デュエル リンクス サイバー エンジェル。 デュエルリンクス 無課金サイバー・エンジェル安定デッキ!!! 規制と入手方法

デュエルリンクス 無課金サイバー・エンジェル安定デッキ!!! 規制と入手方法

デュエル リンクス サイバー エンジェル

そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。 デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。 このテーマのキーカード。 リリースされた場合に光天使のサーチ。 他の機械天使を持ってくるも良し、「大天使クリスティア」の様な置物をサーチするも良し、「創造の代行者ヴィーナス」のように大量展開の初動を持ってくることも出来ます。 場にいるときの効果は、モンスター戦闘破壊時に破壊したモンスターの守備力分のダメージを相手に与える効果。 の使用する「フレイム」が破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを与えるのに対してこちらは守備力分ではあるが、 十代を意識したような効果でエモい。 相手は自身のフィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。 そのカードを手札に加える。 GX内最強のサイバーガール。 召喚時に相手依存ながらあらゆる耐性を貫通する墓地送り、儀式モンスターに守備貫通を与え、エンドフェイズにはリソース確保とやり手すぎるぞ。 相手は自身のフィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送らなければならない。 このカードはもう1度だけ続けて相手モンスターに攻撃できる。 自分の墓地の儀式モンスター1体を選んでデッキに戻し、相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 魔法罠版・荼吉尼効果に対象にとる効果に対し妨害を張れる。 自身は連パン効果持ち。 構築の型 サイバーエンジェルには大きく分けて4種類の構築の型があると私は考えています。 ナーサテイヤ型 3. ビシュヌ型 4. バランス重視型 それぞれ軽く紹介していくと、 1. 「美朱濡」の召喚時効果で相手盤面を崩壊させつつ、後手ワンキルを狙う。 破壊代替効果持ちが多い環境では厳しいものがあるが、アニメARC-V再現でアツい。 「十二獣」環境がこの型の一番の活躍どころだったはずが、十二メタの「次元障壁」でれてた。 尖っていない分爆発力はないが、リソース管理の難しい儀式デッキの中では安定感をみせる。 上記デッキタイプの中では最も「儀式魔人」モンスターを組み込み易いため、競技志向で行くならば儀式魔人がカギになる。 構築について メインのパンクラは先で儀式する際に高レベルなことが良い点と罠ビ後手で強い、勅命に屈しない点を評価。 でも公認大会や外部大会で使う際には「朱光の宣告者」か「灰流うらら」のほうが良いと思います。 パーデククリス型ですが、荼吉尼はパーデクに添えると毎ターン1妨害分のコストを拾えるので採用が望ましいでしょう。 1枚採用でも良かったなと思いました。 アルミラージはNSしたを墓地に送ることで墓地天使数の調整を行うために採用。 チャーチや重葬の絡むアドリブ展開が結構あったので使いやすかったです。 まぁ転生2いたし踏んだんで駄目でした。 ちなみにロンギヌスは光天使なので弁天でサーチ出来ます、 上手ぶっていけ。 拮抗は罠ビに叩きつけるのに一番強いので。 の書はボーダー、超雷龍等強力な置物に対して打てること、更にサークル内に「儀式魔人リリーサー」を使用するプレイヤーが要るため、無限泡影や精神操作では意味をなさないのでこれに。 月書じゃないのはに打てるのもあるけど、影霊衣環境のマンジュへのヴェーラーを皆既で交わしつつ相手のリリクラ超える奴をやりたかったので皆既にしました、 上手ぶっていけ。 タイフーンはPと魔法族の里メタ。 超電磁タートルは世界で一番強いカードです。 バイバイタートル!バイバイタートル! 今回不採用だった主なカード 強欲で金満な壺 2ドローは魅力的だが、墓地4天使を調整するためにEXデッキに複数種類のモンスターを入れたいこと、それとは別に対応力を上げるためのモンスターも入れたかったため、不採用。 魔神儀モンスター エクストラを使っての墓地4天使調整がし辛くなると思い、不採用。 古聖戴サウ チャーチでサーチできてあらゆる対象をとる捲りを手札から止めてくれる。 手札の天使数に関係なくパーデククリスの構えに穴をこじ開けてくる「ブレイクスルー・スキル」の墓地効果を止めてくれます。 環境次第では投入が十分考えられると思います。 クリスティア建ってるんだから嘆きかもしれないですが、他のデッキで4枚スタートならもっとマシな盤面出来る気がします。 但し、影霊衣ギミックを入れる分、デッキ内の天使族の割合が下がること、後手用に荼吉尼を採用したことから今回は採用を見送りましたが、基本的には入れたほうが良いと思います。 5枚スタートと言っても、1,2の展開でも言えることですが、「儀式の下準備」、「儀式の準備」、「おろかな重葬」、「マンジュ・ゴッド」、「サイバー・プチ・エンジェル」らサーチカードもダブらなければ任意の1枚になるので、このデッキを使う際には覚える必要のある展開になります。 この展開の為に生きてる。 弁天パーデク 弁天韋駄天 弁天韋駄天 プチ、トレミス 弁天プチ荼吉尼 クリスティア 場合 トレミス荼吉尼パーデククリス 手札天使2 初手に機械天使の儀式が無い場合、サーチャーNSスタートの際にはプチorマンジュの出すところが変わりますが、パーデククリスです。 サークル大会レポ では、一応サークル大会のレポを書き残します。 2本目 後攻グダっての構えがで抜かれて畳み。 2本目 ロアー大捕りをパンクラで捌くも勅命、Lemon 米津玄師 の出だし状態、、クェッ。 3本目 うらら泡でマンジュエンド、返しにもう一発うららで負け。 2本目 噛み合って行けそうだったのに紫毒強すぎてfin。 素引きが絶対儀式じゃなくて機械天使の儀式ならワンチャンあった。 2本目 先攻LANフォリンクスタイガータイギャラされるも手札が荼吉尼、マンジュ、準備、準備、皆既、拮抗でボコボコにして勝ち、申し訳ないくらいの猿ハンで草。 結果3-1も階段あったりしてオポ破壊されてて入賞を逃す。 パーデククリス三回、クリス単騎一回だったので強かったんじゃないでしょうか、 ダイス強かっただけ。

次の

新規サイバーエンジェル!!伊舎那で2回攻撃と2枚ドローしてアドを取りまくる最新の機械天使デッキが楽しすぎる件【遊戯王デュエルリンクス】

デュエル リンクス サイバー エンジェル

今回は、手札事故を減らすために 「ライトロード・ハンター ライコウ」を採用してみました。 ライコウは( リバースで相手フィールド1枚破壊と、 デッキから3枚墓地に送る効果)です。 「機械天使の絶対儀式」の 墓地のカードを生贄に出来る効果と組み合わせられます。 ライコウと クリボールの計4枚で相手の攻撃を防ぐデッキです。 「バージェストマ・カナディア」はライコウで墓地に行っても発動できる枠で一応採用しました。 「銀幕」や「 分断」、何でも良いと思います。 最後に 「サイバー・プチ・エンジェル」を1枚入れました。 (レベル6 韋駄天 or 弁天) + (レベル2 プチエンジェル) =(レベル8伊舎那) レベルがぴったりなので、 どの儀式魔法でも召喚できる強みがあります!!! 更に、 「プチエンジェル」の効果に儀式モンスター、儀式魔法をサーチする能力があります。 いわゆるトランプで言うジョーカーなので、 めちゃくちゃ便利なカードです! 入手方法!!! 天上院明日香の レベル報酬20〜23と ゲートLv. 40の報酬でだいたい揃えることができます! 実際に戦ってみた感想!!! 色々なカード、枚数で回してみた結果 これが最終的に事故率が低かったです!!! とは言っても レッドアイズや 古代くらいにしか有利取れません。 攻撃力3000がボンボン出てきて粉砕してくる 青眼、儀式魔法無効と二刀流の 六武衆には、だいぶやられます。 ユベルや デスペラードにもあまり強くはないです… しかし、 クリストロンや サイバー・ダークには勝てます! 結構よく回るデッキを作れたと思いますが、やはり リソースが多い事と 立て直しが厳しい事、 詰めのもうひと押しが出来ない事でファンデッキっぽくなってしまいます。 それでも 好きなデッキを使うのが一番楽しいですし、 環境に刺さるカードを探して入れてみるのも楽しいと思います! ぜひ アレンジして楽しんでもらえたらなぁと思います! おしまいっっっっっっ!!! simasimayube.

次の

新テーマ【サイバー・エンジェル】デッキ考察

デュエル リンクス サイバー エンジェル

通常ドローの代わりにデッキ外からいずれかの「サイバー・エンジェル」モンスターを手札に加える。 「融合の使い手」 入手レベル:13 自分のライフポイントが1800減る毎に使用できる。 通常ドローの代わりにデッキ外から「融合」を手札に加える。 「儀式の使い手2」 入手レベル:20 デュエル開始時に「」を発動する。 天上院明日香のドロップスキル スキル名 効果 「戦力補充」 自分のライフが1800減る毎に使用できる。 自分は手札を1枚デッキに戻し、ランダムで戦士族モンスターをデッキから手札に加える。 「儀式の使い手」 自分のライフポイントが1800減る毎に使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで儀式モンスター、または儀式魔法カードをドローする。 「バランス」 自分の初期手札が、デッキ内のバランスに応じたものになる。 「ドローセンス:水」 自分のライフが1500ポイント減るごとに使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで水属性モンスターをドローする。 「ドローセンス:炎」 自分のライフが1500ポイント減るごとに使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで炎属性モンスターをドローする。 「ドローセンス:地」 自分のライフが1500ポイント減るごとに使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで地属性モンスターをドローする。 「ドローセンス:風」 自分のライフが1500ポイント減るごとに使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで風属性モンスターをドローする。 「ドローセンス:魔法・罠」 自分のライフポイントが1800減るごとに使用できる。

次の