モナリザ の たわごと。 モナリザよりピノコ、ダヴィンチよりジコ坊

ルーブル美術館 4カ月ぶり再開へ 「モナ・リザ」も密避けて

モナリザ の たわごと

ルーブルの再開近し フランスのテレビ局 F RANCE24を観ていたら、 ルーブル美術館再開のニュースを報道していました。 パリに行った観光客のほとんどが訪れると言われるルーブルは、この3ヶ月閉館となっていました。 7月6日から再開されるそうですが、以前とはかなり様相が異なる様です。 館長がインタビューに応えて、下記の通り説明しています。 入館者は通常の 3割に制限されます。 以前は、入館者は自由に絵画に近寄って鑑賞できていましたが、 ソーシャルディスタンスを保つ為、有名な絵画の前にはコースロープの様な物が張られて、人との接触が起きない様に細心の注意が払われます。 小さな部屋は、ソーシャルディスタンスが確保できないので、閉めざるを得ません。 以前は、名画 モナリザの前には半円形に入場者の群れができていましたが、これは許されなくなりそうですね。 館長には、もう一つ頭の痛い問題がある様です。 これ迄、ルーブルの訪問客の多くは、外国人だったのですが、今年はこれが激減しそうなのです。 したがって、ルーブルとしては フランス人の入場者を呼び込む事に全力を挙げなければいけないようです。 なるほど、今年の夏の観光シーズンは、今までの様に、国を跨いでの移動が、かなり少なくなりそうですね。 トルコ政府とドイツ政府の渡航勧告に関する応酬 EUの中は、ようやく移動が自由になりそうですが、 EUとトルコの間では、未だに制限が解除になっていません。 現在、ドイツ政府は、EU加盟国に対しては、ドイツ国民の渡航を解禁しましたが、トルコは「 不要不急の目的で訪問をすべきでは無い国」にランク付けされており、この措置は8月いっぱい維持されそうな見込みです。 トルコ政府は、ドイツ政府にこの暫定的な処置を解除してもらう様、懸命に働きかけていますが、見通しは暗い様です。 トルコにとってみると、ドイツ人は大のお得意さんなので、今年、ドイツ人が来ないとなると、観光業に大打撃は必至です。 何せ、ドイツ人観光客は昨年トルコに 500万人も押しかけているのですから。 トルコの外務大臣や観光大臣は、毎日の様にベルリンに電話していると伝えられますが、埒が明かないようです。 ドイツ政府の公式見解は下記の通りです。 不要不急の渡航を控えよとのドイツ政府の勧告は、相手国の政府が必要な基準に達した場合には、解除する用意がある。 その基準とは、 新規感染者数とドイツ人渡航者に対する必要な 防護策である。 トルコ政府は、EUの国(フランス、イタリア、スペイン等)に比べて、トルコの新規感染者は特段多く無いと反論しています。 又、万一、ドイツ人が感染すれば、トルコが医療費を負担するとまで言ってますが、ドイツ政府は、渋い対応をしている様です。 有り体にに言えば、これは「 EU Firs t」の対応なのだと思います。 コロナの感染で、今年の観光業はどの国も厳しい。 フランス、イタリア、スペイン、ギリシャの様な国の観光業を救うために、今年はトルコに犠牲になってもらおうとうい事なのではと思います。 ただ、トルコもドイツ政府に付け入る隙を与えましたね。 EUの国は、多くても新規感染者を1日200-300人に押さえ込んでいますが、トルコは未だに千人を超える新規感染者を出しています。 トルコ人らしく、 真面目にPCR検査を大量にやっている結果だと思いますが、これは裏目に出ました。 こうなると、トルコとしては、ロシア人観光客を大量に受け入れざるを得ないと思いますが、ロシアの新規感染者、昨日1日で7千人を超えています。 こちらはこちらで頭が痛いですね。 最後まで読んで頂き、有り難うございました。 MIYOSHIN.

次の

イモとモナリザ

モナリザ の たわごと

2012年12月15日 モナリザのモデルの頭蓋骨から顔面復元) ・私が新卒入社した外資系コンピュータ販社(入社時は計算機・タイプライター販社)の親会社は当時イタリアを代表するワールドワイド・エンタプライズで、「文明・文化」に拘り抜いていたものだ。 ・特にSPAZIO(スパッチオ)という文化雑誌は格調高く、毎号社員である私も楽しみにしていた。 勿論「文化・文芸評論」が殆どなので、浅学菲才な頭では殆ど意味不明だったが、当時世界最高レベルのイタリアの印刷技術は、SPAZIOの随所を彩ってくれていた。 ・それが或る号で、「モナリザ=レオナルド・ダビンチ自画像説」を展開していた。 ご丁寧にお馴染みのモナリザの顔に、半透明のダビンチ自画像を重ねてくれていた。 なる程、ダビンチの下った口角を、左右キュッと上げたらモナリザに重なっていたものだった!興奮した私は、以来「モナリザ=レオナルド・ダビンチ自画像説」に拘っている。 ・しっかしま、それでは「ユメもチボーも」無いってか、「人類のロマン」も何も無いではないか?というのが人情だろう。 イタリアでは「モデルではないか?」とされる女性の、破砕された頭骸骨の断片を組み合わせ、顔を復元するという。 私は「無駄な事を!」と思っているが、「人類のユメとチボー」のため、こういうワルノリは大いに歓迎する。 CNNのhttpから。 ・「レオナルド・ダビンチの名画『モナ・リザ』の謎を解明するため、モデルになったとされる女性の遺体を発掘して顔面を復元しようというプロジェクトがイタリアで進められている」 ・「モナ・リザは、当時の豪商フランチェスコ・デル・ジョコンドの2人目の妻、リザ・ゲラルディーニがモデルになったとする説が有力だ。 記録によると、ゲラルディーニの遺体はフィレンチェの女子修道院跡にある古い建物に保管されているという」 ・「この建物に保管された遺体は、アルミホイルに包んで密封容器に入れ、整理棚に積み重ねられている。 調査チームが1体ずつ取り出して調べた結果、ゲラルディーニのものと思われる頭蓋骨の断片を発見。 国内外の大学に検体を送ってDNA鑑定を行い、別の場所に埋葬されたゲラルディーニの親族のDNAと照合する」 ・「ゲラルディーニの遺体であることが確認できれば、頭蓋骨の断片を組み合わせて顔面をほぼ正確に復元できるといい、調査チームを率いるシルバノ・ビセンティ氏は『『レオナルドのモデルは誰だったのか』という美術史上の謎がついに解明される』と興奮気味に話す」(解説:イタリア人はすぐワルノリする) ・「ただしビセンティ氏によると、有名な『モナ・リザの微笑』はゲラルディーニのものではなく、ダビンチが別の女性をモデルとして後に書き加えたものと考えられるという。 これとは別に、モナリザはダビンチの自画像だとする説もある。 DNA鑑定の結果が出て、顔面が復元されるまでには数カ月はかかる見通しだ」・・・ ・いいよいいよ、ジャンジャンやっとくれ。 チャイナから戦争を挑発され続けている日本国民としては、こういったイタリア的余裕には、心からホッとするから。

次の

モナリザはなぜフランスにあるのか : ラーメンと競馬と映画がたまらなく好きです

モナリザ の たわごと

見るとバイクには、3人4人がへっちゃらで乗っている。 現地の添乗員ピーナに何人まで乗れるのか聞いてみたら、こんな答えが返って来た。 「乗れるまでです」 クルマもそうらしく、タクシーなんかも下手すると6人を乗せて走るらしい。 だから、結果的にトゥクトゥクの方が楽だと言うことだ。 男7名、女4名で廻った。 ますは、ベンメリア遺跡へ向かう。 ここには、あの天空の城ラピュタのモデルとなった遺跡がある。 それにしても道中の道が悪いことと言ったらない。 なんどもバスの座席から身体が30センチほど飛び上がるのだ。 それは舗装がしてあっても同じことで、聞くと数年に1回ある洪水のせいだと言う。 だから、家は高床式が多い。 そして移動手段としてバイクの他にトラクターも主流なのだという。 洪水で水を被ってもへっちゃらだからだ。 確かに見ると、トラクターが引っ張る荷台に人が何人も乗っているのを見掛ける。 1時間ほどでベンメリア遺跡到着。 ここの遺跡はアンコールワットとは違い、ほとんど修復されていない。 発見されたそのままの姿なのだ。 それだけにまた違った面白さがある。 そしてあのラピュタの遺跡だ。 宮崎駿がここを見たときは辺り一面が水面だったらしいが、乾季の今はそれがない。 だから想像するしかないのだが、よく考えたら、ラピュタ見たことなかったよ。 それでもなんとなく分かった気がする。 それにしてもここの人達は良く昼寝をしている。 それが昔からの風習らしいが、それにしたって店員が二人とも昼寝ってことはないじゃないか。 それもこれもお国柄ってことである。 アンコールワットよりもさらに古いと言うここの遺跡の目玉は、石に掘られた彫刻だ。 中でも東洋のモナリザと呼ばれる彫刻はなかなか見事だし、その彫刻ひとつひとつにはやはり長大な物語があるのだ。 昨日いきなり行って入れなかった店へ今日は予約して行こうと言うことになった。 ピーナに聞くと予約の電話を入れてくれると言う。 これでひとまず安心だ。 手配だけしてもらっては悪いので、ピーナも誘った。 家がホテルから10分くらいだと言っていたのでてっきり着替えてくるのかと思ったらガイドそのままの服で来た。 「着替えたらだれか分からなくなると大変だから」と笑って言った。 ピーナお勧めのレストランは、スープドラゴンと言う店。 カンボジアの料理は全般的にニオイもクセもなく、日本人にはまったく無害で、むしろ美味しいと思った。 しかも安い。 昨日もそうだったが、さんざん呑んで食べても1人10ドルでこと足りるのだ。 これには参ったと思ったが意を決し食べた。 じっくり見てはとても無理と思い、心を無にして食べた。 意外とニオイはない。 知らないで食べれば旨いかも知れない。 でも次は無理だ。 今日も無事楽しく過ごした。 明日はいよいよ最終日であり、アンコールトムだ。

次の