全 車速 追従 機能 付 クルーズ コントロール。 長距離の快適性は? インプレッサのアイサイトで一気に2000kmを走ってみた

車のACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)機能の比較

全 車速 追従 機能 付 クルーズ コントロール

もくじ(クリック・タップで移動できます)• まずはおさらい!「クルーズ・コントロール CC 」とは? 知っている方も知らない方もまずはおさらいです。 「クルーズ・コントロール CC 」について簡単に紹介します。 クルーズ・コントロールは、車の走行速度を一定に保つことが目的で搭載された機能です。 アクセルを踏まなくても同じ速度で走ってくれるので、長距離ドライブが相当楽になります。 クルーズ・コントロールの設定は、ステアリング ハンドル の周辺にあるボタンやスイッチで調整します。 車種によって違いますが、5〜10km毎に速度を変更することができ、最高速度は120km前後まで設定できるのが一般的です。 トヨタやレクサスといった国産高級車をはじめ、ドイツのBMWやメルセデス・ベンツなどにも幅広く搭載されています。 「アダプティブクルーズ・コントロール ACC 」は「クルーズ・コントロール CC 」の進化版! 「アダプティブクルーズ・コントロール ACC 」は、上記で紹介した「クルーズ・コントロール」の進化版になります。 速度を維持して走るまではクルーズ・コントロールと同じですが、違うのはここから。 クルーズ・コントロールは、前に車があろうが無かろうが、設定した速度のまま突っ走ります。 先が崖や急カーブであっても、クルーズ・コントロールをオンにしたままだと車は止まりません。 一方、アダプティブクルーズ・コントロールでは、センサーで前方を走る車や障害物を認識して、自動でブレーキをかけ車間距離を調整します。 これが、クルーズコントロールとアダプティブクルーズ・コントロールの大きな違いです。 高速道路や渋滞でノロノロ運転の時にブレーキ操作が減る・クルーズコントロールよりも安全性が高いのがポイントです。 日本の主要自動車メーカーのACC機能の違い ところで、日本の自動車メーカーによってACC機能や名称が若干異なります。 それぞれ特徴と違いをまとめてみました。 トヨタのACC機能「レーダークルーズコントロール」 トヨタのACC機能は「レーダークルーズコントロール」という名称のものがあります。 基本的な機能は、前の車を自動追尾するものになります。 名前のとおり、レーダーを使い前を走る車との距離を計測し車間距離を保ちます。 プリウス、クラウン、アルファード、ヴェルファイアをはじめトヨタを代表する車種に対応しています。 日産のACC機能「インテリジェントクルーズコントロール」 日産のACC機能は「インテリジェントクルーズコントロール」という名称のものがあります。 違うポイントは、前の車が停車した時に自動で追尾を開始しないことです。 再びボタンを押すか、アクセルペダルを踏む必要があります。 対応車種は、エクストレイル、セレナ、ノート、エルグランドなどが挙げられます。 ホンダのACC機能「ホンダセンシング」 ホンダのACC機能は「ホンダセンシング」という名称のものがあります。 基本的な機能は、トヨタと同じです。 対応車種は、レジェンド、アコードなどのセダン系、オデッセイ、フリード、フィット、シビックなどに対応しています。 ホンダの公式HPの説明がアニメーションでわかりやすかったので、イマイチACCについて分からない方は下記をチェックしてみてください。 【公式】 スバルのACC機能「全車速追従機能付クルーズコントロール」 スバルのACC機能は「全車速追従機能付クルーズコントロール」という名称のものがあります。 スバルには「アイサイト」とよばれる運転サポート機能があるのですが、このパッケージ内にACC機能が含まれています。 マツダのACC機能「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」 マツダのACC機能は「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」という名称のものがあります。 こちらもトヨタ同様、レーダーを使って前を走る車との距離を計測し、車間距離を調整しています。 アクセラ、アテンザ、CX-5、CX-3などに搭載されています。 ACC機能は便利だけど運転は自己責任! ここまで、ACC機能について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。 日産や欧州の高級外車は、ACCのさらに上である「自動運転」の実現にも力を入れていますが、いずれにしても言えることは、あくまで運転をサポートするための機能だということです。 便利な機能に間違いありませんが、まだまだ過信出来ないのも正直なところで、カーブや高速道路のインターチェンジ、急すぎる割り込み、飛び出しなど、道路状況によって動作が完璧でない場合もありますし、各メーカーHPにも記載があります。 運転は自己責任になりますので、機能を過信せず、安全運転を心がけましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回は、ACC アダプティブ・クルーズ・コントロール について紹介してみました。 基本的な機能は同じですが、各メーカーによって、持ち味やクセが異なります。 気になっている車種があって、ACCが搭載されているようであれば、ぜひ一度試乗してみてはいかがでしょうか。 今後のACC・自動運転の実現が楽しみですね! では.

次の

アダプティブクルーズコントロールとは?搭載車種で徹底比較!

全 車速 追従 機能 付 クルーズ コントロール

Lexus CoDrive *1 レーダークルーズコントロール 全車速追従機能付 ・ レーントレーシングアシスト[LTA *2]・レーンチェンジアシスト[LCA *3] Lexus CoDriveは、ドライバーの運転意図と調和した操舵支援や、レーンチェンジの運転支援を可能とする機能により、カーブが多い高速道路や渋滞時でも途切れのない運転支援を実現します。 Lexus CoDriveは高速道路や自動車専用道路での使用を前提として設計しています。 また、車線内自動走行を実現したものではありません。 本機能を過信せず必ずドライバーご自身で運転操作を行ってください。 詳しくはレクサス販売店におたずねください。 さらに、高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援します。 手を放すと、ステアリングホイールのリング部に搭載されたセンサー等で検知して警告を行います。 ただし、センサーが手放しを検知できない場合があります。 LS は「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」です。 セーフティ・サポートカーS<ワイド> サポカーS<ワイド> は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。 自動 被害軽減 ブレーキ [対歩行者・対車両]、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトなどの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。 また、各機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。 詳しくは、取扱説明書をご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。 機能を過信せず、安全運転を心がけてください。 今後の自動運転につながる高度運転支援技術。 過度な高速走行をしている時には各機能が正しく作動しないおそれがあります。 LTA: Lane Tracing Assist *3. LCA: Lane Change Assist *4. 車間距離制御には状況により限界があります。 装置を過信せず、安全運転をお願いします。 Lexus Safety System +のレーダークルーズコントロール 全車速追従機能付 には、カーブ速度抑制機能は含まれません。 公道を走行するときは、法定速度または制限速度を遵守してください。 絶対におやめください。 先行車がふらついた時は、自車もふらついて走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。

次の

ACC(アダプティブクルーズコントロール)を搭載する車種一覧

全 車速 追従 機能 付 クルーズ コントロール

コンテンツ• ACC (アダプティブクルーズコントロール)車ではどういう意味? 最近、車の機能で「ACC」という言葉を耳 目)にすることがあるんではないでしょうか? 今、自動車業界では自動運転技術の向上で各社がしのぎを削っています。 その自動運転技術において最も基本となる機能のひとつがACCなのです。 「ACC」とはアダプティブクルーズコントロールの略で、クルーズコントロールの一種です。 ただのクルーズコントロールの場合、任意の速度でセットすれば、車はその速度を維持して走ってくれます。 しかし先行車が減速したり停止しても、設定速度のまま突っ込んでしまうのでドライバーは常に先行車との車間距離に注意を払い続ける必要があります。 このため街中や郊外の道路を含めた一般道はもちろん、高速道路においても車間距離を十分にとれないシーンでは使いにくいものでした。 信号の数が多いことや渋滞など頻繁に加減速を強いられる日本の環境では、ただのクルーズコントロールは役不足なのです。 その問題点を解決してくれるのが 「ACC」(アダプティブクルーズコントロール)です。 「ACC」ではシステムが車間距離を一定に保って定速走行してくれます。 車間距離を一定に保つということは、先行車が減速すればこちらも減速し、先行車が加速すればこちらも設定速度まで加速します。 このように先行車に車間距離を自動で調整してくれますので、ドライバーはアクセルやブレーキ操作から解放されるのはうれしいですね。 一定の条件をクリアしていれば高速道路や自動車専用道では、アクセル操作を「ACC」任せで運転できるためドライバーにとってぜひとも欲しい機能です。 2017年秋に販売台数No1を記録したホンダのN-BOXには、ホンダセンシングが搭載されており多くのユーザーが「ACC]を体験することになりました。 今後急速に「ACC」は認知されいくことでしょう。 ただし「ACC」は設定された車間距離を保つために自動で車が減速してくれますが、 自動ブレーキとは別物だということを認識する必要があります。 スポンサードリンク ACC(アダプティブクルーズコントロール)は2つの項目を設定する 「ACC」は目標速度(巡行したい速度)と車間距離の2つを設定します。 これらの設定はステアリングに設けられたボタンや、専用レバーでおこないます。 車間距離は少ないもので3段階、多いものだと7段階まで設定できるようになっています。 走行している状況や速度によって適切な車間距離を設定します。 余裕を持った車間距離をとることが理想ですが、距離を開けすぎると間に割り込まれることがありますので、実際に色々試しながら自分にあった車間距離を調整していけばいいでしょう。 スポンサードリンク ACC(アダプティブクルーズコントロール)は全車速対応が理想 「ACC」が動作する対応速度には、 完全停止をサポートするものと一定速度以下は制御が解除されてしまうものと2種類があります。 前者が全車速対応に対して、後者は動作下限速度が30~40kmとなっています。 全車速対応ACCならば、先行車に合わせて停止までしてくれますが、そうでない場合は動作下限速度を下回った時点から「ACC」が解除されるためドライバーがブレーキ操作して減速、停止を行う必要があります。 これは車を運転するうえで当たりまえの操作ではありますが、やはり一度完全停止までしてくれる車を体験してしまうと非常にわずらわしさを感じてしまいます。 そういう観点で、全車速対応ACCが理想といえます。 ホンダではこの速度域をカバーする全車速対応ACCを「渋滞追従機能付き」と区別しています。 2017年秋に販売台数No1を記録したホンダのN-BOXから、軽自動車にもホンダセンシングが搭載されましたが、さらにN-WGNでは渋滞追従機能付きACCに進化しています。 また、2019年にモデルチェンジをおこなった三菱のekワゴン/ekクロスおよび日産デイズは 軽自動車で初めて全車速対応クルーズコントロールを設定しています。 nissan. html 軽自動車でも普及が始まり今後「ACC」は一気に認知されていくでしょうね! ちなみに全車速対応ACCの車で、ブレーキを踏んで停止中の状態でACCをセットできるものがあります。 BMWとかボルボの一部の車種で確認済ですが、電動パーキングブレーキがなくてもACCをセットすると 停止状態が保持されたままになり信号待ちの間ブレーキを踏み続けなくてもいいのでブレーキホールド機能のかわりになったりします(笑) 邪道な使い方なのでおすすめはしませんが…. スポンサードリンク ACC(アダプティブクルーズコントロール)の装着車一覧 国産車編 ここでは国産車で「ACC」を搭載している車種を一覧でまとめてみました。 「ACC」が標準装備の対象グレードやオプションとして選択が必要になります。 今後も随時更新していく予定です。 またセットオプションに含まれている場合は割高になってしまうのが頭の痛いところです。 メルセデスベンツは、かたくなにACC機能をオプション設定としています。 中古車の場合、装備品にACC(アダプティブクルーズコントロール)があるかチェックする必要があるのですが、 普通のクルーズコントロールかアダプティブクルーズコントロールかが明記されていないことがあり注意が必要です。 中古車検索サイトのgoo-netだとアダプティブクルーズコントロールを検索条件に指定できるのでおススメです。 goo-net. com ACC(アダプティブクルーズコントロール)が装備されているか実車で確認するときは、車間距離を設定するボタンを探してみましょう。 マツダデミオのボタンパネルです。 新型3シリーズ以前のBMWだとステアリングの左スチッチパネルで左右2列が目印です。 BMWの2シリーズ(2ドアを除く)は、全グレードにカメラが標準搭載されているため対応スイッチパネルの交換とコーディングによって普通のクルーズコントロールからアダプティブクルーズコントロールへ変更できる裏技もあるようです。 (チャレンジは自己責任ですよ) ただ、カメラのみで実現するACCはミリ波レーダーに比べて精度が甘いようですね。 ACC(アダプティブクルーズコントロール)を搭載する車種一覧 まとめ すっかりメジャーなACC(アダプティブクルーズコントロール)ですが、完全停止をサポートしてくれる車種も徐々に増えてきましたね。 ただ、日産で売れ筋モデルのセレナ、エクストレイル、リーフにACCを付けようとすると10万円以上するプロパイロットを選択しなければならないケースもあります。 カメラやセンサの量産効果でコストも下がってきており、トヨタも2018年から「Toyota Safety Sense C」のレーザーセンサーをミリ波レーダーに切り替え始めました。 今後コンパクトカーや軽自動車にも普及していくことでしょう。 とにかくこれから車を購入しようとする人はこの機能は必ずチェックしておきましょうね。 ホントに長距離ドライブが苦にならなくなりますよ! 人気の記事• コンパクトSUVの新型モデルとしてトヨタからライズが2019年11月に登場しました。 トヨタのSUVが欲... 今度の新型ヤリスの走りは今までのヴィッツとは別格の出来で私も含めて多くの人から高い評価を受けています。 2020年2月にデビューした新型ヤリスのクロスオーバーとしてヤリスクロスが発表されました。 こうなると5ナン... ライズに続いてコンパクトSUVのヤリスクロスがこの夏に発売されます。 このヤリスクロスは手ごろなサイズで取り... 好調の新型カローラシリーズですが、セダンやハッチバックを抑えて約8割はカローラツーリングが選ばれています。

次の