マイ ナンバー 申請 写真。 マイナンバーカードのつくりかた | 特集

マイナンバーカードの作り方!スマホ一台で写真撮影から申請まで行える【詳しい手順を紹介】

マイ ナンバー 申請 写真

「スマホで撮影してもOK」と言っても、背景がある顔写真は個人番号カードの申請には利用できない、 個人番号カードの交付申請をする方法は、郵便、パソコン、スマホ、まちなかの証明用写真機と4パターンがあるが、いずれの場合も申請者の顔写真が必要だ。 郵便で申請する場合、写真の規格は縦4. 5cmで、個人番号カード交付時には縦2. 20cmに縮小される。 スピード写真や写真店で撮影してもらう写真のほか、自分でスマホやデジカメで撮影した写真を使うことが可能だ。 ただし、パスポートや運転免許の写真と同様に、正面、無帽、無背景などいくつかチェック項目があり、不適切な写真は弾かれてしまう。 パソコンやスマホからオンライン申請する場合の画像の規定は、以下のとおり。 6ヵ月以内に撮影した写真(正面、無帽、無背景)• 明るく鮮明な写真• ファイル形式:jpeg• ファイルサイズ:20KB~7MB• ピクセルサイズ:幅480~6000ピクセル、高さ480~6000ピクセル なお、画像編集ソフトで加工した画像などは、受け付けてもらえない場合があるので、注意が必要だ。 顔写真を撮影するときのチェックポイントはに案内があるので、撮影前に確認しよう。 1(Internet Explorer 11)、Mac OS X 10. 10(Safari 7. スマホの場合は、Android 2. 0 (デフォルトブラウザ )、Android 4. 1(Chrome 41)、iOS 8. 2(Safari 8. 1)となっている。 パソコンやスマホから申請する場合、メールアドレスの登録が必要になるが、 の直前が「.」や「.」が2つ以上連続するメールアドレスはオンライン申請には利用できない。 スマホでキレイな顔写真が撮れるアプリ 交付申請用の写真を自分で撮影すれば、何度も撮り直しが可能で、気に入った写真を使える点が、自分で撮影するメリット。 デジカメでもOKだけど、証明写真用に特化したスマホアプリなら、顔の傾きや画面に対する顔の位置などがわかる。 そこで、個人番号カード用の写真撮影にも利用できる、スマホ・iPhone向けの証明写真アプリを紹介する。 パスポート写真.

次の

マイナンバーカードの写真をスマホで サイズや手続きを解説

マイ ナンバー 申請 写真

通知カードおよび交付申請書• 顔写真(スマホで撮影したものでOK) 交付申請書とは マイナンバーの通知カードが送られてきたときに、このような申請書もセットで届いています。 ここに記載されている 申請書 ID が、オンライン申請では必須になります。 この交付申請書を紛失すると、申請書IDが分からないため、オンラインで手続きが行なえません。 役所へ顔写真(縦 4. 5cm 横 3. 5cm)を持って、直接マイナンバーカードの申請を行うしか術が無いようです。 それでは申請の手順から、カード受領までの手続き方法までを順番にご覧ください。 マイナンバーカードが交付されるまでの期間 交付申請の手続きを行ってから、 約1ヶ月ほどでカードが出来上がります。 混雑状況によっては、それ以上の時間が掛かることもあるようです。 急ぎでマイナンバーカードが必要でも、即日発行されるものではないのでご注意ください。 顔写真を撮影する• 申請サイトから手続きを行う• 申請の受付完了メールが届く• 【約1ヶ月後】交付通知書のはがき、または封書が役所から届く• ハガキに署名と捺印をして役所へ持参• 暗証番号を設定• 窓口でマイナンバーカードが交付 手続き方法がオンラインでも郵送でも、 マイナンバーカードは郵送ではなく役所の窓口で交付されます。 それでは申請手続きの前に、顔写真の準備からしていきましょう。 顔写真を撮影する まずは写真を撮影しましょう。 スマートフォンの自撮りでも、デジカメで撮影したデータをスマホに移動させても OK です。 顔写真の撮影時に気をつけること 顔写真といっても、何でも良いわけではありません。 個人を証明するための写真になるので、きんと撮影しなくてはいけません。 運転免許証やパスポートの写真をイメージすると分かりやすいと思います。 以下の手順は、スマートフォンだけでなくパソコンで手続きをしても同様の流れになります。 利用規約の確認 申請ページを開いたら利用規約の内容を確認してください。 2箇所にチェックを入れて [ 確認] ボタンをタップして進みます。 メールアドレスを登録 オンラインで申請すると、受付連絡がメールで届きます。 受領するメールアドレスを最初に登録します。 QR コードからアクセスした場合、申請書IDが自動で入力されています。 未入力時は手打ちで入力してください。 そのままスクロールして、画像認証のコードを入力して [ 確認] ボタンをタップ。 入力内容の確認画面に遷移するので、内容を確認して問題なければ、そのまま [ 登録] を実行します。 完了すると登録したメール宛に 申請情報登録URL の案内メールが届きます。 続きはメール内に記載のあるリンクから行っていきます。 顔写真の登録 撮影した顔写真をアップロードします。 アップロードが終わると「 アップロードが完了しました。 」と表示されるので [ 確認] ボタンで次に進みます。 次の画面でアップした画像を確認します。 確認項目が3つあるので、問題なければチェックを入れて [ 登録] を実行します。 画像に不備があったり他の画像に変更したい場合は、前の画面に戻ってアップロードからやり直してください。 申請情報の登録 ここでは次の内容を登録します。 生年月日• 電子証明書発行希望の有無• 氏名の点字表記希望 最初に QR コードを読み込んで手続きを開始した場合、生年月日は自動で入力されています。 パソコンからの場合は手入力してください。 電子証明書とは e-Tax のような電子申請や、コンビニで住民票などの交付サービスを受ける場合に必要になります。 今後展開されるマイナンバーによるサービスのことを考えると、電子証明書は便利な機能なので、余程の理由がない限り利用したほうが賢明だと思います。 入力した内容を確認し、チェックした上で [ 確認] ボタンから次に進みます。 最後に申請内容の最終確認を行います。 顔写真や各種登録した情報をチェックしてください。 内容に問題や不備がなければ [ 登録] ボタンで申請を確定します。 申請情報の登録完了 これで申請の手続きは完了しました。 登録したメールアドレス宛にも、同様の受付完了メールが届きます。 あとは役所からの連絡を待つのみです。 署名用電子証明書の暗証番号(6~16桁の英数字)• 利用者証明用電子証明書の暗証番号(4桁数字)• 住民基本台帳用の暗証番号(4桁数字)• 券面事項入力補助用の暗証番号(4桁数字) 4つも暗証番号が必要になるのは初耳でした。 しかし e-Tax やコンビニ等での書類発行時に必要なものなので仕方ありません。 マイナンバーカード交付 無事にマイナンバーカードが交付されました。 一緒にマイナンバー部分が隠れるような入れ物も貰いました。 今後は健康保険証の代わりにもなるようですが、僕の場合は e-Tax で確定申告するのが最大の目的なので、普段は持ち歩くことはないと思います。 マイナンバーカードを使って出来ることが増えれば、もっと利用者も増えると思いますが、現状はカードを作ってもそこまで大きなメリットは感じません。 僕には必要不可欠なカードになるので早い段階で作りましたが、必要ないと思えば無理に作らなくても問題はありません。 マイナンバーカードを作らないとしても、通知カード上のマイナンバーは有効なので、紛失しないようお気をつけください。 以上、スマートフォンからマイナンバーカードを申請して、カードを受領するまでの手続きについてでした。

次の

子供のマイナンバーカード申請は何歳から?写真は成長とともに変えるの?

マイ ナンバー 申請 写真

無断転載禁止 概要 2019年01月28日、「個人番号カード」 マイナンバーカード の交付を申請して、同年02月22日に受け取ったのですが、ちょっと判断ミスをしたエピソードを書きたいと思います。 失敗: 写真のサイズ 旅券 パスポート と「個人番号カード」 マイナンバーカード の申請に必要な写真を撮ろうと思い、証明写真機のボックスに行ったんです。 ところが、証明写真機に書いてあった説明文を見て、迷いが生じました。 旅券 パスポート と「個人番号カード」 マイナンバーカード の申請に必要な写真の規格は、どちらも縦 4. 5cm なのですが、証明写真機の選択肢の中に、縦 4. 5cm が無いんです。 「ファミリーマート」にある証明写真機で選べる写真の規格は次のとおり。 2018年12月27日現在• 大型・中型証明用 縦 7. 8cm• パスポート・証明用 縦 4. 2cm• 履歴書・証明書 縦 4. 6cm• 免許証・証明用 縦 3. family. html その場で、スマートフォンで公式ウェブサイトを見て、写真の規格を確認しました。 旅券 パスポート 用も「個人番号カード」 マイナンバーカード 用も、縦 4. 5cm です。 ところが、証明写真機の説明文によると、「パスポート・証明用」の写真のサイズが縦 4. 2cm になっているんです。 「履歴書・証明書」用の縦 4. 6cm の方が適切なサイズなのではないだろうか、と思ったんです。 迷った末に、「履歴書・証明書」を選択して証明写真を作りました。 そして、家に帰って、何かがおかしいことに気づきました。 定規で顔のサイズを測ったら、条件を満たしていないんです。 顔のサイズが小さすぎるんです。 やっとわかりました。 縦 4. 5cm の証明写真が必要な場合は、「パスポート・証明用」 縦 4. 2cm で撮影をした上で、自分で縦 4. 5cm に切ると、顔の大きさが規格に合うサイズになるんです。 失敗: 写真の色 「個人番号カード」 マイナンバーカード を、まだ申請していない人に言いたいことがあります。 「個人番号カード」 マイナンバーカード の交付を申請するときの 写真は、白黒はやめたほうがいいです。 カラーにしたほうがいいですよ。 なぜかと言うと、「個人番号カード」 マイナンバーカード が全体的に ピンク調の色なんですが、白黒の写真が ブルーっぽく見えて、まるで葬儀用の写真みたいで、自分で言うのもなんですが、 気持ち悪いです。 失敗: 申請・受取方法 私が住む町では、「交付時来庁方式」 「個人番号カード」を受け取る時に役所へ行く方法 と、「申請時来庁方式」 申請する時に役所へ行き、「個人番号カード」を「本人限定受取郵便」で受け取る方法 を選べるのですが、私は「申請時来庁方式」を選択したんです。 しかし、「申請時来庁方式」には欠点がありました。 私のように、「住民基本台帳カード」 住基カード 以外の写真付き身分証明書を持っていない人は、写真付き身分証明書が無い期間 3~4週間 ができてしまうということです。 実際、「本人限定受取郵便」を受け取る際に、「国民健康保険被保険者証」 保険証 を提示したところ、免許証の提示を求められました。 「無い」と言ったら「国民健康保険被保険者証」 保険証 で手続をしてくれましたが、もし、「交付時来庁方式」を選択していたら、「住民基本台帳カード」 住基カード の返却は「個人番号カード」 マイナンバーカード を受け取る時ですから、写真付き身分証明書を持っていない期間は生じません。 失敗: 申請の時期 私が「個人番号カード」 マイナンバーカード の交付申請をしたのは01月28日なのですが、02月に入ってから「あっ!しまった」って思いました。 2017年から、確定申告をする際には「マイナンバーを確認できる書類の写し」が必要になったのですが、私は申請時に「通知カード」を返却済みのため、02月15日頃から03月15日頃までの確定申告の期間内に、もし、「個人番号カード」 マイナンバーカード を受け取れなかった場合は、「住民票の写し」 有料 か「住民票記載事項証明書」 有料 を確定申告書に添付する必要がありました。 「住民票の写し」や「住民票記載事項証明書」等は、コンビニエンスストア等のマルチコピー機で取得する方法 コンビニ交付 もありますが、その手続に必要な「住民基本台帳カード」 住基カード は既に申請時に返却済みであり、「個人番号カード」 マイナンバーカード はまだ受け取っていない状態ですから、「コンビニ交付」を利用することはできません。 結局、もう一回、役所へ行くことになるわけで、それだと、「申請時来庁方式」 申請する時に役所へ行き、「個人番号カード」を「本人限定受取郵便」で受け取る方法 を選んだ意味がありません。 「個人番号カード」 マイナンバーカード の手続には時間がかかるので、タイミングが悪いと、確定申告の期間内 02月15日頃から03月15日頃まで に間に合わない可能性がありました。 まとめ まとめると次のようになります。 「個人番号カード」 マイナンバーカード は「すぐ欲しい」と思っても即日発行できないので、必要になってから交付を申請するのではなく、必要ないときに手続しておくことを検討する。 写真のサイズは「パスポート用」、色は「カラー」を選ぶ。 役所へ行くとき、念のために、印鑑を持っていく。 「住民基本台帳カード廃止(返納)届出書」に押印が必要な市町村がある。 「申請時来庁方式」で申請した場合は、「本人限定受取郵便」を受け取る際に、写真付き身分証明書の提示を求められる可能性があるが、「住民基本台帳カード」 住基カード は申請時に返却済みであり、「個人番号カード」 マイナンバーカード は、その封筒に入っており、提示できない。 「申請時来庁方式」で申請した個人事業主、自営業または自由業の人が、確定申告期間内 02月15日頃から3月15日頃まで に「個人番号カード」 マイナンバーカード を受け取れなかった場合は、確定申告書に「マイナンバーを確認できる書類の写し」を添付するために、余計な外出 平日の昼間に役所へ行くこと と出費 「住民票の写し」等の代金 が必要になる可能性があるので注意する。 関連リンク•

次の