鼻 うがい の 仕方。 ハナノアa│製品情報│小林製薬株式会社

鼻うがいは危険?脳や耳や目への危険性と水道水を使ったやり方の注意事項!

鼻 うがい の 仕方

新型コロナウイルスは 潜伏期間が11日に及ぶ例も 新型コロナウイルス感染症については、発熱などの呼吸器症状の自覚がないものの、なんとなく体調が思わしくないからと医療機関を受診し、検査により新型コロナウイルスの感染が確認されたというケースも出ているようです。 また、この新型ウイルスの潜伏期間、つまり感染を受けてから発熱やのどの痛み、咳嗽などの呼吸器症状が現れるまでに平均して5日前後、最短は1日、最長では11日かかっていることを、厚生労働省の技術参与として新型コロナウイルス感染症対策に日々尽力しておられる高山義浩医師が報告しています。 つまり、新型コロナウイルスの感染者であっても、人によっては11日もの長い間、自分が感染を受けているという自覚が全くないまま、街中でショッピングをしたり、レストランで食事をしたり、観光を楽しんだりしている可能性を否定できないことになります。 そこで、個人レベルでの感染予防の徹底が求められるわけです。 ところが、厚生労働省などが国民に呼びかけている予防策を見てみると、そこに「うがい」が入っていないことに疑問を感じている方は少なくないようです。 というわけで、今回は「ウイルス感染に対するうがいの効果」について書いてみたいと思います。 ウイルス感染の予防策から 「うがい」が外れている理由 感染予防策としての「うがい」、専門用語で言えば「含嗽(がんそう)」については、ここ数年ずっと疑問に思っていることがありました。 インフルエンザのような飛沫(ひまつ)、つまりウイルス感染者が咳やくしゃみをした際に周囲に飛び散る細かい水滴、いわゆる「しぶき」を介しての感染予防には、昔から「うがいと手洗いをこまめに行い、人混みを避け、やむを得ず人混みに出るときはマスクを着用する」と言われてきたものです。 ところが、4年ほど前からでしょうか。 季節性インフルエンザ予防を呼び掛ける厚生労働省の国民向けメッセージやパンフレット、リーフレットなどから、それまで記載されていた「うがい」が外されているのです。 その理由を厚生労働省の担当者に尋ねたことがあるのですが、その答えは、 「うがいは、一般的な風邪を予防する効果があるとする研究データはありますが、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていませんから」 といった程度の、少々そっけない回答でした。 今回の新型コロナウイルス関連肺炎についても、感染対策として厚生労働省がホームページで国民に向けたメッセージとして記載しているのは、次のようなもので、そこにはやはり、「うがい」は入っていません(2020年3月3日現在)。 マスクの効果については、こちらの記事を読んでみてください。 水によるうがいで風邪抑制効果が確認された理由として、研究チームは次の2点を挙げています。 口や鼻からの侵入ウイルス撃退に うがいは現実的な策ではない うがいには、口腔内の汚れを水の勢いで浮き上がらせて吐き出し、清浄にする効果があります。 乾燥によるネバツキなどを改善、解消して口臭を防ぐ効果も期待できます。 うがいにより水と一緒に吐き出される口腔内の汚れのなかには、鼻や口から入り込んだ雑菌やインフルエンザウイルスなども含まれますから、うがいはウイルス感染の予防に効果があるのではないか、と考えがちです。 しかし、鼻や口から入り込んだウイルスなどが、口腔内を通過してのどの粘膜や気管支の細胞に達し、その細胞内に侵入していくのに要する時間は想像以上に短く、早いときで数分、かかっても20分ほどと考えられています。 ですから、鼻から吸い込んだり口から入り込んできたウイルスによる感染を完全に防ぐには、数分から20分ごとにうがいをしないと間に合わないことになります。 これはあまりに非現実的な話ですから、インフルエンザや新型コロナウイルス関連肺炎の予防策としては実行可能な方法ではないとして、うがいが外されているようです。 外出から戻ったとき、とりわけ満員電車や人込みの中にいたときなど、また口腔内が乾燥してのどがイガイガするようなときは、まず水で口をしっかりゆすいで汚れを吐き出してから、ガラガラとうがいをすることをおすすめします。 このとき、たとえば風邪やインフルエンザ予防にと洗面所などに備えてあるを使えば、口腔内とのどの清浄にはより効果的でしょう。 イソジンに関しては、「どうもあの匂いや味が苦手で……」という方が少なくないようです。 そんな方にはがおすすめです.

次の

鼻うがいの効果は?副鼻腔炎に効くの?簡単なやり方は?水道水ではだめ?!

鼻 うがい の 仕方

春、ツラ~イ花粉症の季節……。 「ううー!鼻を取り外してザブザブ洗いたいッ!」と、鼻の不快感に悩まされている人は、少なくないはず。 そんな鼻事情でお悩みの皆さん、 もう 「鼻うがい」は試しましたか? 花粉症はもちろん、蓄膿 ちくのう 症、風邪の症状にも効果がある鼻うがい。 「 やってみたいけど、プールでのあの鼻の痛みを想像したら、無理!耐えられない……」 と諦めているアナタ! 正しいやり方で、痛くない鼻うがいなら、やってみたいと思いませんか? 鼻うがいは一度コツを掴むと超カンタン! 花粉症の私も、春の間は毎日実践してます。 鼻、スッキリ!!!の 爽快感を味わえますよ。 花粉症などのアレルギー性鼻炎、蓄膿症や副鼻腔炎など、鼻や喉の不調にオススメなのはモチロン、 風邪の予防にも効果テキメン! 鼻うがい後は、とにかく鼻がスッキリするので、習慣化する人も多いみたいです。 「鼻に水を入れるなんて…」と尻込みしてしまう、鼻うがい未経験のアナタ。 あのプールで鼻に水が入った時の 『 ツ~~~ン!!!』という痛みを想像して、コワイって思っているでしょう? 鼻うがいは、正しいやり方で行えば、鼻にツーンとくるあの 不快な痛みはないんですよ! プールの水が鼻に入った時に痛いのは、浸透圧が違うから。 プールやお風呂の水は、ただの水。 鼻うがいは、 生理食塩水を使って行います。 人体の体液は、生理食塩水と同じ浸透圧で、0. 9%の濃度なんです。 9%の食塩水を作れます。 口から出す鼻うがい【上級者編】 鼻から吸って鼻から出す方法に、慣れてきてから試してみましょう。 やり方はほとんど同じですが、しっかりと吸い込まないと、鼻から吸った食塩水が口へと流れていきにくいのです。 食塩水を、ボウルや大き目のスープカップなどにいれる。 前かがみの姿勢になり、片方の鼻の穴をしっかりと指で塞ぎながら、もう片方の鼻の穴で食塩水を 勢いよく・ガッツリ・しっかりと吸い込む。 しっかりと吸い込めたら、 顔を上に向けて、口へ食塩水が流れるようにして、口から吐き出す。 これも、最初は3回ずつトライ。 最後に鼻をかみますが、強くかみすぎると 炎症を起こす可能性がありますので気を付けて。 *容器を工夫したら、やりやすい!* ボウルや洗面器などから吸うのが一般的ですが、 コレ、慣れないと顔がビチャビチャになるし、やり辛いんですよね……。 100円ショップなどで売っているものを活用して、容器を工夫すると、やりやすくなりますよ。 ドレッシングやソース用の、細いノズルがついている容器などが評判がいいようです。 市販品でも鼻うがいにトライできる! それでも、 「鼻から吸い込むなんてヤッパリできない……」という方には、 市販されているお助けグッズで、チャレンジしてみるのがいいかも。 『ハナクリーンS』 【 鉄則ルール8つ】• 真水をそのまま使わないこと。 浸透圧の関係で、体に悪影響を及ぼします。 一度煮沸して冷まし、生理食塩水を作りましょう。 水温は人肌まできっちりと冷ますこと。 真水そのままの水温や低温では刺激が強く、失敗しやすくなります。 一度沸騰させてカルキを飛ばし、人肌ぐらいまで冷ましてから使いましょう。 塩分濃度をきっちり測ること。 生理食塩水は濃度が0. 体液の浸透圧とほぼ同じで身体に優しい食塩水です。 薄くても濃くても粘膜が刺激を受け、痛みが出やすくなります。 作り置きをしないこと。 雑菌が繁殖すると危険ですから、作り置きなどはせずその都度作りましょう。 また容器なども洗浄し、衛生状態に気を配りましょう。 唾を飲み込まないこと。 注入中に唾や洗浄液を飲み込もうとすると、耳管と呼ばれる部分に洗浄液が入り込み、中耳炎を引き起こす危険性があります。 鼻をかむのは、時間を置いて片方ずつ!• 洗浄液が残った状態で鼻をかむと、洗浄液が耳の方に流れ、中耳炎等の原因になります。 鼻うがい後はすこし時間を置いて、下を向いて洗浄液を垂れ出させ、片方ずつ静かにかみましょう。 シャワーでやるのはNG!• 入浴のついでにシャワーを使って鼻うがいを済ませたくなりますが、これは危険。 たとえぬるま湯でも水道水ですので、痛みを伴います。 1日に何度もやらないこと。 鼻うがいは1日2~3回が目安です。 やりすぎてしまうと、中耳炎等になる可能性があります。 鼻の奥は繊細なので、粘膜を傷つけるおそれがあります。 まとめ• ブクマ登録で最新記事やTOPでピックアップ記事がすぐにチェックできるので気軽にご利用くださいませー.

次の

鼻うがいの効果は?副鼻腔炎に効くの?簡単なやり方は?水道水ではだめ?!

鼻 うがい の 仕方

のどをガラガラさせるうがいではなく、鼻をスッキリさせる「鼻うがい」をご存知ですか? 鼻の中を、まさにうがいのように洗い流す方法で、鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水や、これから少しずつ増えてくる花粉やハウスダストなどのアレルギー物質を取りのぞく効果があるといわれています。 鼻の調子がイマイチよくないとき、風邪・花粉症対策に、鼻うがいを試してみませんか? 鼻うがいは風邪や花粉症になぜ効果的? 鼻の中を直接洗い流す「鼻うがい」。 鼻をかんでも出にくいガンコな鼻水をスッキリさせることができるため、鼻の調子が今ひとつ良くないときは、一度は試してみたい方法です。 さらに鼻うがいは風邪や花粉症の予防にもなり、健康維持のためにもおすすめです。 というのも、風邪のウイルスや花粉が付着しやすいのは、鼻の奥の上咽頭といわれる部分で、のどのうがいでは上咽頭を洗い流すことができないからです。 一方、鼻うがいでは上咽頭までしっかりと洗い流すことができますから、より効果的な風邪予防や花粉症対策になるといえます。 鼻うがいの効果• 鼻の不快感の解消 鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水もスッキリさせることができます。 風邪やインフルエンザなどのウイルス対策 風邪やインフルエンザの原因になるウイルスは、のどの奥の上咽頭に付着し、炎症を起こします。 鼻うがいなら、上咽頭を洗い流すことができるため、ウイルス対策になります。 花粉症やホコリなどのアレルギー対策 上咽頭に付着した花粉やホコリなどを洗い流すことで、アレルギーの原因を取り除くことができます。 ちくのう症の予防・症状の緩和 ちくのう症(副鼻腔炎)とは、目と目の間やほほなどにある副鼻腔という空洞にうみがたまる病気。 風邪や花粉などが原因で炎症が起き、粘り気のある鼻水や鼻づまり、頭痛といった症状が起きます。 鼻うがいでは副鼻腔を直接洗い流すことはできませんが、鼻の中の粘り気のある鼻水を洗い流すことができますから、ちくのう症の予防や症状の緩和に役立つと考えられます。 鼻うがいで準備するもの 市販の鼻うがい用の商品を使えば気軽に始められますが、自宅にあるものを使って鼻うがいを行うこともできます。 やり方がいくつかありますので、自分のやりやすい方法で試してみましょう。 鼻に真水が入るとツーンとしますが、これは体液と水の浸透圧が違うために起こります。 そのため鼻うがいでは、体液と同じ浸透圧である、0. 9%の食塩水を使って行います。 【準備するもの】• 一度沸騰させた、ぬるま湯• 洗面器やコップ• タオル など 【0. (500ccなら4. 5g、2リットルなら18g) この食塩水は使いまわすのではなく、鼻うがいをするたびに作るようにしてください。 鼻うがいの方法 最初のうちはお風呂で行うといいでしょう。 濡れることを気にせずにできますし、体も温まって鼻水も出やすくなっています。 【食塩水を流し込む方法】• 9%食塩水を入れます。 このとき「えー」と声を出すと流し込みやすいです。 ただし顔が大きく上向きにならないように注意してください。 どちらの鼻からでも構いません。 慣れてきたら口から出してみましょう。 【洗面器の食塩水を吸い込む方法】• 9%食塩水を入れます。 このとき食塩水を飲み込まないようにします。 慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出してみましょう。 【ストローで食塩水を吸い込む】• 9%食塩水を入れて、ストローをさします。 このとき食塩水を飲み込まないようにします。 慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出します。 鼻うがいを効果的にするための注意• 鼻に食塩水を入れるときは、大きく上を向かない 鼻に食塩水を入れた後、やや上を向くと口に流れやすくなりますが、大きく上を向くと食塩水が耳に入り中耳炎になる恐れがあります。 前かがみの状態で、顔はあまり上に向けないようにしましょう。 鼻で水を吸い込んでいるときに、つばを飲み込まない 水を吸い込んでいるときに、つばや洗浄液を飲み込もうとすると、耳に洗浄液が入る恐れがあります。 鼻を洗い終わった後に、鼻を強くかまない 鼻を洗い終わったら、前かがみのまま頭を左右に傾けるなどして、食塩水をすべて出すようにします。 その後軽く鼻をかむのはかまいませんが、強くかむと中耳炎の原因になります。 やりすぎは注意!1日1〜2回程度に 1回の鼻うがいでは2〜3度繰り返し、ヌルヌルした感じがなくなるまで行います。 鼻うがいに慣れてくるとスッキリして気持ちがいいのですが、1日1〜2回程度にしましょう。 (1回は200ml程度で十分です)• 鼻づまりがひどいとき、のどに痛みがあるとき、鼻水がのどに流れてしまうときはしない 鼻に炎症があって鼻づまりがひどいときや、のどに炎症があるときは鼻うがいは行わないようにしましょう。 また鼻水がのどに流れる後鼻漏のときも、食塩水が残りやすくなりますから、行わないようにしてください。 子どもは専用の器具を購入するか、耳鼻科でしてもらう 鼻うがいを間違った方法で行うと、中耳炎など別の病気を招く恐れがあります。 子どもは上記の方法では行わないほうがよいでしょう。 どうしても鼻うがいを行いたいときは、子どもでもできる市販の器具を購入するか、耳鼻科で鼻洗浄を行いましょう。

次の