ヒロイン失格 ストーリー。 ヒロイン失格 あらすじ

ヒロイン失格

ヒロイン失格 ストーリー

ヒロイン失格のネタバレあらすじ:起 高校生の寺坂利太(山崎賢人)とは小学生の頃から幼馴染の松崎はとり(桐谷美玲)。 はとりは10年間も利太のことを想い続けているのですが、自分からはそんな態度は一切見せません。 はとりは自分は恋愛物語のヒロインだと決めて、利太から愛の告白を受けるのだと信じていました。 そんなある日、学食で不良に絡まれていた同級生の安達未帆(我妻三輪子)を助ける利太を見て、改めて利太に惚れ直したはとり。 未帆は助けてもらったお礼を言い、優しくしてくれる利太に「こんな私に関わっていたら、迷惑になる」と周りの目を気にします。 しかし「周りの目など気にすることはない」と利太は話し、それを見ていたはとりの親友・中島杏子(福田彩乃)は、二人がいい感じだと、はとりに伝えました。 はとりは、自分を卑下して話す少し暗い未帆に、利太が惹かれるわけはないとタカをくくっていました。 しかしその後、利太は未帆から告白され、二人は付き合うことになります。 それを知ったはとりは、利太がいじめられている未帆を放っておけず、告白されて断れなかったのだろうと考えました。 帰ろうとする利太は不良に絡まれて殴られそうになると、未帆が助けに来ます。 そして不良をやっつけた未帆と並んで帰る利太を見て、自分はヒロイン失格だとショックを受けるはとり。 ヒロイン失格のネタバレあらすじ:承 学校で、美帆と利太が一緒にいるところを見て、居ても立っても居られず、自分がヒロインだと思っていたはとりは、未帆にヒロインを奪われてしまい、立ち直れません。 未帆は利太に付き合って欲しいと正々堂々と告白し、それを受け入れた利太。 杏子から、はとりも正々堂々と告白をすべきだったと言われてしまいました。 ヒロインの座を奪われたはとりは、ヒロインを奪還すべく、未帆に利太との絆の深さを見せつけようとします。 幼い頃から一緒にいて、何でも知っているとアピールするはとりですが、未帆には全く効果がありません。 悔しいはとりは、トイレで未帆の悪口を同級生と一緒に言ってしまいます。 しかしそのことを未帆に聞かれ、焦るはとりですが、未帆は「気にしないから」と言い、その態度に余計に腹が立つはとり。 利太と杏子が仲良く手をつないでいるところを見てしまい、走ってその場を逃げ出します。 こうして気落ちしているはとりに、プレイボーイの名高い同級生の弘光廣祐(坂口健太郎)が近づいてきます。 そして告白され、急にキスされるはとり。 最初はからかわれているのだと思っていましたが、弘光はけっこう本気ムードです。 キスのことは利太に内緒にして欲しいと必死に頼むはとりに、口止めとして利太と未帆、弘光とはとりでボーリングのダブルデートをすることになりました。 はとりと弘光が仲良くするのを見て、嫉妬する利太。 嫉妬する利太を見て、余計にはとりにちょっかいを出す弘光。 夜、はとりは利太に「未帆のどこが好きなのか」尋ねます。 すると「未帆には自分にはないものがたくさんある」と言われ、はとりは泣きながら帰りました。 ヒロイン失格のネタバレあらすじ:転 次の日、未帆から話があると呼び出されたはとり。 夏休みに海外に行く間、利太のことを一人にしないで欲しいとお願いされたはとりは、利太を取り返すチャンスだと思います。 しかし杏子のアドバイスで、しばらくは利太と連絡をとらず、あえて距離を置いたほうが連絡が来るのではないかと言われ、はとりは夏休みに入り利太と連絡をとらずにいました。 一人が嫌いな利太から、寂しがって連絡が来ることを待っているはとりですが、まったく連絡が来ません。 我慢できなくなったはとりは、利太に連絡して花火大会に誘ってしまいます。 お祭りの日、浴衣を着た利太を見て、テンションが上がるはとり。 久しぶりの利太に興奮するはとりですが、そこへなぜか弘光が現れます。 利太は弘光に「はとりに近づくな」と注意しますが、逆に弘光から「お前が言える立場ではない」となじられてしまいます。 幼い頃に母親に捨てられた利太は、自分に自信がなく、自分は空っぽな人間だと思っています。 はとりはそんな利太を一人にしたことを謝り、利太に一生ついていくと宣言。 すると突然キスする利太。 これはチャンスと、はとりは利太に告白させようとします。 しかしそこへ海外から未帆が帰って来て、せっかくのムードが大なしです。 怒り心頭のはとりに、きちんと未帆と別れると約束する利太。 ヒロイン失格の結末 次の日、未帆に別れ話を切り出そうとする利太ですが、未帆は話を聞いてくれません。 祭りの日、利太がはとりにキスしたと聞いた未帆は急に倒れます。 そして病気だと嘘を付き、利太を繋ぎ留めておく未帆。 利太は未帆を放っておけず、はとりに交際を断りました。 どん底に落ち込んだはとりに、弘光が優しく言葉を掛けたことで、二人の交際が始まります。 修学旅行でスキーに来ているはとりは、弘光との時間を幸せに過ごします。 恋人気分のようにハッピーな気分を味わっていましたが、はとりはやはり利太を忘れられません。 利太も、はとりへの気持ちを隠しきれず、未帆も利太を騙している良心の呵責に耐え切れずに、病気は嘘だと打ち明けました。 はとりも利太もお互いのことを想い、ただ相手のことが好きな気持ちに気が付きます。 そして、利太から好きだと告白されたはとりは、ヒロインに返り咲くことが出来たのでした。 以上、映画「ヒロイン失格」のあらすじと結末でした。 映画ヒロイン失格は、幸田もも子の同名コミック「ヒロイン失格」が原作。 監督:英勉。 原作:幸田もも子。 出演:桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎、福田彩乃、我妻三輪子。 「松崎はとり」は幼なじみの「寺坂利太」のことが大好きなのだが、クラスのオブス女子「安達未帆」が「寺坂利太」と恋仲となり、意気消沈。 そこに突然、モテ男「弘光廣祐」が現れファースト・キスを奪われてしまい・・・。 またまた恋愛暴走一筋のオバカ女子の話だが、冒頭からホンネ丸出しで、心理描写を過剰な視覚効果にして笑わせる。 内容的には、まるで邦画版「あと1センチの恋」ですネ。 兎に角、桐谷美玲の変顔が凄まじい。 多分、顔芸でコロッケに十分勝てるレベルです。 よって、案の定、終盤はギャップ萌えしてしまいました。 恋愛相手の山崎賢人と坂口健太郎のイケメンぶりも素晴らしい。 特に坂口健太郎は好みですね。 チャラ男が改心する最後の台詞イイです。 中尾彬や六角精児が無駄に登場するが柳沢慎吾の登場場面は絶妙で館内大爆笑でした。 クライマックスのまとめ方も無難で爽やか。 ヒロイン失格は良い恋愛映画だと思います。

次の

【みんなの口コミ】ヒロイン失格 を観た人の感想、評価

ヒロイン失格 ストーリー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 出演は松崎はとり役に桐谷美玲、はとりの幼なじみ寺坂利太役に山崎賢人、同級生の弘光廣祐役に坂口健太郎、同じく同級生の中島杏子役に福田彩乃、同じく同級生の安達未帆、恵美役に高橋メアリージュン、利太の母役に濱田マリ、他に竹内力が出ている。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー この物語は高校生の松崎はとりのお話で、他の物語にありがちな4角関係のお話です。 しかし、おなじクラスの安達美帆が男子生徒にいじめられているのを利太が助けた縁で利太と安達が付き合う事になります。 安達は「私といるとイメージが悪くなりますよ」と言いますが、利太は「人の目などどうでもいい」と言い気にしません。 その風景を見ていたはとりは「おかっぱメガネの六角精児にヒロインは負けない、最後に勝つのは私」と思っていました。 しかし、利太から「安達さんと付き合うことに決めた」と言われて驚き隠せません。 利太は「告白された」からと言いますが、はとりは利太に対して正式に告白をしていませんでした。 友人の中島から「安達さんは告白というオーディションを受けてヒロインになったがあなたはまだオーディションも受けていない劇団研修生である」と言われます。 下校しようとした時、利太に先ほどの男子生徒が殴りかかろうとすると安達が蹴りをいれ「寺坂に手を出したら許さない」と助け、利太と安達の仲が深まっていきます。 はとりがベンチですわっていると同じクラスのイケメン弘光庚廣祐が近づいてきますが、「利太以外はエキストラ、利太一筋10年」といって拒否しますが、「4人でダブルデートをしよう」と言って離れません。 利太が「ジャーナリストになって自分の言葉で何かを伝えたい安達」を凄いと思っていて、はとりは「勝ち目がない」と泣き崩れます。 完全にはとりの「ヒロイン失格」に終わるストーリーかという展開が最後に何故か利太の方に向かい二人は結ばれます。 トイレは誰が聞いているか分かりません、悪口を言ったあとはとりの顔が鬼に変わります。 安達から「今の事気にしなくていい」と言われますが、完全に心が相手に伝わっています。 この映画の主役の桐谷美玲ははとり役にまさにピッタリだと思いました。 そして現在モノマネタレントの福田彩乃が友人役で出ているところも見所です。 最後にアクション映画で有名な竹内力が脇役で出ています、恋愛映画にはでない人ですのでギャップが面白い。

次の

「ヒロイン失格」を見るならどこ?U

ヒロイン失格 ストーリー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 出演は松崎はとり役に桐谷美玲、はとりの幼なじみ寺坂利太役に山崎賢人、同級生の弘光廣祐役に坂口健太郎、同じく同級生の中島杏子役に福田彩乃、同じく同級生の安達未帆、恵美役に高橋メアリージュン、利太の母役に濱田マリ、他に竹内力が出ている。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー この物語は高校生の松崎はとりのお話で、他の物語にありがちな4角関係のお話です。 しかし、おなじクラスの安達美帆が男子生徒にいじめられているのを利太が助けた縁で利太と安達が付き合う事になります。 安達は「私といるとイメージが悪くなりますよ」と言いますが、利太は「人の目などどうでもいい」と言い気にしません。 その風景を見ていたはとりは「おかっぱメガネの六角精児にヒロインは負けない、最後に勝つのは私」と思っていました。 しかし、利太から「安達さんと付き合うことに決めた」と言われて驚き隠せません。 利太は「告白された」からと言いますが、はとりは利太に対して正式に告白をしていませんでした。 友人の中島から「安達さんは告白というオーディションを受けてヒロインになったがあなたはまだオーディションも受けていない劇団研修生である」と言われます。 下校しようとした時、利太に先ほどの男子生徒が殴りかかろうとすると安達が蹴りをいれ「寺坂に手を出したら許さない」と助け、利太と安達の仲が深まっていきます。 はとりがベンチですわっていると同じクラスのイケメン弘光庚廣祐が近づいてきますが、「利太以外はエキストラ、利太一筋10年」といって拒否しますが、「4人でダブルデートをしよう」と言って離れません。 利太が「ジャーナリストになって自分の言葉で何かを伝えたい安達」を凄いと思っていて、はとりは「勝ち目がない」と泣き崩れます。 完全にはとりの「ヒロイン失格」に終わるストーリーかという展開が最後に何故か利太の方に向かい二人は結ばれます。 トイレは誰が聞いているか分かりません、悪口を言ったあとはとりの顔が鬼に変わります。 安達から「今の事気にしなくていい」と言われますが、完全に心が相手に伝わっています。 この映画の主役の桐谷美玲ははとり役にまさにピッタリだと思いました。 そして現在モノマネタレントの福田彩乃が友人役で出ているところも見所です。 最後にアクション映画で有名な竹内力が脇役で出ています、恋愛映画にはでない人ですのでギャップが面白い。

次の