バス マジック リン。 花王株式会社 バスマジックリン 泡立ちスプレー SUPER CLEAN グリーンハーブの香り [本体]

花王株式会社 バスマジックリン 泡立ちスプレー [つめかえ用]

バス マジック リン

バスマジックリン 泡立ちスプレー SUPER CLEAN グリーンハーブの香り ラインアップ• (すべての菌を除菌するわけではありません。 毎日使うとより効果的。 10分以上放置しない。 使用量の目安 1㎡に対して約9回噴射 泡の広がり方 <広い泡>壁や床などの広い場所のおそうじにおすすめです。 *噴霧口の白いカバーを閉じたままスプレーするとせまい泡で、開けてスプレーすると広い泡で出ます。 異常が残る場合は、医師に相談する。 また、販売終了6ヶ月後までこのサイトに掲載いたします。 ご購入、ご使用の際には、製品に表示されている内容をご確認ください。 価格は販売店にてご確認お願いいたします。

次の

花王株式会社 バスマジックリン

バス マジック リン

商品概要・歴史 [ ] に日本で「マイペット」の次の新しいブランドとして台所用洗剤「マジックリン」を発売。 続くには、用洗剤「バスマジックリン」を発売。 またには、用洗剤「トイレマジックリン」を発売。 10月には「マイペット」ブランドで発売していたガラス用洗剤とフロア用つや出し洗剤、「クイックル」ブランドで発売されていたつや出し剤用シートを「マジックリン」ブランドに移行し、リニューアルされた。 台所用洗剤では、緑色の液体の「マジックリン」とに発売されたオレンジのボトルの「キッチンマジックリン消臭プラス」がある(かつてはフォームタイプや「レンジマジックリン」からブランド移行したシートタイプ「キッチンマジックリンたわしシート」も発売されていた)。 浴室用洗剤では、黄色い液体の「バスマジックリン」が発売されていたが、に浴室特有のこもった臭いもとる、黄緑色の液体の「バスマジックリン 泡立ちスプレー 消臭プラス」を、にはの防効果が加わった水色のボトル「バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス」を、にはエッセンシャルローズの香りのピンクのボトル「バスマジックリン 泡立ちスプレー アロマ消臭プラス」を順次発売し、タイプが異なる4種類をそろえている。 同じ年に「バスマジックリン 泡立ちスプレー 消臭プラス」が除菌力を高めて「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」となり、併せて、「バスマジックリン 泡立ちスプレー」の本体全種類は仕様変更を行い、従来型の「広い泡」比約2倍広がる「新広泡スプレー」を採用した。 (かつてはクレンザータイプも発売されていた。 2008年3月に抗菌成分を新たに配合し、名称もリニューアル)」があり、2009年10月にはこれまで液体のトイレ用洗剤として発売していた「トイレマジックリン」が研磨効果を高めてトイレ用として生まれ変わり「トイレマジックリン 強力クレンザー」に改称された。 かつては強力酸性タイプも発売されていた。 住居用洗剤はフロア用つや出し洗剤の「フローリングマジックリン つや出しスプレー」とガラス用洗剤の「ガラスマジックリン」がある。 かつては「クイックルワイパー」に取り付けて「フローリングマジックリン つや出しスプレー」と一緒に使うつや出し剤用シート「フローリングマジックリン つや出しスプレー専用シート」が発売されていた。 2014年10月には、水につけて使用する住宅用そうじシート「マジックリン ピカッと輝くシート」を発売した。 1970年代から80年代にかけて放映されたテレビCMでは、「 しつこい汚れにマジックリン」と宣伝されたことがある。 何度かロゴデザインが変更されており、2011年10月から「マジックリン」がリニューアルされるとともに、「ガラスマジックリン」・「バスマジックリン」もパッケージリニューアルされ、ロゴデザインが変更された。 2015年8月に「バスマジックリン」がボトルタイプを含めて全面刷新。 すすぎ性を向上するとともに、スプレータイプはの視点を取り入れた新型スプレーを採用。 同年10月には、「マジックリン(ボトルタイプを含む)」、「ガラスマジックリン」、「トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー(AROMAを含む)」もパッケージリニューアルし、スプレー製品は新型スプレーとなった(「バスマジックリン」以外のスプレー製品は中身の変更がないため、つめかえ用・つけかえ用は新旧互換対応しており、内容量の変更もない。 同時に「かんたんマイペット」もパッケージリニューアルに伴って新型スプレーとなった)。 2016年3月に「フローリングマジックリン つや出しスプレー」も全面刷新して新型スプレーとなった(つけかえ用は新旧互換対応しており、内容量の変更は無い)。 香料としてオレンジオイル配合。 弱アルカリ性。 、でも展開している。 2014年10月にパッケージデザインをリニューアルした(中身は従来通りのため、つめかえ用は旧デザインのボトルにも詰め替え可能)。 マジックリンハンディスプレー 緑色の液体のスプレー式住宅用強力洗剤(キッチン用)。。 スプレーは当初、泡・霧の切替式であったが、後の改良により広い泡・せまい泡の2段切替スプレーとなった。 現行製品には除菌効果もある。 マジックリン 緑色の液体の住宅用強力洗剤(キッチン用)。 アルカリ性。 グリコールA、ME配合。 現行製品には除菌効果もある。 かつては業務用サイズ(但し、除菌効果なし)もあった。 また、パイプ用洗浄剤や洗濯槽用クリーナーとしても使うことができる。 業務用はプロ専用処方で、防錆剤の配合により、アルカリ洗剤やに弱い製品も2時間以内(変色の恐れがあるため)のつけおきなら使用することができる。 2013年10月にこれまで3. 5kgボトルのみだった業務用に、1. 2kgパウチ(計量スプーン入り)を追加発売した。 2017年初夏にパッケージデザインを変更し、ブランドロゴが現行のものになった。 住居用洗剤 フローリングマジックリン つや出しスプレー スプレー式フロア用つや出し洗剤。 ワックス済みの床にも使用可能な中性タイプ。 2016年3月に香りを「さわやかなシトラスの香り」に変更してリニューアルした。 「液体ガラスマイペット」(業務用は「花王ガラスクリーナー」)から改名。 2013年11月のリニューアル時に本体は「たれにくい密着泡スプレー」を採用した。 業務用では、ボトル入りのつめかえ専用(4. 5L)に加え、エアゾール(強力タイプ)も設定されている。 住宅用そうじシート マジックリン ピカッと輝くシート 2014年10月発売。 キッチン・調理家電・浴室・洗面台・部屋の窓ガラスや窓回り・床など、普段の掃除では落としきれない汚れを除去するためのシート。 「かきとりファイバー」があるザラザラ面に水をつけて使用する。 ミシン目入り。 2018年3月にリニューアルされ、パッケージデザインが変更された。 マジックリン ピカッと輝くシート クレンジング成分in 2014年10月発売。 浴室・洗面台・キッチンといった水回りの水アカ汚れを除去するためのシート。 研磨剤と界面活性剤()を配合。 「かきとりファイバー」のあるザラザラ面に水をつけて使用し、使用後は十分にすすぎ流しする必要がある。 ミシン目入り。 2018年3月にリニューアルされ、パッケージデザインが変更された。 中性タイプ(発売当初は弱酸性)。 つめかえ用はない。 バスマジックリン泡立ちスプレー 黄色の液体のスプレー式浴室用洗剤。 中性タイプ。 「バスマジックリンハンディスプレー」の改良品で、2段切替(広い泡・せまい泡)式ハンディスプレーを採用。 発売当初の内容量は500mlであったが、1996年に容器形状が変わり、内容量も400mlとなった。 当初はつけかえ用・つめかえ用が無く、ボトルタイプの「バスマジックリン」がつめかえ用を兼ねていたが、環境問題に配慮してつめかえ用が設定された。 前述のとおり、2015年8月の全面刷新に伴って約19年ぶりに容器形状が変わり、内容量も変更して380mlとなった。 2018年夏にパッケージデザインが変更された。 スプレー式浴室用洗剤。 従来発売されていた「壁の防カビプラス」・「除菌消臭プラス」・「アロマ消臭プラス」の3種類が統合・集約され、除菌消臭・防カビ効果が付加された製品。 緑のスプレー容器の「グリーンハーブの香り」、ピンクのスプレー容器の「アロマローズの香り」、スカイブルーのスプレー容器の「香りが残らないタイプ」の3種類がある。 2020年3月には、通常サイズの約2. 4倍量(820ml)でキャップ付の「つめかえ用特大」が追加発売された。 「バスマジックリン SUPER CLEAN」の製品名で業務用も設定されている。 従来業務用にも設定されていた「除菌消臭プラス」の後継製品である関係上、「グリーンハーブの香り」のみの設定となる。 バスマジックリン デオクリア 2019年3月発売。 スプレー式浴室用洗剤。 「パワフル消臭技術」を採用し、消臭効果を重視した製品。 フレッシュシトラスの香り。 2020年3月には通常サイズの約2. 4倍量(820ml)でキャップ付の「つめかえ用特大」が追加発売された。 ミントの香り。 中性タイプ。 容器を逆さにしても噴射できる「逆さスプレー」を採用。 広い泡・せまい泡の2段切替式。 洗剤の為、空間の消臭には使用できない。 トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー ツヤツヤコートプラス 2017年8月発売。 「トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー」に超親水化ポリマーを配合し、防汚効果を付与したスプレータイプのトイレ用洗剤。 香りは「エレガントローズの香り」と「シトラスミントの香り」の2種類。 2019年10月にパッケージデザインを変更するリニューアルが行われた。 「トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー」に「尿臭ブロッカー」を配合したスプレータイプのトイレ用洗剤。 ハーブの香り。 スプレー容器は同年8月にリニューアルした「バスマジックリン 泡立ちスプレー」シリーズ同様、ユニバーサルデザインの視点に基づいた新型スプレーを採用している。 (なお、「消臭ストロング」シリーズは元々、「」と「」にラインナップされていたが、本品と「」にもラインナップされたことで、複数のブランドを横断するシリーズに発展している) 2018年10月に「尿臭ブロッカー」から「尿臭ブロッカーEX」に強化され、香りがフレッシュハーブに変更するリニューアルが行われた。 トイレマジックリン強力クレンザー 液状のトイレ用クレンザー。 2009年10月に従来の「トイレマジックリン」の研磨剤を増量し、改称(研磨剤の増量に伴い、品名もトイレ用洗剤からクレンザーに変更)。 中性タイプ。 2018年初夏にパッケージデザインが変更され、ブランドロゴが現行のものとなった。 トイレマジックリン流すだけで勝手にキレイ トイレ用手洗いつきタンク専用洗剤。 従来の「トイレマジックリン パワーリキッド」を処方改良。 2017年8月に「ライトブーケの香り」と「ローズせっけんの香り(2009年10月発売)」をパッケージリニューアルしてブランドロゴを現行のものに変更、「ローズせっけんの香り」は香調名を「エレガントローズの香り」に改名し、新香調の「シトラスミントの香り」を追加。 併せて、つけかえ用は2個パックのみの設定となった。 業務用製品 マジックリン除菌プラス 従来の業務用「マジックリン」に除菌成分が配合された製品。 微香性。 ホテルバスマジックリン 向け浴室用洗剤(無残香タイプ)。 2018年6月に黒カビ・ヌメリ予防効果が付加されリニューアルされた。 販売終了品• マジックリン(業務用) - 処方改良により「マジックリン除菌プラス」へ継承• マジックリンフォーム - はじめから泡で出るタイプ(ノンガスタイプ)。 振らずに、容器を逆さにし胴部を押して使う。 つけかえ用もあった。 この容器の機構は後に発売された洗顔料やヘアカラーにも応用されている。 キッチンマジックリンたわしシート - たわし構造のシートを採用。 「レンジクイックル」の後継製品。 2011年12月製造終了。 マジックリン ピカッと輝くシート 厚手パッド - 「マジックリン ピカッと輝くシート」の厚手仕様・大判サイズ。 物干し竿、手すり、ベランダの床、エアコンの室外機、窓ガラスなど、外まわりや広い場所用。 2020年2月製造終了。 強力酸性タイプトイレマジックリン - ポストを改名• バスマジックリンクリームクレンザー - バスホーミングを改名• バスマジックリン ハンディスプレー - 泡・霧の切替式。 つけかえ用はなく、ボトルタイプの「バスマジックリン」をつめかえ用として使用していた。 なお、発売当初は(クエン酸を配合していた為)弱酸性で、一時「まぜるな危険」の表示があったが、後に中性タイプとなり、「まぜるな危険」表示も消えた(現在も発売しているボトルタイプ「バスマジックリン」も同様)。 スプレー部の改良により「バスマジックリン泡立ちスプレー」へ継承。 バスマジックリン 泡立ちスプレー 消臭プラス - 「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」へ継承。 バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス - 「水きれ成分」が配合されたスプレー式浴室用洗剤。 2018年5月に製造終了。 「バスマジックリン泡立ちスプレー SUPER CLEAN 香りが残らないタイプ」が後継製品となる。 2018年5月に製造終了。 「バスマジックリン泡立ちスプレー SUPER CLEAN グリーンハーブの香り」が後継製品となる。 バスマジックリン 泡立ちスプレー アロマ消臭プラス - エッセンシャルローズの香りのスプレー式浴室用洗剤。 中性タイプ。 2018年5月に製造終了。 「バスマジックリン泡立ちスプレー SUPER CLEAN アロマローズの香り」が後継製品となる。 つけおきマジックリン - 「ワイドマジックリン」と機能統合• トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー AROMA - 「トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー」に天然アロマオイルを配合したスプレータイプのトイレ用洗剤。 「トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ツヤツヤコートプラス」の発売に伴い、2017年8月製造終了。 トイレマジックリン 流すだけで勝手にキレイ• グリーンハーブの香り - 2013年9月製造終了。 オレンジの香り - 2017年8月製造終了。 パワーマジックリン - 業務用、現在の「Kaoパワークリーナー」• グリドル用マジックリン - 業務用、現在の「Kaoグリドル用クリーナー」• フローリングマジックリン つや出しスプレー専用シート - 「クイックルワイパー」に取り付けて、つや出しスプレーと一緒に使うつや出し剤用シート。 「クイックルワイパー つや出し剤用シート」を改名。 製造終了。 海外での展開 [ ] 現在は、、、、、で展開しており、中国では「 魔朮灵」の名称でそれぞれ発売されている。 香港 香港では「 萬潔靈」の商品名で発売している。 ラインナップは日本でのキッチン用洗剤、浴室用洗剤を発売しているほか、日本では「ハイター」ブランドで発売している浴室用カビ取り剤・トイレ用洗剤・台所用漂白剤、日本では「クイックルワイパー」で発売している「マジックリンワイパー」(日本での「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート」も発売)、さらに、独自で床用の「フロアマジックリン」2種と食器用洗剤を発売しており、日本での「」に相当する「 萬潔靈清亮超濃縮洗潔精」も発売している。 2011年8月には「マジックリン」・「ガラスマジックリン」・「バスマジックリン」がリニューアルし、日本より一足早くロゴデザインが変更された(香港では日本と異なり、500ml入りでつけかえ方式。 「マジックリン」と「バスマジックリン」は香りがそれぞれ2種類ずつ用意されており、「マジックリン」はライムの香りと青りんごの香り、「バスマジックリン」はレモンの香りとラベンダーの香りが設定されている)。 2012年10月にはトイレ用洗剤がリニューアルされ、「トイレブリーチ(レギュラー、レモンの香り)」と防汚効果を付加した「デュアルパワートイレクリーナー(マリンの香り、森林の香り)」の2ライン体制となった。 2013年6月には、日本での「クイックルワイパー」の改良を受け、「マジックリンワイパー」をリニューアルした。 2015年4月には、台湾で発売されていた「パイプマジックリン」のスプレータイプが新たに発売された。 2015年9月には、日本での「キッチン泡ハイター」に相当する「マジックリンキッチン泡ブリーチ」が発売された。 台湾 台湾では「 魔術靈」の商品名で発売している。 香港とはラインナップに一部違いがあり、食器用洗剤が設定されていない、一部製品でつめかえ兼用のボトルタイプが設定されている(つけかえ用と3. 8Lは「マジックリン ライムの香り」と「バスマジックリン レモンの香り」のみ)、「フロアマジックリン」のラインナップの違い(以前は1種類のみだったが、現在は後述のローズの香りを含む4種類となり、1800ml入りのつめかえ用を新たに設定)、日本でも発売されている「トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー オレンジの香り」や浴室・トイレ兼用洗剤の設定、「マジックリンワイパー」に「ウエットシート」の設定がない点がある。 台湾でも「キッチンマジックリン 消臭プラス」と浴室用カビ取り剤を除くスプレータイプの全製品がリニューアルされている。 浴室用カビ取り剤は2012年8月にリニューアルされ、ブランドロゴも変更。 さらに、同年9月にはトイレ用洗剤を発売した。 2013年5月には、日本での「クイックルワイパー」の改良を受け、「マジックリンワイパー」をリニューアルし、これまで設定がなかった「ウエットシート(日本での「立体吸着ウエットシート」に相当)」を追加した。 2014年5月に「バスマジックリン」にローズの香り(日本での「バスマジックリン アロマ消臭プラス」に相当)を追加、同年8月にパイプ用洗浄剤の「パイプマジックリン」を発売(スプレーとジェルがあり、ジェルは日本での「パイプハイター 高粘度ジェル」に相当)。 同年9月には「フロアマジックリン」にローズの香りを追加した。 2015年4月に浴室用カビ取り剤をリニューアルし、従来からの500ml入りに加え、日本で発売されている「強力カビハイター」をベースにラベルを台湾仕様に変更(「まぜるな危険」表示が無く、注意内容や品目名を現地表記に変更)した400ml入りも新たに設定された。 同年9月には「フロアマジックリン」のスプレータイプ「 魔術靈地板噴易拖」を発売した。 2016年4月には、日本での「食卓クイックル スプレー ほのかな緑茶の香り」に相当する食卓用清潔スプレー「 魔術靈植物源潔淨液」を発売した。 タイ タイでは「マジックリン」・「バスマジックリン」のほかに、ボトル入りの「バスマジックリンパワー」と「フロアマジックリン」を展開している。 香りの種類が多いのも特徴で、「バスマジックリン」は3種類、「バスマジックリンパワー」は5種類、「フロアマジックリン」は6種類がラインナップされている。 2013年に入り、「フロアマジックリン」にパウチタイプのつめかえ用が設定されるようになり、「バスマジックリン」はつけかえ用からつめかえ用となった。 マレーシア マレーシアでは「マジックリン」・「バスマジックリン」・「ガラスマジックリン」のほか、トイレ用洗浄剤、「フロアマジックリン」5種、「マジックリンワイパー」を発売している。 「マジックリンワイパー」は香港と同じラインナップなっているほか、日本での「クイックルワイパー ハンディ」に相当する「マジックリンワイパー ハンディダスター」も発売している。 香港・台湾同様、2012年10月にトイレ用洗浄剤を改良した。 2015年5月には日本での「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」に相当する伸縮タイプのリビング用そうじ道具「Magiclean Wiper Handy Duster Extendable」を発売した。 シンガポール シンガポールではマレーシアでのラインナップに加え、台湾と同様に浴室・トイレ兼用洗剤、浴室用カビ取り剤も設定されており、日本での「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」に相当する「Magiclean Wiper Handy Duster Extendable」も発売されている。 日本での「クイックルワイパー」の改良を受け、2012年5月に「マジックリンワイパー」が改良。 同年8月に浴室用カビ取り剤、同年10月にトイレ用洗浄剤を順次改良した。 2013年に入り、「マジックリンワイパー ウエットシート」に「ハッピーローズ」を追加(日本での「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート エッセンシャルローズの香り」に相当)。 さらに、2014年6月には「リラックスジャスミン」を追加した(日本での「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート クラシックジャスミンの香り」に相当)。 2014年8月にスプレー製品5アイテムを改良した。 2015年3月に「マジックリンワイパー ウエットシート」に「リラクシングジャスミン」を追加(日本での「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート クラシックジャスミンの香り」に相当)。 その翌月には、日本での「 除菌EX」のレギュラーラインに相当する衣類・布用消臭剤「Magiclean Fabric Freshener」を発売した。 CM [ ] 歴代CM出演タレント (現在、「マジックリン」「バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス」) (2013年3月 - 現在、「バスマジックリン 泡立ちスプレー アロマ消臭プラス」) (2013年10月 - 現在、「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」「マジックリン ピカッと輝くシート」) (2014年9月 - 現在、トイレマジックリン消臭・洗浄スプレーAROMA」) 関連項目 [ ]• 競合商品 [ ]• () - このシリーズの対抗商品• パワーズ()• カビキラー()• () 外部リンク [ ]•

次の

バスマジックリンの人体への影響

バス マジック リン

商品概要・歴史 [ ] に日本で「マイペット」の次の新しいブランドとして台所用洗剤「マジックリン」を発売。 続くには、用洗剤「バスマジックリン」を発売。 またには、用洗剤「トイレマジックリン」を発売。 10月には「マイペット」ブランドで発売していたガラス用洗剤とフロア用つや出し洗剤、「クイックル」ブランドで発売されていたつや出し剤用シートを「マジックリン」ブランドに移行し、リニューアルされた。 台所用洗剤では、緑色の液体の「マジックリン」とに発売されたオレンジのボトルの「キッチンマジックリン消臭プラス」がある(かつてはフォームタイプや「レンジマジックリン」からブランド移行したシートタイプ「キッチンマジックリンたわしシート」も発売されていた)。 浴室用洗剤では、黄色い液体の「バスマジックリン」が発売されていたが、に浴室特有のこもった臭いもとる、黄緑色の液体の「バスマジックリン 泡立ちスプレー 消臭プラス」を、にはの防効果が加わった水色のボトル「バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス」を、にはエッセンシャルローズの香りのピンクのボトル「バスマジックリン 泡立ちスプレー アロマ消臭プラス」を順次発売し、タイプが異なる4種類をそろえている。 同じ年に「バスマジックリン 泡立ちスプレー 消臭プラス」が除菌力を高めて「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」となり、併せて、「バスマジックリン 泡立ちスプレー」の本体全種類は仕様変更を行い、従来型の「広い泡」比約2倍広がる「新広泡スプレー」を採用した。 (かつてはクレンザータイプも発売されていた。 2008年3月に抗菌成分を新たに配合し、名称もリニューアル)」があり、2009年10月にはこれまで液体のトイレ用洗剤として発売していた「トイレマジックリン」が研磨効果を高めてトイレ用として生まれ変わり「トイレマジックリン 強力クレンザー」に改称された。 かつては強力酸性タイプも発売されていた。 住居用洗剤はフロア用つや出し洗剤の「フローリングマジックリン つや出しスプレー」とガラス用洗剤の「ガラスマジックリン」がある。 かつては「クイックルワイパー」に取り付けて「フローリングマジックリン つや出しスプレー」と一緒に使うつや出し剤用シート「フローリングマジックリン つや出しスプレー専用シート」が発売されていた。 2014年10月には、水につけて使用する住宅用そうじシート「マジックリン ピカッと輝くシート」を発売した。 1970年代から80年代にかけて放映されたテレビCMでは、「 しつこい汚れにマジックリン」と宣伝されたことがある。 何度かロゴデザインが変更されており、2011年10月から「マジックリン」がリニューアルされるとともに、「ガラスマジックリン」・「バスマジックリン」もパッケージリニューアルされ、ロゴデザインが変更された。 2015年8月に「バスマジックリン」がボトルタイプを含めて全面刷新。 すすぎ性を向上するとともに、スプレータイプはの視点を取り入れた新型スプレーを採用。 同年10月には、「マジックリン(ボトルタイプを含む)」、「ガラスマジックリン」、「トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー(AROMAを含む)」もパッケージリニューアルし、スプレー製品は新型スプレーとなった(「バスマジックリン」以外のスプレー製品は中身の変更がないため、つめかえ用・つけかえ用は新旧互換対応しており、内容量の変更もない。 同時に「かんたんマイペット」もパッケージリニューアルに伴って新型スプレーとなった)。 2016年3月に「フローリングマジックリン つや出しスプレー」も全面刷新して新型スプレーとなった(つけかえ用は新旧互換対応しており、内容量の変更は無い)。 香料としてオレンジオイル配合。 弱アルカリ性。 、でも展開している。 2014年10月にパッケージデザインをリニューアルした(中身は従来通りのため、つめかえ用は旧デザインのボトルにも詰め替え可能)。 マジックリンハンディスプレー 緑色の液体のスプレー式住宅用強力洗剤(キッチン用)。。 スプレーは当初、泡・霧の切替式であったが、後の改良により広い泡・せまい泡の2段切替スプレーとなった。 現行製品には除菌効果もある。 マジックリン 緑色の液体の住宅用強力洗剤(キッチン用)。 アルカリ性。 グリコールA、ME配合。 現行製品には除菌効果もある。 かつては業務用サイズ(但し、除菌効果なし)もあった。 また、パイプ用洗浄剤や洗濯槽用クリーナーとしても使うことができる。 業務用はプロ専用処方で、防錆剤の配合により、アルカリ洗剤やに弱い製品も2時間以内(変色の恐れがあるため)のつけおきなら使用することができる。 2013年10月にこれまで3. 5kgボトルのみだった業務用に、1. 2kgパウチ(計量スプーン入り)を追加発売した。 2017年初夏にパッケージデザインを変更し、ブランドロゴが現行のものになった。 住居用洗剤 フローリングマジックリン つや出しスプレー スプレー式フロア用つや出し洗剤。 ワックス済みの床にも使用可能な中性タイプ。 2016年3月に香りを「さわやかなシトラスの香り」に変更してリニューアルした。 「液体ガラスマイペット」(業務用は「花王ガラスクリーナー」)から改名。 2013年11月のリニューアル時に本体は「たれにくい密着泡スプレー」を採用した。 業務用では、ボトル入りのつめかえ専用(4. 5L)に加え、エアゾール(強力タイプ)も設定されている。 住宅用そうじシート マジックリン ピカッと輝くシート 2014年10月発売。 キッチン・調理家電・浴室・洗面台・部屋の窓ガラスや窓回り・床など、普段の掃除では落としきれない汚れを除去するためのシート。 「かきとりファイバー」があるザラザラ面に水をつけて使用する。 ミシン目入り。 2018年3月にリニューアルされ、パッケージデザインが変更された。 マジックリン ピカッと輝くシート クレンジング成分in 2014年10月発売。 浴室・洗面台・キッチンといった水回りの水アカ汚れを除去するためのシート。 研磨剤と界面活性剤()を配合。 「かきとりファイバー」のあるザラザラ面に水をつけて使用し、使用後は十分にすすぎ流しする必要がある。 ミシン目入り。 2018年3月にリニューアルされ、パッケージデザインが変更された。 中性タイプ(発売当初は弱酸性)。 つめかえ用はない。 バスマジックリン泡立ちスプレー 黄色の液体のスプレー式浴室用洗剤。 中性タイプ。 「バスマジックリンハンディスプレー」の改良品で、2段切替(広い泡・せまい泡)式ハンディスプレーを採用。 発売当初の内容量は500mlであったが、1996年に容器形状が変わり、内容量も400mlとなった。 当初はつけかえ用・つめかえ用が無く、ボトルタイプの「バスマジックリン」がつめかえ用を兼ねていたが、環境問題に配慮してつめかえ用が設定された。 前述のとおり、2015年8月の全面刷新に伴って約19年ぶりに容器形状が変わり、内容量も変更して380mlとなった。 2018年夏にパッケージデザインが変更された。 スプレー式浴室用洗剤。 従来発売されていた「壁の防カビプラス」・「除菌消臭プラス」・「アロマ消臭プラス」の3種類が統合・集約され、除菌消臭・防カビ効果が付加された製品。 緑のスプレー容器の「グリーンハーブの香り」、ピンクのスプレー容器の「アロマローズの香り」、スカイブルーのスプレー容器の「香りが残らないタイプ」の3種類がある。 2020年3月には、通常サイズの約2. 4倍量(820ml)でキャップ付の「つめかえ用特大」が追加発売された。 「バスマジックリン SUPER CLEAN」の製品名で業務用も設定されている。 従来業務用にも設定されていた「除菌消臭プラス」の後継製品である関係上、「グリーンハーブの香り」のみの設定となる。 バスマジックリン デオクリア 2019年3月発売。 スプレー式浴室用洗剤。 「パワフル消臭技術」を採用し、消臭効果を重視した製品。 フレッシュシトラスの香り。 2020年3月には通常サイズの約2. 4倍量(820ml)でキャップ付の「つめかえ用特大」が追加発売された。 ミントの香り。 中性タイプ。 容器を逆さにしても噴射できる「逆さスプレー」を採用。 広い泡・せまい泡の2段切替式。 洗剤の為、空間の消臭には使用できない。 トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー ツヤツヤコートプラス 2017年8月発売。 「トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー」に超親水化ポリマーを配合し、防汚効果を付与したスプレータイプのトイレ用洗剤。 香りは「エレガントローズの香り」と「シトラスミントの香り」の2種類。 2019年10月にパッケージデザインを変更するリニューアルが行われた。 「トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー」に「尿臭ブロッカー」を配合したスプレータイプのトイレ用洗剤。 ハーブの香り。 スプレー容器は同年8月にリニューアルした「バスマジックリン 泡立ちスプレー」シリーズ同様、ユニバーサルデザインの視点に基づいた新型スプレーを採用している。 (なお、「消臭ストロング」シリーズは元々、「」と「」にラインナップされていたが、本品と「」にもラインナップされたことで、複数のブランドを横断するシリーズに発展している) 2018年10月に「尿臭ブロッカー」から「尿臭ブロッカーEX」に強化され、香りがフレッシュハーブに変更するリニューアルが行われた。 トイレマジックリン強力クレンザー 液状のトイレ用クレンザー。 2009年10月に従来の「トイレマジックリン」の研磨剤を増量し、改称(研磨剤の増量に伴い、品名もトイレ用洗剤からクレンザーに変更)。 中性タイプ。 2018年初夏にパッケージデザインが変更され、ブランドロゴが現行のものとなった。 トイレマジックリン流すだけで勝手にキレイ トイレ用手洗いつきタンク専用洗剤。 従来の「トイレマジックリン パワーリキッド」を処方改良。 2017年8月に「ライトブーケの香り」と「ローズせっけんの香り(2009年10月発売)」をパッケージリニューアルしてブランドロゴを現行のものに変更、「ローズせっけんの香り」は香調名を「エレガントローズの香り」に改名し、新香調の「シトラスミントの香り」を追加。 併せて、つけかえ用は2個パックのみの設定となった。 業務用製品 マジックリン除菌プラス 従来の業務用「マジックリン」に除菌成分が配合された製品。 微香性。 ホテルバスマジックリン 向け浴室用洗剤(無残香タイプ)。 2018年6月に黒カビ・ヌメリ予防効果が付加されリニューアルされた。 販売終了品• マジックリン(業務用) - 処方改良により「マジックリン除菌プラス」へ継承• マジックリンフォーム - はじめから泡で出るタイプ(ノンガスタイプ)。 振らずに、容器を逆さにし胴部を押して使う。 つけかえ用もあった。 この容器の機構は後に発売された洗顔料やヘアカラーにも応用されている。 キッチンマジックリンたわしシート - たわし構造のシートを採用。 「レンジクイックル」の後継製品。 2011年12月製造終了。 マジックリン ピカッと輝くシート 厚手パッド - 「マジックリン ピカッと輝くシート」の厚手仕様・大判サイズ。 物干し竿、手すり、ベランダの床、エアコンの室外機、窓ガラスなど、外まわりや広い場所用。 2020年2月製造終了。 強力酸性タイプトイレマジックリン - ポストを改名• バスマジックリンクリームクレンザー - バスホーミングを改名• バスマジックリン ハンディスプレー - 泡・霧の切替式。 つけかえ用はなく、ボトルタイプの「バスマジックリン」をつめかえ用として使用していた。 なお、発売当初は(クエン酸を配合していた為)弱酸性で、一時「まぜるな危険」の表示があったが、後に中性タイプとなり、「まぜるな危険」表示も消えた(現在も発売しているボトルタイプ「バスマジックリン」も同様)。 スプレー部の改良により「バスマジックリン泡立ちスプレー」へ継承。 バスマジックリン 泡立ちスプレー 消臭プラス - 「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」へ継承。 バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス - 「水きれ成分」が配合されたスプレー式浴室用洗剤。 2018年5月に製造終了。 「バスマジックリン泡立ちスプレー SUPER CLEAN 香りが残らないタイプ」が後継製品となる。 2018年5月に製造終了。 「バスマジックリン泡立ちスプレー SUPER CLEAN グリーンハーブの香り」が後継製品となる。 バスマジックリン 泡立ちスプレー アロマ消臭プラス - エッセンシャルローズの香りのスプレー式浴室用洗剤。 中性タイプ。 2018年5月に製造終了。 「バスマジックリン泡立ちスプレー SUPER CLEAN アロマローズの香り」が後継製品となる。 つけおきマジックリン - 「ワイドマジックリン」と機能統合• トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー AROMA - 「トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー」に天然アロマオイルを配合したスプレータイプのトイレ用洗剤。 「トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ツヤツヤコートプラス」の発売に伴い、2017年8月製造終了。 トイレマジックリン 流すだけで勝手にキレイ• グリーンハーブの香り - 2013年9月製造終了。 オレンジの香り - 2017年8月製造終了。 パワーマジックリン - 業務用、現在の「Kaoパワークリーナー」• グリドル用マジックリン - 業務用、現在の「Kaoグリドル用クリーナー」• フローリングマジックリン つや出しスプレー専用シート - 「クイックルワイパー」に取り付けて、つや出しスプレーと一緒に使うつや出し剤用シート。 「クイックルワイパー つや出し剤用シート」を改名。 製造終了。 海外での展開 [ ] 現在は、、、、、で展開しており、中国では「 魔朮灵」の名称でそれぞれ発売されている。 香港 香港では「 萬潔靈」の商品名で発売している。 ラインナップは日本でのキッチン用洗剤、浴室用洗剤を発売しているほか、日本では「ハイター」ブランドで発売している浴室用カビ取り剤・トイレ用洗剤・台所用漂白剤、日本では「クイックルワイパー」で発売している「マジックリンワイパー」(日本での「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート」も発売)、さらに、独自で床用の「フロアマジックリン」2種と食器用洗剤を発売しており、日本での「」に相当する「 萬潔靈清亮超濃縮洗潔精」も発売している。 2011年8月には「マジックリン」・「ガラスマジックリン」・「バスマジックリン」がリニューアルし、日本より一足早くロゴデザインが変更された(香港では日本と異なり、500ml入りでつけかえ方式。 「マジックリン」と「バスマジックリン」は香りがそれぞれ2種類ずつ用意されており、「マジックリン」はライムの香りと青りんごの香り、「バスマジックリン」はレモンの香りとラベンダーの香りが設定されている)。 2012年10月にはトイレ用洗剤がリニューアルされ、「トイレブリーチ(レギュラー、レモンの香り)」と防汚効果を付加した「デュアルパワートイレクリーナー(マリンの香り、森林の香り)」の2ライン体制となった。 2013年6月には、日本での「クイックルワイパー」の改良を受け、「マジックリンワイパー」をリニューアルした。 2015年4月には、台湾で発売されていた「パイプマジックリン」のスプレータイプが新たに発売された。 2015年9月には、日本での「キッチン泡ハイター」に相当する「マジックリンキッチン泡ブリーチ」が発売された。 台湾 台湾では「 魔術靈」の商品名で発売している。 香港とはラインナップに一部違いがあり、食器用洗剤が設定されていない、一部製品でつめかえ兼用のボトルタイプが設定されている(つけかえ用と3. 8Lは「マジックリン ライムの香り」と「バスマジックリン レモンの香り」のみ)、「フロアマジックリン」のラインナップの違い(以前は1種類のみだったが、現在は後述のローズの香りを含む4種類となり、1800ml入りのつめかえ用を新たに設定)、日本でも発売されている「トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー オレンジの香り」や浴室・トイレ兼用洗剤の設定、「マジックリンワイパー」に「ウエットシート」の設定がない点がある。 台湾でも「キッチンマジックリン 消臭プラス」と浴室用カビ取り剤を除くスプレータイプの全製品がリニューアルされている。 浴室用カビ取り剤は2012年8月にリニューアルされ、ブランドロゴも変更。 さらに、同年9月にはトイレ用洗剤を発売した。 2013年5月には、日本での「クイックルワイパー」の改良を受け、「マジックリンワイパー」をリニューアルし、これまで設定がなかった「ウエットシート(日本での「立体吸着ウエットシート」に相当)」を追加した。 2014年5月に「バスマジックリン」にローズの香り(日本での「バスマジックリン アロマ消臭プラス」に相当)を追加、同年8月にパイプ用洗浄剤の「パイプマジックリン」を発売(スプレーとジェルがあり、ジェルは日本での「パイプハイター 高粘度ジェル」に相当)。 同年9月には「フロアマジックリン」にローズの香りを追加した。 2015年4月に浴室用カビ取り剤をリニューアルし、従来からの500ml入りに加え、日本で発売されている「強力カビハイター」をベースにラベルを台湾仕様に変更(「まぜるな危険」表示が無く、注意内容や品目名を現地表記に変更)した400ml入りも新たに設定された。 同年9月には「フロアマジックリン」のスプレータイプ「 魔術靈地板噴易拖」を発売した。 2016年4月には、日本での「食卓クイックル スプレー ほのかな緑茶の香り」に相当する食卓用清潔スプレー「 魔術靈植物源潔淨液」を発売した。 タイ タイでは「マジックリン」・「バスマジックリン」のほかに、ボトル入りの「バスマジックリンパワー」と「フロアマジックリン」を展開している。 香りの種類が多いのも特徴で、「バスマジックリン」は3種類、「バスマジックリンパワー」は5種類、「フロアマジックリン」は6種類がラインナップされている。 2013年に入り、「フロアマジックリン」にパウチタイプのつめかえ用が設定されるようになり、「バスマジックリン」はつけかえ用からつめかえ用となった。 マレーシア マレーシアでは「マジックリン」・「バスマジックリン」・「ガラスマジックリン」のほか、トイレ用洗浄剤、「フロアマジックリン」5種、「マジックリンワイパー」を発売している。 「マジックリンワイパー」は香港と同じラインナップなっているほか、日本での「クイックルワイパー ハンディ」に相当する「マジックリンワイパー ハンディダスター」も発売している。 香港・台湾同様、2012年10月にトイレ用洗浄剤を改良した。 2015年5月には日本での「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」に相当する伸縮タイプのリビング用そうじ道具「Magiclean Wiper Handy Duster Extendable」を発売した。 シンガポール シンガポールではマレーシアでのラインナップに加え、台湾と同様に浴室・トイレ兼用洗剤、浴室用カビ取り剤も設定されており、日本での「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」に相当する「Magiclean Wiper Handy Duster Extendable」も発売されている。 日本での「クイックルワイパー」の改良を受け、2012年5月に「マジックリンワイパー」が改良。 同年8月に浴室用カビ取り剤、同年10月にトイレ用洗浄剤を順次改良した。 2013年に入り、「マジックリンワイパー ウエットシート」に「ハッピーローズ」を追加(日本での「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート エッセンシャルローズの香り」に相当)。 さらに、2014年6月には「リラックスジャスミン」を追加した(日本での「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート クラシックジャスミンの香り」に相当)。 2014年8月にスプレー製品5アイテムを改良した。 2015年3月に「マジックリンワイパー ウエットシート」に「リラクシングジャスミン」を追加(日本での「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート クラシックジャスミンの香り」に相当)。 その翌月には、日本での「 除菌EX」のレギュラーラインに相当する衣類・布用消臭剤「Magiclean Fabric Freshener」を発売した。 CM [ ] 歴代CM出演タレント (現在、「マジックリン」「バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス」) (2013年3月 - 現在、「バスマジックリン 泡立ちスプレー アロマ消臭プラス」) (2013年10月 - 現在、「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」「マジックリン ピカッと輝くシート」) (2014年9月 - 現在、トイレマジックリン消臭・洗浄スプレーAROMA」) 関連項目 [ ]• 競合商品 [ ]• () - このシリーズの対抗商品• パワーズ()• カビキラー()• () 外部リンク [ ]•

次の