九星気学 男女 相性。 【一白水星】「九星気学」で分かる自分の性格・相性・適職|「マイナビウーマン」

九星 究極の相性

九星気学 男女 相性

九星気学の起源は中国です。 古代中国の民間信仰「九星」に、五行・干支・八卦を組み合わせたものが「九星術」です。 それを元にして、明治42年に園田真次郎が「気学」としてまとめました。 現在では「九星術」と「気学」を総称して「九星気学」と呼ばれています。 九星気学は地球に循環する「気(エネルギー)」が元になっています。 そして、人が生まれた時の地球上の「気(エネルギー)」の配置が、その人の運命を決定すると考えられています。 そのため、九星気学では生まれた年を重視し、生まれた年によってその人の「本命星」が決まります。 「本命星」は、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しりょくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)の9種類に分類されます。 ニキビができると気になりますよね。 実は、そのニキビができた場所によって、現在から近い将来の運勢を判断することができるのです。 これが「ニキビ占い」です。 ニキビができたら注意して見てみましょう。 そこから、あなたの運勢が明らかになるかもしれませんよ。 今回は、ニキビ占いについて基本的なことを解説していきたいと思います。 ニキビのでき方には、昔からいろいろなジンクスやメッセージが込められています。 例えば、「想い想われ ニキビ」などが有名です。 ニキビの位置で本当に当たる? 人相学的に見て、古来よりニキビは吉相の場合もありますが、どちらかというとトラブルを招く凶相とされてきました。 ニキビができる場所にもよりますが、ニキビを放っておくと、見た目だけではなく運気まで悪くなってしまうのです。 しかし、運気にどのような陰りが出てきているのかを知れば、それに気を付けることができるので、不運を回避できるかもしれません。 思春期のニキビは運気に関係なくたくさんできるものなので、占いとして判断できないからです。 なので、ニキビ占いは成人後に現れたニキビのみで占っていきます。 例えば、自分のことを好きな人がいたり、自分が好きだと思う人がいる場合にできる「想い想われニキビ」は男性の場合は額の中心に、女性の場合は顎にできるといわれています。 ただし例外もあり、「想われニキビ」の場合は、その数が多ければ、それだけ強く想いを寄せてくれている相手がいるか、多くの人から想いを寄せられているという意味になります。 しかし、赤く炎症し膿を含んでいるニキビは、かなり運気が低迷していると捉えます。 なかなか消えない場合やひどくなっていく場合は、運勢の妨げとなる問題が重くのしかかっていることを示しています。 一つずつ見ていきましょう。 顔にできたニキビも、どこの場所にできたかによって意味合いは変わります。 どのような意味があるのかパーツごとに簡単に解説していきます。 あなたには今好きな人がいるのでしょう。 もしくは、あなたを好きな人がいます。 女性よりも男性の方が、この意味合いが強くなります。 臨時ボーナスが出たり、宝くじが当たったりするかもしれません。 ここにニキビができると仕事で失敗をしたり、収入が下がったり、お金のトラブルに巻き込まれる危険があります。 ここにニキビができた場合、恋愛上のトラブルが起こる可能性があります。 片思いが実ったり、恋人からプロポーズを受けたりする可能性があるでしょう。 ここにニキビができると、セックスへの興味が薄れます。 恋人がいる場合は、セックスレスになりかねません。 口は災いのもとと心得て、余計なことを言わないようにしましょう。 あなたには今好きな人がいるのでしょう。 もしくは、あなたを好きな人がいます。 男性よりも女性のほうが、この意味合いが強くなります。 鏡などでチェックしてニキビができていないか確認しましょう。 では、体のニキビについて簡単に解説していきます。 人とけんかにならないよう、言動には注意しましょう。 つまり、あなたにモテ期が到来しているという意味なのです。 そうなったらどうするべきか、事前に考えておきましょう。 ソリが合わないと思っていた人とも、よくよく話してみることです。 意外といい人だと分かる可能性があります。 幸運を表すニキビもありますが、大部分は不運を表すニキビ。 いつの間にかできていないか、できたとしたらどこにできているのか常にチェックしていると、自分の運気のどこが弱くなっているのかが分かります。 そして、どう生活を改善していけば不運を避けられるのか、占いの結果を踏まえ考えていきましょう。 ニキビは、あなたへの大切なメッセージ。 意味合いを正しく捉えて今後の生き方の参考にしてくださいね。

次の

【相性の不思議】激しく惹かれ求めあう『魔の相性』九星気学(五黄土星~九紫火星)(2016年3月2日)|ウーマンエキサイト(1/5)

九星気学 男女 相性

生年月日に応じて、9種類の傾向が備わる。 ・・・これが、九星気学の根本にある考え方です。 その「9種類」というのが、一白水星〜九紫火星までの 9つの星(=性質)であるわけです。 このサイトでもご紹介している通り、 この9種類の星にはそれぞれ異なる特色があります。 性格、仕事の適性、恋愛における愛情表現の仕方、蓄財力・・・etc もちろん人には個性がありますから、 全てがその星の特徴に当てはまるわけではないでしょうが、 「あ〜、なんか思い当たるわ!」 と感じる部分はあるのではないでしょうか。 さらに、この9つの星は、大きく 「男星」と「女星」の2つに分類することができます。 男星 一白水星 三碧木星 五黄土星(男性) 六白金星 八白土星 女星 二黒土星 四緑木星 五黄土星(女性) 七赤金星 九紫火星 別にどちらが良いとか悪いといったことではなく、 「男(陽)」と「女(陰)」で一つのバランスを取る という考え方がベースにあります。 性別の男女でも、それぞれがお互いに足りないものを補い合うことで 穏やかな家庭生活や社会生活が成り立つわけですよね。 自分、家族、友達、同僚、上司・・・ 身の回りの方がどちらグループに属する星なのかが分かると、 人間関係をうまくやっていくためのヒントが得られるかもしれません。 男星の特徴 九星気学で「男星」に属する方々の特徴をまとめてみましょう。 一見、思い切りがよく豪快なように見えても、 実は非常に論理的に物事を捉えており、行動は計画的。 何も考えていないように見えて、実はかなり先の見通しも考えている。 ふざけているようでいて、実は絶対に揺らがない芯を持っている。 プライドが高い これ、性別の男性にも通ずるものがありますよね。 女性側からしてみれば「えっ、そんなところまで考えていたんだ!」 と驚かされることも多いものです。 言い換えれば、「察する力」が弱いんですよね。 たいていの夫婦喧嘩の原因はここに端を発しているような気がするのは 筆者だけでしょうか(笑)。 ちなみに、男星に属する女性は、 いい意味でさっぱりしていて気持ちが良いですね。 ただ、女性としての艶っぽさに欠けるところがあるので、 あまり男性にちやほやされるタイプではないかもしれません。 男星に属する男性は、筆者の実感では 「硬派」な人が多いですね。 ただ、強いように見えても意外と心の中では傷ついていて、 時には簡単に折れてしまうことも多いようです。 女星の特徴 九星気学で「女星」に属する方々の特徴をまとめてみましょう。 繊細で傷つきやすく見えて、実は行動は大胆だったりする。 思いがけない行動で周りの人を驚かせることもしばしば・・・。 感性が鋭く、敏感。 直感的で勘が鋭い 周りに気遣いをしているように見えて、実はだれよりも自分勝手(笑) 男星に比べて、 理論的に物事を考えるのが苦手な方が多いという印象です。 とりあえず直感で動いてみる!という大胆さは、ある意味では魅力的ですよね。 ただ、ハプニングが起こった場合は感情的になりやすいので、 ビジネスの面ではハラハラさせられることも多いかもしれません。 しかし、場の空気を察する能力や包容力は、男星には足りない部分。 どこかにやわらかい母性のようなものがあるので、 一緒にいると心がホッと安らぐんですよ。 外見に関わらず、内側からにじみ出る華やかさもあるので、 異性にもモテる方が多いという印象ですね。 男性でも女性でも、やはり包容力があってあか抜けた人は人気ですよね。 女星に属する女性は、やっぱり優しい人が多いですね。 おまけに、おしゃべりさんも多い(笑)! 人(や動物、植物)を育てる天性の才能があるので、 人の上に立つ仕事が向いていると思います。 女星に属する男性は、いわゆる「草食系」ですね。 繊細でロマンチスト。 女子会の中に一人混じっていても、違和感がありません。 「太陽と北風」のように、温かな愛情でゆっくりと・確実に 相手の心を開かせることができるタイプの男性が多いですよ。

次の

「九星気学」とは? 九星気学でわかる性格や相性|「マイナビウーマン」

九星気学 男女 相性

占い・開運 2017. 01 三木 七月 みき ななつき この記事は約2分で読めます。 【九星気学*相性鑑定】相生・相剋「気が合う人」とは? この人とは馬が合うとか、初めて会ったのに会話が弾むとか、あるいは逆に長年付き合っているけど心の内がわからない、会うときはいつも構えてしまうとか。 そんな人との相性ってありますよね。 九星気学ではそれぞれの星が持つ特性から、星同士の相性を見ることができます。 男女間の相性だけでなく身近にいる友達や家族との相性も鑑定できます。 九星気学の五行 九星気学は一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の九つの星があり、木性、火性、土性、金性、水性の5つに分かれます。 これを五行 ごぎょう と言います。 中国ではBC約400年頃この五行が万物の元素であると考えられていました。 それぞれのお互いの星は関係性を持っていて、よい関係のものを相生 そうじょう 、関係の良くないものは相剋 そうこく と呼ばれています。 五行の相関図(相生) 下の図は五行の関係を配置したものです。 隣の星同士が関係の良い相生となります。 木は燃えて火を生みます。 火は燃えた後に土に戻ります。 土は土中に金属、鉱物を生みます。 金は冷えると水ができます。 水は木を育てます。 例えば木は火と水とが関係が良く、土は火と金とが関係が良い、相生の関係です。 これを九星に置き換えると、三碧木星と四緑木星の人は九紫火星と一白水星の人と相生の関係である、二黒土星と五黄土星と八白土星の人は、六白金星と七赤金星と九紫火星の人と相生の関係であるとみます。 隣同士の星はお互いに助け助けられの関係で、矢印を指す側が助ける、指される側が助けられるという意味があります。 三碧木星の人は九紫火星の人に何かと手を差し伸べたくなるし九紫火星の人は三碧木星の人がいてくれるだけで頼りになる、というようなことです。 五行の相関図(相剋) 次に、隣同士ではなく離れている相剋の関係を見てみましょう。 水は火を消します。 水は土によってせき止められます。 水と火も離れています。 これを九星に置き換えると三碧木星と四緑木星の人は六白金星と七赤金星の人とは相剋の関係であり、一白水星の人は九紫火星の人と相剋の関係であるとみます。 学校の同級生はほとんど同じ星なので「相生相剋」ではなく「同士」となりますが、全員が同じ考えや同じ行動をするかというと決してそんなことはありませんね。 もう少し踏み込んで説明します。 最初に書いたように、人は生まれた年によって九つのいずれかの星を持っています。 そして生まれた月にも九つの星があります。 自分の生まれた年の星を出したら生まれた月も出してみましょう。 緑の枠は生まれた年の星です。 黄色の枠は生まれた日です。 例1・・・生まれた年が一白水星で、生まれた日が8月31日の人の星は二黒土星です。 例2・・・生まれた年が九紫火星で、生まれた日が7月7日の人は九紫火星です。 例1の人は、一白水星と二黒土星を持っています。 例2の人は年も月も九紫火星を持っています。 このように人は1つ、あるいは2つ星を持っています。 ではさきほどの同級生の話に戻りますが、ほとんどの人が同じ星でも生まれた月の星を加味するとあらゆる個性がわかってきます。 例を挙げると、一白水星がほとんどのクラスでは、辛抱強く注意深い人が多いのですが、加えて生まれた月が七赤金星だと実はおしゃべり好きで陽気なところがあるとか、これが六白金星だと表面落ち着いていて負けず嫌い、など幅広く個人を知ることができます。 本題の相生相剋ですが、生まれた年が相生の関係の相手だと考え方の方向性は似ていても生まれた月が相剋だとお互いに引かないところがあるかもしれません。 また逆に生まれた年が相剋だと会議などでいつも意見が合わないと感じている相手だけど、生まれた月が相生ならば、仕事を離れて話してみると意外にも楽しいとか、飲みの席では本音が言えるとかあるかもしれませんね。 最後に一つ大切なこと。 馬が合わないのは私との関係が相剋だからだわ!と結果を出した人。 人は色んな人と出会い、もまれながら成長していきます。 馬が合わないからと言って避けていくことはできないし避けるべきではありません。 私はこう考えています。 相剋の関係を持つ相手と交流することは新しい発見があるのです。 自分には持っていない考えを出してくるからです。 目から鱗ということもあるし、自分を顧みるチャンスかもしれません。 そしてそれを受け入れる寛容さも必要だと思います。 人を変えることはできません。 だから自分がうまく変わらないといけないのです。 考えが衝突して当然。 では次にどうするか。 無視するのか、取り入れるのか…。 この相生相剋の関係を参考にしていただければ人との付き合いを円滑にし、より楽しく生きていくためのヒントが出てくるかもしれません。

次の