国土 交通 省 河川 情報。 一般財団法人河川情報センター

酒田河川国道事務所

国土 交通 省 河川 情報

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く状況を踏まえ、JACICでは感染防止対策の一環として、 2020年4月6日(月)から当面の間、在宅勤務を主体とした運営体制に切り替えさせていただくことになりました。 これにより、お問い合わせへの回答までに通常よりもお時間をいただく場合がございますことを予めお知らせいたします。 ご不便をおかけいたしますが、ご了解のほど、よろしくお願いいたします。 詳細につきましては、をご覧ください。 これに伴い、国土交通省および沖縄総合事務局開発建設部の「公開中」文書が 一時的に閲覧できない場合があります。 ・2020年8月21日(金)18:00 〜 2020年8月24日(月)9:00 ご利用の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。 All rights reserved. ここで、そのリンクでほかのページを表示します。 ここで、そのリンクでほかのページを表示します。 ここで、そのリンクでほかのページを表示します。

次の

北上川のリアルタイム情報|岩手河川国道事務所

国土 交通 省 河川 情報

地域 特別警報・警報・注意報 発表内容 大雨 洪水 高潮 波浪 珠洲市 大雨 洪水 高潮 波浪 輪島市 大雨 洪水 高潮 波浪 能登町 大雨 洪水 高潮 波浪 穴水町 大雨 洪水 高潮 波浪 大雨 洪水 高潮 波浪 志賀町 大雨 洪水 高潮 波浪 七尾市 大雨 洪水 高潮 波浪 中能登町 大雨 洪水 高潮 波浪 羽咋市 大雨 洪水 高潮 波浪 宝達志水町 大雨 洪水 高潮 波浪 大雨 洪水 高潮 波浪 かほく市 大雨 洪水 高潮 波浪 津幡町 大雨 洪水 高潮 波浪 内灘町 大雨 洪水 高潮 波浪 金沢市 大雨 洪水 高潮 波浪 大雨 洪水 高潮 波浪 白山市 大雨 洪水 高潮 波浪 野々市市 大雨 洪水 高潮 波浪 川北町 大雨 洪水 高潮 波浪 能美市 大雨 洪水 高潮 波浪 小松市 大雨 洪水 高潮 波浪 加賀市 大雨 洪水 高潮 波浪 お知らせ• ・下福田水門内水位局、新橋カメラは、メンテナンスのため一時的にデータの提供を休止しています。 ・大根布(内、外)水位局は機器の不具合のため、一時的にデータの提供を休止しています。 ・メンテナンスのため、カメラの映像が一時的に乱れる場合がございます。 ご了承下さい。 モバイルとメール配信• 携帯電話サイト• スマートフォンサイト• 登録した雨量・河川水位・気象情報をメール配信します。 kasen. pref. ishikawa. jp からのメール受信を有効にしてください。

次の

一般財団法人河川情報センター

国土 交通 省 河川 情報

静止画像の配信イメージ(昼間、夜間) 出典:国土交通省 住民の避難行動を強く促すためには、河川の静止画像や水位情報をリアルタイムで発信することが不可欠であるが、平成29年7月の九州北部豪雨や平成30年7月豪雨では、大規模な浸水被害が発生した高梁川水系高梁川や小田川などの河川状況をリアルタイムに把握する手段がなかった。 多数の地点に設置ができる簡易型河川監視カメラは、上記状況を受けて国土交通省の革新型河川技術プロジェクトの一環として開発された。 今後は同カメラの設置をさらに進め、令和2年出水期までに国管理河川約1600カ所の画像の提供を開始する予定。 既に画像を提供している従来型のCCTVカメラ(約2800カ所)と合わせて、全国約4400カ所の河川状況がスマホやタブレット、PCで確認できるようになる。 静止画像や水位情報は専用サイトで閲覧できる。 関連記事• 本連載では、京セラコミュニケーションシステム LPWAソリューション事業部 LPWAソリューション部 LPWAソリューション1課の海野晃平氏が、Sigfoxの概要や現場での活用事例などを説明。 第2回となる今回はSigfoxネットワークを利用したIoTデバイス・ソリューションについて解説する。 まだ記憶に新しい、千葉県で相次ぐ甚大な被害をもたらした台風15号・19号をはじめ、近年国内では大規模な水災害が頻発している。 河川周辺の災害は、川沿いの道路が土砂で埋まってしまうことも少なくなく、復旧に向かう建設重機が通れない事態も起きている。 次世代無人化施工技術研究組合では、こうした現場でも、無人化施工を可能にするため、半水中重運搬ロボットと遠隔操作システムの開発を2014年度から着手し、実現場で検証を重ねてきた。 応用地質、みずほ情報総研、インキュビットは、複数の地形的特徴から土砂災害の危険性がある地域を抽出するAIモデルを開発した。 国が示す「空の産業革命のロードマップ」では、2019年度からはレベル3「無人地帯での目視外飛行」のフェーズに入った。 民間企業でも最終のレベル4「有人地帯での目視外飛行」に対応した新たなサービスを展開すべく、機体開発や検証を進めている。 関連リンク•

次の