使う場合の注意点 ハイパーリンクの使い過ぎに注意 色々なものとリンクできるハイパーリンクの機能は便利なのですが、的を絞らずに使うと、先々、不都合なことになります。 例えば・・・• エクセルのシートにハイパーリンクを設定していた場合:ハイパーリンクされたエクセルのシート名を変えてしまった。 特定のファイルにハイパーリンクされたファイルの名を変えてしまった。 ハイパーリンクされたファイルの置き場所(ディレクトリ)を変えた。 的を絞らずに、ハイパーリンクを設定しすぎて、リンクの管理ができなくなった。 一人で使うエクセルファイルのハイパーリンクにミスが起こっても、一人でやったことなので、どうにか軌道修正できるでしょう。 でも、組織の中で、十分な話し合いを持たずに物事を進めると、考えてもみなかった使い方でミスが起こります。 ですので、エクセルでのハイパーリンクは、なるべく少く的を絞って設定し、関係する人たちと十分なコミュニケーションをとって、実行したいものです。 エクセルのハイパーリンクを使ってpdfをリンクさせる方法 では、実際にエクセルのハイパーリンクを使って、PDFをリンクしてみます。 今回使うエクセルファイルは「サンプルエクセル」。 PDFファイルは「サンプルPDF」とします。 PCのOSとOfficeは、Windows10 Office2010を使いました。 リンクしたいファイルの場所をエクスプローラーを使って明確にします。 問題なくリンク先フォルダが開いた状態で表示されます。 目的のファイル「サンプルPDF. pdf」も見えています。 先ほどの方法は目的のファイルが存在するフォルダを開いたところまでで終わっていました。 そこで、次は目的のファイルを開くまでをハイパーリンクに設定してみます。 不足する情報は、「PDF」というフォルダのどのファイルかということになります。 それは「サンプルPDF. pdf」ということになります。 これでハイパーリンクを登録すると、エクセルのセキュリティがメッセージを出してきます。 これでわかるのは、必要なファイルがあるフォルダを開けるまでは、OKで何かの実行ファイルに関しては、危険かもしれないと、メッセージが出るようです。 今回は解説のため、ファイルを開くまでやってみますが、通常時の操作では、フォルダが開くまでの操作でリンクする方が、安心感がありますので、そちらをおすすめします。 すると、この場合はサンプルPDFの5ページ目が表示されます。 ただし、IE(インターネットエクスプローラー)では、現在PDFファイルを開くことができません。 代わりに、Microsoft Edgeを使うように勧めてきます。 エクセルでPDFを表示させる他の方法 今回の例では、「PDF」フォルダにある「サンプルPDF. さらに、IEでは、現在PDFを表示しようとすると、Acrobatに振るか、Microsoft Edgeに振るような動きをして、自らは、PDFファイルを表示しません。 なぜそうなのかは、想像するしかありませんが、リンクによって、プログラムが実行されることに、問題があるのでしょう。 ですので、PDFファイルのプロパティからIEをPDFファイルを表示するプログラムに指定しようとしてもできない仕組みになっています。 エクセルには、ハイパーリンクに似た方法で、次のようなこともできます。 エクセルファイルに他のファイルを埋め込む• ハイパーリンク関数• ハイパーリンクVBA• Wordで見出し入力をして、PDFを作ると、見出しがしおりとして表示される。 ハイパーリンクVBA VBAを使ったマクロです。 VBAには これをVBAに記入します。 ファイルの場所がPC毎に違いますので、エクスプローラーで確認して書き換えてください。

次の

【エクセル】リンク図を使って表を別シートに反映させる

エクセルリンク

異なるセル幅の表を上下に配置した例です 列幅や行高さの異なる表を並べて配置することができます。 Excel2007,Exce2010,Exce2013,Excel2016 での操作手順• 貼り付ける元の表を選択します。 [ホーム]タブの[コピー]をクリックします。 貼り付けられたものは透き通っています。 後ろの枠線が透けて、見えています• 図ツールの書式タブを選択します。 図スタイル グループのダイアログボックス起動ツールをクリックして、図の書式設定 ダイアログボックスを表示します。 図の書式設定 ダイアログボックスで、「塗りつぶし 単色 」にチェックを入れ、色で「白」を選択します。 図の背景を変更できました。 Excel2002,2003での操作例]• ツールバーの [コピー]ボタンをクリックします。 クリップボードへコピーします。 【Shift】キーを押しながらメニューバーの【編集】をクリックします。 隠されていたメニュー「図の貼り付け」「図のリンク貼り付け」が出てきます。 【図のリンク貼り付け】をクリックします。 下図のようにセル幅の異なる表が図として貼り付けられました。 注 元の表が変更されるとこちらの表も変更されます。 上記と同じコマンドが「カメラ」として準備されています。 貼り付ける元の表を選択します。 リボンに登録した 「カメラ」ボタンをクリックします。 マウスポインタが「+」になるので、貼り付ける場所で、クリックします。 下図のようにセル幅の異なる表が図として貼り付けられました。 セル枠にピタッと配置するには、[Alt]キーを押しながら図(オブジェクト)をドラッグして移動します。 注 元の表 リンク先が数式バーに表示されます が変更されたらこちらの表も変更されます。 リンクさせない場合は数式バーの数式を削除します。 ここではリボンに新しく追加した「新しいタブ」の[新しいグループ」にコマンドボタンを追加します。 これらのタブやグループに作成方法は をご覧ください。 エクセルの[ファイル]タブをクリックして、バックステージビューを表示します。 バックステージビューで[オプション]を選択します。 Excelのオプションが表示されます。 [リボンのユーザー設定]を選択します。 コマンドの選択で「 すべてのコマンド」を選択します。 リストから「 カメラ」を選択します。 右のほうのリストから「カメラ」を登録したいグループを選択します。 ここでは「新しいタブ」を作成し、その中に[新しいグループ]を作成しています。 この「 新しいグループ」を選択しています。 [追加]ボタンをクリックして、選択しているグループに「カメラ」を登録します。 [新しいタブ]の[新しいグループ]に「カメラ」が登録されました。 [カメラ]ボタンはグレーになっていますが、デザイン上の色みたいです。 このままでカメラ機能は使用することができます。 [Excel2002の場合]• 「ユーザ設定」ダイアログの[コマンド]タブで「分類」の[ツール]を選択します。 「コマンド」の[カメラ]を表示します。 表示したいツールバーへ[カメラ]ボタンをドラッグ&ドロップします。 [書式のコピー]ボタンの右に表示した例です。 以上で、いつでも[カメラ]ボタンがツールバーで使えるようになります。 Excel2002ではユーザー設定として、「電卓」「ソリティア」が準備してありました。 Excel2016にソリティアはありませんが、電卓はあります。 リボンの場合は、Excelのオプションの[リボンのユーザー設定]で登録した画面を表示します。 名前を変更したいコマンドを選択して、[名前の変更]ボタンをクリックします。 Excel2002でボタンの名前を「ユーザー設定」から「電卓」に変えるには?• ユーザー設定ダイアログを表示します。 ツールバーに登録したコマンドボタンを選択します。 「選択したボタンの編集」をクリックし、「名前」に「電卓」と入力します。 Excelのオプションの[リボンのユーザー設定]で登録した画面を表示します。 削除したいコマンドを選択して、[削除]ボタンをクリックします。 [Excel2002の場合] 削除したいコマンドボタンを【Alt】キーを押しながら、シート内へドラッグします。 マウスポインタが「X」の付いた物になります。 リボンにツールボタン コマンド を登録したり、削除した場合に標準の状態に戻す方法です。 Excelのオプションの[リボンのユーザー設定]で登録した画面を表示します。 [リセット]ボタンをクリックします。

次の